オプション取引活用術

FXの取引時間 取引が活発な時間帯

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
ニューヨーク時間中の押し目買い

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

※取引量の多い時間帯ほど為替変動が起こりやすい

値動きの要因を単純に考えてみると、
ある通貨を「買いたい」という人もいれば「売りたい」という人もいます。
この需要と供給のバランスからレートが動いていきます。

ある時間帯では、ドルを買いたいという人が10人、売りたい人は9人いたとします。

今度は違う時間帯に、買いたい人が10万人、売りたい人が9万人いたとします。
前者、後者の人数の比率は同じですが、レートの変動は取引量に関連するので、取引する人が多くなれば必然的に取引量も増えていきます。つまり、取引したい人が最も集まる時間帯ほどレートの変動が起こりやすいということです。


※取引量の多い時間帯

通貨の売買は、日本国内だけで取引が行われているのではなく、世界中で行われているものなので、日本国内だけの取引量ではなく、世界中で最も取引量の多い時間帯を考えなくてはなりません。

次に市場についてですが、市場の大きいところほど取引量は多くなります。
世界3大市場といわれているのは、取引量の多い順に、ロンドン市場・ニューヨーク市場・東京市場です。

各国には、それぞれ時差があるので、この3大市場が全て開いている時間帯というのはないのですが、「ロンドン市場と東京市場」「ロンドン市場とニューヨーク市場」とそれぞれ重なっている時間帯があります。

まず、ロンドン市場と東京市場の重なっている時間帯ですが、日本時間でいうと夕方にあたり、この時間帯は日本以外にも香港やシンガポールの市場もまだ残っているので取引は盛んに行われます。日本時間でいうと、午後3時くらい~です。 FXの取引時間 取引が活発な時間帯

次に、ロンドン市場とニューヨーク市場の重なっている時間帯ですが、こちらの時間帯は1日の中で最も盛んに取引が行われている時間帯です。
日本時間でいうと、午後9時~午前2時にあたります。
取引量が多いので値動きの変動も激しいと言われている時間帯です。
また、この時間帯は、米国の経済指標の発表がされることも多く、為替を動かす要因のひとつになります。


※取引量の少ない時間帯

取引量の最も少ない時間帯は、日本時間の早朝です。
世界3大市場の、ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場は開いていませんし、この時間帯に開いている市場はオセアニア勢の市場です。

オセアニアの市場というと、オーストラリアのシドニー市場やニュージーランドのウェリントン市場がありますが、世界3大市場と比べると規模も小さいですし、他国の市場がまだ開いてないため、取引量も少く為替変動は起こりにくい時間帯です。

ただし、あくまでこれらは一般的にいわれていることであり、必ずしもそれら時間帯になれば良く動くまたは全く動かないというわけでもありません。
確かにその傾向は間違いなく事実ですが、ボラティリティと流動性は異なるということを、収益化しやすいかどうかは全く別物であるということを頭に入れておかねばなりません。

FXでスキャルピングで狙うべき時間と時間帯ごとの癖

順張りFXスキャルピングが狙いやすい時間帯

時間ごとの主な為替市場

※ロンドン時間とNY時間は冬時間(11月〜3月)の期間はそれぞれ1時間プラス

その中でも 順張りで狙いやすいのが「ロンドン時間」と「NY時間」が始まった直後2時間です。

また その場合のトレンドは、利益を出しているFXトレーダーの利益確定ポイントや目立つ高値圏や安値圏まで継続することも多いので、決済のタイミングも読みやすくなる傾向に あります。

東京時間はトレンドが弱い時間帯

スキャルピングFX博士_困った

<3大市場のボラティリティ比較の例>

3大市場の時間ごとのボラティリティ例

下記はある一日のユーロドルの参考チャートです。

東京時間でじっくりと時間を掛けて動いた値幅をロンドン時間になったと同時に一瞬で値を戻す、といった相場にもよく遭遇します。

510(ゴトー)日の東京時間=順張り

510日が有効な理由は、あらゆる企業の決算日であり、米ドルが大量に買われるため です。

その日のレートは仲値として9時55分に決定するので、 市場がオープンする9時に値動きが活発になりドル円相場は「銀行の仲値に向けて円安になる傾向」があります。

スキャルピングFX博士_丸

逆張りFXスキャルピングが狙いやすい時間帯

逆張りFXスキャルピングが狙いやすい時間帯

逆張りに向いている時間=市場の終わり際

市場の終わり際の相場例

このため、 銀行などの大口トレーダーは(基本的には)ポジションを持ち越さずに手仕舞いします。 もし、ポジションを持ち越して翌日の自分たちの市場が回ってくるまでに大きな相場変動があった場合は巨額の損失が発生するので、リスク回避のポジションクローズが行われます。

そのポジションクローズによる反転の動きはスキャルピングで利用できます。 彼らのポジション決済は短期的なトレンドとして現れるので、「スキャルピングならではの時間帯を利用したトレード」とも言えます。

逆張りに向いているもう1つの時間帯は「金曜日の夜」

週明けの月曜日に(トレンドとは逆に)窓が空いて始まる可能性も十分にあるため、利益を出しているFXトレーダーの多くは利益確定をして週末を迎えます。

スキャルピングFX大辞典_指し棒

時間帯を狙ったFXスキャルピングの注意点

時間帯を狙ったFXスキャルピングの注意点

時間帯の特徴とトレード手法を合わせて検証

確かに時間帯ごとの特徴を狙ったトレードは有効であり、値が動く根拠もありますが、それだけでは不十分なので何かしらのトレード手法と合わせてスキャルピングを行いましょう。

スキャルピングFX博士_指し棒

RSIのシグナル発生

FXスキャルピングを控えるべき3つの時間帯

スプレッドが広がる時間

①経済指標が発表される前の時間

スキャルピングFX博士_OK

②動きの少ないオセアニア時間

東京時間の少し前である ウェリントン&シドニー市場のオセアニア時間(朝の4時〜8時30分頃)には流動性の低下からスプレッドが開く傾向があります。

スキャルピングFX博士_NG

③休日国がメインとなる時間帯

これはアメリカや欧州も同様で、 取引量の多い米国市場や欧州市場がクローズしている場合はトレンドが出にくい状況となりスキャル向きではありません。

スキャルピングFX博士_丸

日本人トレーダーの5人に1人が選ぶXM

関連記事 この記事も読まれています

ロンフィクとは? ロンドンフィックスの値動きの特徴&FXトレード手法

このような方にオススメの記事 ・深夜に為替の値動きが激しくなる理由が知りたい方 ・ロンドンフィックスを狙ったトレードで利益を狙いたい方 本記事のテーマ ロンドンフィックスの値動きの特徴&トレード手法 <スキャル歴12年の専.

FXのライントレードで勝てない理由とは?<引き方〜応用手法>

このような方にオススメの記事 ・テクニカル分析の基礎であるFXでのライントレードを知りたい ・トレンドラインを正しく引いてスキャルピングFXに活かしたい FXの取引時間 取引が活発な時間帯 本記事のテーマ トレンドラインの引き方とライントレードFX手法 <ス.

土日(週末)にFXトレーダーがすべきこと

FXスキャルピングで選ぶべき「おすすめ通貨ペア」

このような方にオススメの記事 ・FXスキャルピングに最適なおすすめ通貨ペアを知りたい ・通貨ペア選びの注意点やリスクを把握して取り組みたい 本記事のテーマ FXスキャルピングで選ぶべき「おすすめ通貨ペア」 <スキャル歴12.

政策金利をFX取引に活かすには?

FXトレーダーが克服すべきプロスペクト理論とは

このような方にオススメの記事 ・FXでプロスペクト理論が大事と言われる理由を知りたい方 ・技術や知識の向上が利益につながっていないと感じている方 本記事のテーマ FXトレーダーが克服すべきプロスペクト理論 <スキャル歴12.FXの取引時間 取引が活発な時間帯

Dr.Scalpin

xmtrading-logo

スキャルパーほど得するボーナスの強み

①取引するごとに貯まるXMポイントがスキャル向き
②ボーナスだけでトレードできる唯一の海外FX
③圧倒的な経営基盤と安定したサーバーへの信頼

スキャル口座のニーズを網羅するスペック

①相場変動時にもスムーズに注文できる約定力
②日本人向けの入金システム&顧客サポート
③ECN方式で手数料は片道3.5ドル「ブレード口座」

gemforex-logo

3位 GemForex

スピーディ&ハイクオリティな取引環境を提供

①最大レバレッジ1000倍の圧倒的な資金効率
②身分証明書など不要で最短30秒で口座開設可能
③約150個のEA(自動売買ソフト)が無料使い放題

FXで勝てる時間帯はいつ?市場毎の特徴やトレード手法を解説!

ノウハウ

FXで勝ちやすい時間帯はいつですか?時間帯によって動きが全然違う気がする。

結論から言うと、トレード手法によって勝てる時間帯は変わってくるので、一概にどの時間が良いとかはありません。

  • 時間帯ごとの特徴が分かる
  • FXで勝てる時間帯が分かる
  • 時間帯ごとに注意することが分かる

FXで勝てる時間帯はいつ?

結論から言うと、FXでは全時間帯勝つことができます。

どういうことかと言うと、 トレードする手法によって適した、勝てる時間帯があるからです。

FXで勝つためには時間帯を決めてトレードすることが大事

FXで勝つためには時間帯ごとの特徴を知り、自分の手法にあった時間帯で取引しましょう!

時間帯ごとの値動きの特徴

オセアニア時間(5時〜8時)

オセアニア時間は、取引量が少ないのでレンジ相場になりやすいという特徴があります。

しかし、逆に言えばチャンスの時間帯で、テクニカル通りに動きやすい(レンジ相場)です。

ただ、注意点としてはごく稀に大口投資家によって価格の操作が行われ、一気に上昇や下落することがあります。

特に正月・お盆・ゴールデンウィークなど取引するユーザーが少ない時は注意が必要です。

東京時間(9時〜15時)

日本時間は、FXの世界ではトレードする人たちが少ない時間帯です。 FXの取引時間 取引が活発な時間帯

東京市場では、 世界全体の取引高の約5%程度 しかありません。

ですから、東京時間に取引をするならば、円建ての通貨ペアがいいとされています。

日本人がほとんどの取引をしているので、ドルやユーロ主体で相場が動くことは少ないです。

ロンドン時間(16時〜21時)

欧州(ヨーロッパ)時間とも呼びますが、ロンドン市場が圧倒的に取引量が多いためトレーダーの中では、ロンドン時間と呼ばれています。

ロンドン市場の特徴は、世界の取引高の40%近くを占めるため、トレンドが出やすということです。

しかしながら、 19時頃になると欧州勢はお昼休みにはいる為、落ち着いた値動きとなることが多い です。

取引参加者も増えて、流動性も豊富になるので、トレードしやすい時間帯であるといえます。

アメリカ時間(21時〜5時)

21時を過ぎた頃からアメリカの参加者が参入し、いよいよ為替の値動きはピークを迎えます。

アメリカ時間の特徴は、米国の経済指標(後述しています)が発表されるため、かなり荒い値動きになることです。

しかし、 夜中に要人発言があったり、米国の金融政策が発表される日もありますので、深夜に大きく動くこと があります。

アメリカ時間はファンダメンタルの影響が多くあるので、チャートだけ見てトレードするのは危険です。

自動売買システムを利用している方だと、このアメリカ時間は停止してくださいと言われているかと思います。

それはなぜかと言うと、自動売買はテクニカル分析をもとに作られており、 ファンダメンタル(経済指標など)を考慮していないからです。

指標とは?発生する時間帯はいつ?

要するに、経済指標は「今この国の経済の状況はこうなっています」ということを発表するものです。

時間帯によるスプレッド(手数料)の変化

為替市場では、取引量が多い時間帯はスプレッドが狭く(手数料が安い)、 逆に取引量 が少ない時はスプレッドが広い(手数料が高い)です。

ただ、取引量が少ないからといって勝てないわけではありません。

現に、取引量の少ない時間帯(オセアニア時間など)に利益を出している方もいるので、どの投資法をどの時間帯で使うかが何よりも大切です。

FXのニューヨーク時間とは?オススメの手法や注意点を解説

2001年アメリカ同時多発テロ時のUSD/JPY 2014年イスラム国の拡大時のUSD/JPY 2022年ロシアのウクライナ侵攻時のUSD/JPY

戦略2.取引はニューヨーク市場の開場から翌1時までが勝負

ニューヨーク時間外とニューヨーク時間中のEUR/USDボラティリティ(夏時間)

ニューヨーク時間のおすすめ手法は3つ

  1. トレンドフォロー(順張り)
  2. 経済指標トレード
  3. ニューヨークボックス手法

手法1.トレンドフォロー(順張り)

  • 上昇トレンドなら「押し目買い」
  • 下降トレンドなら「戻り売り」

トレンド有効なエントリー
上昇トレンド押し目買い
下降トレンド戻り売り
トレンドと有効なエントリー

ニューヨーク時間中の押し目買い

ニューヨーク時間中の戻り売り

FXの押し目とは?押し目買い・戻り売りのオススメ手法を解説 FXの押し目買いと戻り売りで大きな値幅を取り切るトレードができるようになりたい! 押し目と戻り目は何となく分かるけど、さらに押したり戻されたりしそうで不安……。 F…

手法2.経済指標トレード

  • 雇用統計(失業率)
  • フェデラル・ファンド金利(FF金利)
  • ISM製造業景気指数

2022年6月16日3時頃に行われたFOMCのFF金利発表時のチャート

手法3.ニューヨークボックス手法

  1. 15分足に設定
  2. ニューヨーク時間直前の7時間前の高値・安値でボックスを形成
  3. ニューヨーク時間開始後に、2のボックスをブレイクした方向へエントリー
  4. エントリー後、利確は30pips、損切りは20pipsに設定

ニューヨークボックス手法

FXスキャルピングコツ解説【午前中朝一のみの時間帯売り手法】

スキャルピング手法朝

ドル円1分足朝


大きく窓開けして始めた月曜午前中も、レンジになる時間帯があります。
そのタイミングを狙ってショートエントリーで小利狙いしていきます。
(ストップロスは当然入れて慎重にいきます)

ドル円レンジ朝


東京時間朝のレジサポラインを引いて、前日ニューヨーク終値を意識します。

売りが起きやすい理由

午前中には実需筋の売りが起きやすいという部分があります。
(日本の大企業が海外売り上げを円に換金する作業)

また東京時間に入ってくる投資家はレンジ逆張りを好む傾向で、
前日のニューヨーク時間で価格が下げていると利益確定買いエントリーをしていき、 FXの取引時間 取引が活発な時間帯
そして買いにより上がったところで戻り売りをしていき、
価格が上下に振れていきやすい傾向になります。

上下に振るので買い(ロング)でも取りたいところですが、
実需筋の売り部分を意識しての小利狙いであれば、
あえてリスクを冒さないことを個人的にはおすすめします。

深追いしないで薄利で逃げる

とにかく深追いしないで小利薄利で逃げるのがおすすめです。

基本は大きなトレンドに従った順張りエントリー

リスクをできる限り減らしてトレードをしたい方は、
このような大きく動かない時間帯でコツコツ小利を重ねるのはアリだと思います。

しっかりと過去チャート検証をしていき、
リアルトレードの記録も検証していくことで、
より勝率の高い根拠のあるエントリーをできるようにしていくべきです。

スキャルピングマスターにおすすめのFX教材

短期トレードのロジック教材として大ヒットしたもの。
5分足でのトレードを、インジケーターの組み合わせで判断できるので初心者向け。
このロジックをしっかりと実践して勝ち逃げしていくのも初期には有効。

新進気鋭のFX講師FX-Katsuこと鈴木克佳先生のスキャルピングロジック教材。
恋スキャFXと並ぶ2大巨頭教材として君臨中。
1分足でのトレードで、より勝ち逃げを意識。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる