無料体験講座

チャート分析に使える無料ツール5選

チャート分析に使える無料ツール5選

Wrikeはプロジェクトの全体像や進捗を徹底的に見やすくすることに特化した、クラウド型のタスク管理ツールです。

<特徴>
・ガントチャートやカンバン方式をフル活用できる。
・タスクの進行状況を見える化できる分析機能が充実している。
・Androidやiosにも対応しているので、場所を選ばずに管理ができる。
・人数無制限で無料プランが利用できる。

Wrikeについて詳しく知りたい方は< Wrike公式HP >へ

チャート分析に使える無料ツール5選

ダブルトップの基本

ダブルトップは、チャートがアルファベットの「M」に似た形を描き、 相場が上昇から下落に転じるサイン です。

ダブルボトムとは?

ダブルボトムの基本

ダブルボトムは、チャートがアルファベットの「W」に似た形を描き、 相場が下落から上昇に転じるサイン です。

ダブルトップでエントリーする3つのステップ

ダブルトップのエントリー方法

①高値に水平なレジスタンスラインを引く
②2回目の高値がレジスタンスラインの同じか下にあることを確認する チャート分析に使える無料ツール5選
③ネックラインを下回ったら売りエントリー

①高値に水平なレジスタンスラインを引く

ダブルトップを狙うには、 2回目の高値がレジスタンスラインよりも同じか下の位置にあることが条件 です。

2回目の高値がレジスタンスラインを超えたらダブルトップ失敗なので、更新後の高値にレジスタンスラインを引き直してダブルトップの発生を再び待ちます。

②2回目の高値がレジスタンスラインの同じか下にあることを確認する

レジスタンスラインを引いた次の高値が レジスタンスラインを超えずに下落 したら、ダブルトップ形成のチャンスです。

チャートが直前の高値を更新できなければ、下降トレンドへの転換を予測するトレーダーが増えるためです。

③ネックラインを下に抜けたら売りエントリー

ネックラインを下回るのを待って売りエントリーしましょう。

このラインを下回ると上昇トレンドは終わり、下降トレンドに入る可能性が高いので、売りエントリーで利益を狙います。

ダブルボトムでエントリーする3つのステップ

ダブルボトムのエントリー方法

①安値に水平なサポートラインを引く
②2回目の安値がサポートラインと同じか上にあることを確認する
③ネックラインを超えたら買いエントリー

①安値に水平なサポートラインを引く

サポートラインから一時的に上昇した後、再び下落した安値がサポートラインを割り込む と、ダブルボトムが形成されず下降トレンド継続です。

②2回目の安値がサポートラインと同じか上にあることを確認する

サポートラインを引いた次の安値が サポートラインと同じか上 になれば、ダブルボトム形成のチャンスです。

チャートが直前の安値を更新できなければ、売り圧力が弱まり上昇トレンドへの転換を期待するトレーダーが増えるからです。

③ネックラインを上に抜けたら買いエントリー

ネックラインを超えたら買いエントリーしましょう。

ネックラインを超えれば、多くのトレーダーが本格的な上昇トレンドに入ったと判断して買い注文を入れます。

相場の将来を予想するのに役立つサポートツール

相場を予想するには、チャートの形状とあわせて サポートツール も利用すると便利です。

トレーダーの注文状況や値動きのシミュレーションから、売買判断の手助けをしてくれます。

38種類のテクニカル指標で分析!プラチナチャート

38種類のテクニカル指標でチャート分析 ができ、為替だけではなく米国株価や原油、金など様々なチャートを表示できます。

直近の「高値・安値」を自動で表示してくれるので、それを意識したトレードがしやすく、勝率がUPします。

勝てるチャート!LIONチャートPlus+

自動でトレンドラインを引いてくれて、「直近の高値・安値の自動表示」、 「フィボナッチリトレースメントも自動表示」 など、至れり尽くせりのラクラク機能が満載!

また、 他のトレーダーの注文状況もチャート上に表示 してくれるので、売り注文や買い注文が厚いレートがわかり、相場の予想が格段にしやすくなります。

他のトレーダーの注文状況をワンクリックで表示

「みらい予測チャート」は最大約12年分(ローソク足2500本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして 「将来の値動き」を予測 します。

お天気シグナルで勝率UP!

「お天気シグナル」は移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD、RSIなど7種類の主要テクニカル指標で自動分析してくれて、 「買い時・売り時」をチャート上に表示 してくれます。

その通りに売買するだけの手軽さが、FX初心者に人気!

ダブルトップ・ダブルボトムを使う時の3つのコツ

ダブルトップ・ダブルボトムを使うコツ

ダブルトップ・ダブルボトムを使う時は 3つのコツ があります。

・長期足を使う
・だましに備えて損切り注文を出す
・他のインジケーターと組み合わせる

長期足を使う

ひとつ目は、長期足のチャートで探すことです。

長期足の方がサインの精度が高く強いトレンドを示す ので、長期足がダブルトップ・ダブルボトムを形成しているタイミングでエントリーすれば短期足で利益を出しやすくなります。

無料のタスク管理ツール5選!種類や選定のポイントを紹介します。

タスク管理ツール

チャート分析に使える無料ツール5選

業務を効率化しプロジェクトを成功させるためには、タスク管理は欠かせません。
しかし、タスク管理にかかるコストや時間などのリソースは、できれば最小限に抑えたいですよね。

タスク管理を効率的に行うためには、タスク管理ツールがおすすめです。

タスク管理ツールには無料で使えるものが多数あり、また、有料のものでも料金設定や使える機能がさまざまあります。そのため、いざ導入しようと思っても、どのような基準で選べばよいのか悩む方も多いでしょう。

そこで今回は、無料のタスク管理ツール5選を紹介します。タスク管理ツールの種類や選定のポイントも解説しますので、タスク管理ツールの導入を検討している方は、ぜひ本稿を参考にしてください。

タスク管理ツール

タスク管理には、大きく分けると 「クラウド型」と「インストール型」の2種類 があります。それぞれどのような特徴があるのか、メリットデメリットを比較してみましょう。

クラウド型

クラウド型は オンライン上で使用するタスク管理ツール です。

・インターネットに繋がっている状態であれば、どこでも操作することができる。 チャート分析に使える無料ツール5選
・ツールによってはスマホやタブレットなどの色々なデバイスで使用可能なものもあるので、移動中でも操作することができる。
・事前にインストールの必要がなく自動でバージョンアップされるので、常に最新の状態で利用ができる

<デメリット>

インストール型

インストール型は、 主にPCにソフトをインストールして使用するタスク管理ツール です。

・クラウド型と違い、ネット環境がなくても利用できる
・インターネットを介さずに運用できるので、セキュリティ面での安全性が高い
・プロジェクトに適したカスタマイズができる

<デメリット>

・ソフトをインストールしたPCでしか利用ができない
・バージョンアップには対応していない
・バックアップをとっておく必要がある

タスク管理ツール導入のメリット

情報や進捗状況を全体で共有できる

タスク管理ツール導入のメリットとしてまずあげられるのが、プロジェクトメンバー内で情報や進捗状況を共有できることです。

例えば、エクセル等でメンバーそれぞれがタスク管理をしている場合、管理方法にばらつきがでたりプロジェクトの全体像が見えずらかったりします。
タスク管理ツールを導入すると、 情報の一元化ができ、ツールにアクセスすることで進捗状況などをメンバー全員で共有することができます。

コロナ禍などにより、より一層リモートワークの普及が加速している昨今、プロジェクトメンバーがそれぞれの場所で情報を共有できることは、プロジェクトを円滑に進行していくうえで欠かせません。

コミュニケーションが取りやすい

タスク管理ツールには、チャット機能やビデオ通話機能を搭載しているものがあります。
これらは、電話やメールよりも手軽に、ちょっとしたことでもコミュニケーションを取りやすくなります。

プロジェクト内への一斉連絡や、オンラインでのミーティングなどにも活用できるので、プロジェクト内のコミュニケーションが円滑になります。

タスク管理における進捗管理の方法

ガントチャート

ガントチャートはプロジェクトの工程を視覚的に表現した、棒グラフのような表です。

縦軸にタスクや担当者、横軸に時間を配置します。横軸のバーの位置が稼働時期、長さが所要時間を示しているので、 プロジェクトの全体像、各タスクの所要時間や進捗状況が視覚的に把握 できます。

ガントチャートについては、 【無料でガントチャートを使用するには!?エクセルのテンプレートやツールなどをまとめて紹介】 で詳しく解説しています。

カンバン方式

カンバン方式は、「未着手」「作業中」「完了」などに区切った上図のようなボードを用いて、全体の業務量や進行具合を見える化する方法です。カンバンと呼ばれる付箋のようなものにタスクの内容を記入し、分類して管理します。

優先順位を考えてカンバンを並べていきますが、状況により優先度に変化があった場合など、並び替えるだけで変更が可能です。

カンバン方式で管理すると、 今抱えている業務量や達成状況が一目でわかる のはもちろん、配置の法則を決めておくと、 何を優先すべきかがわかる ようになります。

タスク管理ツールの基本機能

タスクのスケジューリング

タスク管理ツールには、タスクの開始日や終了日の設定したり、プロジェクト全体のタスクのスケジュールを管理したりする、スケジュール管理機能があります。

スケジュール管理機能を利用してプロジェクトのスケジューリングをしておくと、 タスクの進捗が可視化 できるので、 遅れやトラブルの発生を早期に発見 できます。

メッセージ機能

タスクに関するやりとりや伝達などについて、プロジェクトに関わるメンバーでメッセージのやりとりができる機能です。

タスクに紐づいてメッセージのやりとりができる と、メールなどと違い、前置きをせずにやりとりが可能なので、 コミュニケーションが取りやすく、情報の取りこぼしが少なくなります。

タスクの社内共有機能

プロジェクトに関する社内での認識のズレなどが起きないように、情報を共有することは大切です。

タスク管理ツールでは、ファイルの共有やチャット機能、コメントの付与などの共有機能を利用して情報共有が行えます。

プロジェクトを円滑に進めるために、情報共有は欠かせません。

通知やアラーム機能

通知やアラーム機能があるタスク管理ツールでは、 タスクやミーティングの開始時間などを設定すると、PCやスマホに通知 がきます。 チャート分析に使える無料ツール5選

また、タスクの完了や情報が更新された時に、メンバー全員に通知されるように設定しておくことで、簡単に情報の共有ができます。

タスク管理ツールの選定ポイント

サポート体制

初めて導入する時は、操作方法や設定方法に迷うことも多くあるでしょう。
そのような時に、 問い合わせに応じてくれるサポート体制が整っているかどうかは、大事なポイント です。

導入後も、例えばカスタマイズをしたいと思った時、ちょっとした不具合が起きた時などに問い合わせができるかどうかは、タスク管理ツールの使いやすさに大きく影響を与えます。

また、海外のツールも多くあるので、日本語の対応をしているかどうかもチェックした方がよいでしょう。

機能と業務の内容がマッチしているか

タスク管理ツールにはそれぞれ特色があり、 利用できる機能もツールによって違います
自社の業務の内容やメンバーのスキルなどを考慮して、マッチしているものを選択しましょう。

・ドロップ&ドラッグだけで操作ができるなど、操作性が簡単な方がよい
・「ガントチャート」や「カンバン方式」を使って管理したい
・データ管理やデータ分析ができるものがよい
・リモート中心なのでコミュニケーションツールを充実させたい
・移動が多いので複数のデバイスで管理がしたい

など、まず 自社が求める機能を整理してから、選定する とよいでしょう。

既存のツールとの連携

例えば、エクセルやGoogleカレンダー、Outlookなど、すでに自社で使用しているツールがある場合には、データの連携が可能かどうかもチェックしておくとよいでしょう。

連携ができるとデータを移植する手間が省けるので、効率的にタスク管理ツールを導入する ことができます。どのツールと連携できるかどうかは、タスク管理ツールによって違いがあります。

連携できるかだけを基準にタスク管理ツールを選択すると、求める機能と乖離が生じることもありますので、何を優先するかを考えて選択をすることも大切です。

料金プラン

タスク管理ツールには、無料プランから有料のプランまでさまざまあります。
それぞれ、使える機能や規模に違いがありますので、予算やプロジェクトの規模に応じて選択していくとよいでしょう。

どのツールを選択すればよいのか悩む場合には、 まずは無料プランで試してみる と自社にあっているかを判断することができ、失敗が少なくなります。

ただし、無料プランは使える機能や規模が限られている場合が多いので、 利用できる範囲をチェック しておくことも忘れずに。

次章では、無料から使えるタスク管理ツールを紹介します。
ぜひご一読いただき、より自社にあったツール選択をしてください。

無料から使えるタスク管理ツール5選

Trello


カンバン方式で管理ができるクラウド型のタスク管理ツールです。

<特徴>
・カンバン方式に特化していて、操作がシンプル。
・「Google Drive」や「Slack」などの外部サービスと統合が可能。
・複数のデバイスでの操作が可能
・無料版でもファイルストレージの使用が無制限

Trelloについて詳しく知りたい方は< Trello公式HP >へ

Asana

表形式が基本のクラウド型タスク管理ツールです。

<特徴>
・表形式が基本だが、ガントチャートやカンバン方式に表示変更ができる

・200を越える外部サービスと連携が可能
・無料版では最大15人まで利用が可能
・作成できるファイルやストレージは無制限

Asanaについて詳しく知りたい方は< Asana公式HP >へ

Todoist

Googleアプリとの連携に強いのが特徴のクラウド型のタスク管理ツールです。

<特徴>
・リスト形式でタスクを管理するが、カンバン方式でも可能。
・GoogleカレンダーやDropboxなどの外部ツールと連携してカスタマイズできる。
・日ごとや週ごとの進捗をグラフで可視化。
・無料プランは5人までの利用

Todoistについて詳しく知りたい方は< Todoist公式HP >へ

Wrike


Wrikeはプロジェクトの全体像や進捗を徹底的に見やすくすることに特化した、クラウド型のタスク管理ツールです。

<特徴>
・ガントチャートやカンバン方式をフル活用できる。
・タスクの進行状況を見える化できる分析機能が充実している。
・Androidやiosにも対応しているので、場所を選ばずに管理ができる。
・人数無制限で無料プランが利用できる。

Wrikeについて詳しく知りたい方は< Wrike公式HP >へ

TeamHack

タスク管理や情報共有などが、1つのツールで完結するクラウド型のタスク管理ツールです。

<特徴> チャート分析に使える無料ツール5選
・ツリー型のタスク管理ツールなので、進捗状況をリアルタイムに把握できる。
・タスクごとにチャットできるので、業務コミュニケーションがしやすい。
・タスク管理ツールとチャットを往復しないでよい、シンプルなフロー。
・メンバーの状況がひと目でわかるから、タスクのブラックボックス化を回避できる。
・無料プランはメンバーは無制限、10プロジェクトまで作成可能。

TeamHackについて詳しく知りたい方は< TeamHack公式HP >へ

タスク管理ツールを導入すると、プロジェクトの管理が格段にしやすくなり、また、メンバー間のコミュニケーションも円滑に進むようになる可能性があります。このような実感を得るためには、まずは自社にあった管理方法、ツール選択をすることが大切です。本稿を参考に、自社に適切なタスク管理ツールを選択してください。

今回はタスク管理ツールについて紹介しましたが、タスク管理の方法としてはその他に、ExcelやGoogleスプレッドシートを用いて管理することもできます。手軽に始められる点でこちらもおすすめです。

【無料でガントチャートを使用するには!?エクセルのテンプレートやツールなどをまとめて紹介】 では、ExcelやGoogleスプレッドシートでの管理方法にも触れていますので、合わせてお読みください。

タスク管理を効率的に行うことで業務が効率化され、プロジェクトが成功に導かれることを願っています。

FXおすすめチャートソフト4選!おすすめスマホアプリも併せて紹介

FX会社を比較

湊

明日香

使いにくいチャートを選んでしまうと、取引がやりづらく 優位性のある取引 を行いづらくなってしまいます。

  • FXチャートソフトの選び方
  • FXおすすめのチャートソフト
  • FXおすすめのチャートアプリ

本記事を参考にしていただければ、失敗しないチャート選びができ、優位性のある取引を行えるようになるでしょう。

FXチャートソフト・アプリの選び方3つ

  • チャートが見やすいか確認する
  • 使いたい機能があるか確認する
  • 情報量が豊富なのかを確認する

選び方①:チャートが見やすいか確認する

まず、取引に使用するチャートが 見やすいのか を確認しましょう。

自分が見づらいと思うチャートを利用していると、判断を誤ってしまう可能性があります。

選び方②:使いたい機能があるか確認する

FX各社によって、使えるインジケーターや描写ツールなどが異なるため、自分が 使いたいもの があるかを確認しましょう。

使いたいツールや機能がないと優位性のある取引を行うことができなくなってしまうため、口座開設前にどんな機能やツールがあるのかを確認しましょう。

選び方③:情報量が豊富なのかを確認する

FX各社によって提携している配信会社が異なるため、 情報量の豊富さ に差があります。

そういった世界的に有名な配信会社と提携しているFX会社を選べば、安心性がある情報を取集することが可能です。

外為どっとコム『外貨ネクストネオ「GFX」』

また、1,000通貨からの取引が可能なため、約4,000円という少額から取引を行えるのも魅力的です(ルーブル/円は10,000通貨から取引可能)。

特に、パソコン版の「 リッチアプリ版 」は、多機能なチャートや豊富な注文方法などがあり、取引環境としては申し分ありません。

【無料比較表付】振り返りツール・アプリの比較おすすめ13選|目的別比較・メリット・導入上の注意点・選び方

【無料比較表付】振り返りツール・アプリの比較おすすめ13選|目的別比較・メリット・導入上の注意点・選び方

1on1・フィードバックで人材育成を強化する】振り返りツール比較5選

1. 効率的な1on1を実現するツール「Co:TEAM」

2. 1on1で振り返りを強力にサポート「TeamUp」

ツールの利用は、月額38,500円となっており、51名以上の利用からは要問い合わせとなっています。

3. 仕事の実行・管理を簡単にする「Wistant」

ツールの利用料金は1ユーザーあたり月額980円です。

4. パフォーマンスマネジメントで組織をサポート「1on1navi」

ツール利用料金ですが、初期費用が50,000円で、また月額25,000円(50名以下の場合)で利用開始できます。

5. 現場の負担を減らし対話の質を高める「KAKEAI

利用料金は要お問い合わせになっています。

KPTやタスク管理に使える】振り返りツール比較5選

1. プロジェクトやタスクの振り返りに使える「Co:TEAM」

「Co:TEAM」(コチーム)では、OKR・MBOにおける目標管理、上司や同僚からのフィードバックコメントの収集(360度評価)の効率化・改善で振り返りを支援します。

プロジェクト毎の目標の進捗と具体的な作業内容を記録し、プロジェクト開始から終了までの変遷を時系列で振り返る事ができます。

ツールの利用は、1ユーザーあたり月額980円から可能です。

2. アナログだったタスク管理をDX化「Trello」

利用料金は基本的に無料で、有料版は内容に合わせて$5、$10の2種類のコースがあります。

3. オンラインホワイトボードで対面顔負けの振り返り体験「miro」

無料利用が可能ですが、機能制限があり、有料版は1ユーザーあたり月額8ドルから利用可能です。

4. タスクを可視化して振り返りの材料を集める「Asana」

無料利用が可能ですが、機能制限があり、有料版は1ユーザーあたり月額1,200円から利用が可能です。

5. 誰でも手軽にガントチャートを作成「Brabio!」

利用料金ですが、5ユーザーまでは無料で使うことができ、アップグレードが1ユーザーあたり300円で行えます。

【日報機能で振り返りを強化する】振り返りツール5選

1. 振り返りを効率化するマネジメントDXツール「Co:TEAM」

「Co:TEAM」は、株式会社O:(オー)によって運営されている、国内唯一のパフォーマンス・マネジメントプラットフォームです。

Slackなどのチャットツールと連携し、フィードバックを簡単に行えることで、組織に振り返りの文化を根付かせることができます。

さらに体調やモチベーションなど日報の提出内容を1on1のアジェンダ生成につなげることができます。

また、これまでバラバラに管理されていた目標管理、1on1、人事評価を一元化することによって、人事部門やマネージャーが膨大な工数を割いていた評価業務を効率化させるだけではなく、適正な評価を実現し、組織のエンゲージメントとパフォーマンスを向上させます。

チャート分析に使える無料ツール5選

ダブルトップの基本

ダブルトップは、チャートがアルファベットの「M」に似た形を描き、 相場が上昇から下落に転じるサイン です。

ダブルボトムとは?

ダブルボトムの基本

ダブルボトムは、チャートがアルファベットの「W」に似た形を描き、 相場が下落から上昇に転じるサイン です。

ダブルトップでエントリーする3つのステップ

ダブルトップのエントリー方法

①高値に水平なレジスタンスラインを引く
②2回目の高値がレジスタンスラインの同じか下にあることを確認する
③ネックラインを下回ったら売りエントリー

①高値に水平なレジスタンスラインを引く

ダブルトップを狙うには、 2回目の高値がレジスタンスラインよりも同じか下の位置にあることが条件 です。

2回目の高値がレジスタンスラインを超えたらダブルトップ失敗なので、更新後の高値にレジスタンスラインを引き直してダブルトップの発生を再び待ちます。

②2回目の高値がレジスタンスラインの同じか下にあることを確認する

レジスタンスラインを引いた次の高値が レジスタンスラインを超えずに下落 したら、ダブルトップ形成のチャンスです。

チャートが直前の高値を更新できなければ、下降トレンドへの転換を予測するトレーダーが増えるためです。

③ネックラインを下に抜けたら売りエントリー

ネックラインを下回るのを待って売りエントリーしましょう。

このラインを下回ると上昇トレンドは終わり、下降トレンドに入る可能性が高いので、売りエントリーで利益を狙います。

ダブルボトムでエントリーする3つのステップ

ダブルボトムのエントリー方法

①安値に水平なサポートラインを引く
②2回目の安値がサポートラインと同じか上にあることを確認する
③ネックラインを超えたら買いエントリー

①安値に水平なサポートラインを引く

サポートラインから一時的に上昇した後、再び下落した安値がサポートラインを割り込む と、ダブルボトムが形成されず下降トレンド継続です。

②2回目の安値がサポートラインと同じか上にあることを確認する

サポートラインを引いた次の安値が サポートラインと同じか上 になれば、ダブルボトム形成のチャンスです。

チャートが直前の安値を更新できなければ、売り圧力が弱まり上昇トレンドへの転換を期待するトレーダーが増えるからです。

③ネックラインを上に抜けたら買いエントリー

ネックラインを超えたら買いエントリーしましょう。

ネックラインを超えれば、多くのトレーダーが本格的な上昇トレンドに入ったと判断して買い注文を入れます。

相場の将来を予想するのに役立つサポートツール

相場を予想するには、チャートの形状とあわせて サポートツール も利用すると便利です。

トレーダーの注文状況や値動きのシミュレーションから、売買判断の手助けをしてくれます。

38種類のテクニカル指標で分析!プラチナチャート

38種類のテクニカル指標でチャート分析 ができ、為替だけではなく米国株価や原油、金など様々なチャートを表示できます。

直近の「高値・安値」を自動で表示してくれるので、それを意識したトレードがしやすく、勝率がUPします。

勝てるチャート!LIONチャートPlus+

自動でトレンドラインを引いてくれて、「直近の高値・安値の自動表示」、 「フィボナッチリトレースメントも自動表示」 など、至れり尽くせりのラクラク機能が満載!

また、 他のトレーダーの注文状況もチャート上に表示 してくれるので、売り注文や買い注文が厚いレートがわかり、相場の予想が格段にしやすくなります。

他のトレーダーの注文状況をワンクリックで表示

「みらい予測チャート」は最大約12年分(ローソク足2500本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして 「将来の値動き」を予測 します。

お天気シグナルで勝率UP!

「お天気シグナル」は移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD、RSIなど7種類の主要テクニカル指標で自動分析してくれて、 「買い時・売り時」をチャート上に表示 してくれます。

その通りに売買するだけの手軽さが、FX初心者に人気!

ダブルトップ・ダブルボトムを使う時の3つのコツ

ダブルトップ・ダブルボトムを使うコツ

ダブルトップ・ダブルボトムを使う時は 3つのコツ があります。

・長期足を使う
・だましに備えて損切り注文を出す
・他のインジケーターと組み合わせる

長期足を使う

ひとつ目は、長期足のチャートで探すことです。

長期足の方がサインの精度が高く強いトレンドを示す ので、長期足がダブルトップ・ダブルボトムを形成しているタイミングでエントリーすれば短期足で利益を出しやすくなります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる