ビギナーバイナリーオプション

ローソク足の応用

ローソク足の応用

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【相場心理】三角保ち合いの攻略法!儲けるための注意点は3つ!

f:id:koalion0105:20200513131728p:image

今日は三角保ち合い相場についてのお話です。

三角保ち合いとは『トライアングル』『ペナント』と呼ばれ、 上値と下値が切り詰めて価格変動幅が小さくなる現象 ですね。

この記事のポイント

三角保ち合い相場はライントレード

f:id:koalion0105:20200513133055p:image

天井線と底線が三角形のような形になり価格が三角形内で上下しているなら三角保ち合いとなります。

三角保ち合いのレンジの中で取引する

f:id:koalion0105:20200513132932p:image

この手法は多くのトレーダーが利用する取引手法なので天井ライン付近には多くの売り注文、底ラインには多くの買い注文が控えています。

価格の値動きは 売りが増えると価格は下がり、買いが増えると価格は上がる 傾向にあります。(相場心理の鉄板です)

しかし、あなたが暇に耐えかねてしまい、なかなか天井付近や底付近まで価格が来ないからと言って成行で売り買いするとルールの無い取引となり意味不明な損失や意味不明な利益が生まれよく分からない取引となって儲けるにも損失を防ぐにも再現性がなくなります。

三角保ち合いのラインブレイク(レンジアウト)を狙う

f:id:koalion0105:20200513134235p:image

先程のライン反発で価格が反発せずにラインから飛び出すと『価格が大きく動くのでは?』と警戒が強まり相場心理としては危険信号となります。

カラクリとしてはライン反発を狙ったトレーダーがライン外には『損切り』を置いているからです。

天井と底の幅が小さくなってから大きくブレイクする性質があるため、トライアングル形成の初期や中期でレンジブレイクは 『騙し』 の可能性があるので再び価格がレンジ内に戻ってくることがあるので注意してくださいね。

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【相場心理】三角保ち合いの攻略法!儲けるための注意点は3つ!

f:id:koalion0105:20200513131728p:image

今日は三角保ち合い相場についてのお話です。

三角保ち合いとは『トライアングル』『ペナント』と呼ばれ、 上値と下値が切り詰めて価格変動幅が小さくなる現象 ですね。

この記事のポイント

三角保ち合い相場はライントレード

f:id:koalion0105:20200513133055p:image

天井線と底線が三角形のような形になり価格が三角形内で上下しているなら三角保ち合いとなります。

三角保ち合いのレンジの中で取引する

f:id:koalion0105:20200513132932p:image

この手法は多くのトレーダーが利用する取引手法なので天井ライン付近には多くの売り注文、底ラインには多くの買い注文が控えています。

価格の値動きは 売りが増えると価格は下がり、買いが増えると価格は上がる 傾向にあります。(相場心理の鉄板です)

しかし、あなたが暇に耐えかねてしまい、なかなか天井付近や底付近まで価格が来ないからと言って成行で売り買いするとルールの無い取引となり意味不明な損失や意味不明な利益が生まれよく分からない取引となって儲けるにも損失を防ぐにも再現性がなくなります。

三角保ち合いのラインブレイク(レンジアウト)を狙う

f:id:koalion0105:20200513134235p:image

先程のライン反発で価格が反発せずにラインから飛び出すと『価格が大きく動くのでは?』と警戒が強まり相場心理としては危険信号となります。

カラクリとしてはライン反発を狙ったトレーダーがライン外には『損切り』を置いているからです。

天井と底の幅が小さくなってから大きくブレイクする性質があるため、トライアングル形成の初期や中期でレンジブレイクは 『騙し』 の可能性があるので再び価格がレンジ内に戻ってくることがあるので注意してくださいね。

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【相場心理】三角保ち合いの攻略法!儲けるための注意点は3つ!

f:id:koalion0105:20200513131728p:image

今日は三角保ち合い相場についてのお話です。

三角保ち合いとは『トライアングル』『ペナント』と呼ばれ、 上値と下値が切り詰めて価格変動幅が小さくなる現象 ですね。

この記事のポイント

三角保ち合い相場はライントレード

f:id:koalion0105:20200513133055p:image

天井線と底線が三角形のような形になり価格が三角形内で上下しているなら三角保ち合いとなります。

三角保ち合いのレンジの中で取引する

f:id:koalion0105:20200513132932p:image

この手法は多くのトレーダーが利用する取引手法なので天井ライン付近には多くの売り注文、底ラインには多くの買い注文が控えています。

価格の値動きは 売りが増えると価格は下がり、買いが増えると価格は上がる 傾向にあります。(相場心理の鉄板です)

しかし、あなたが暇に耐えかねてしまい、なかなか天井付近や底付近まで価格が来ないからと言って成行で売り買いするとルールの無い取引となり意味不明な損失や意味不明な利益が生まれよく分からない取引となって儲けるにも損失を防ぐにも再現性がなくなります。

三角保ち合いのラインブレイク(レンジアウト)を狙う

f:id:koalion0105:20200513134235p:image

先程のライン反発で価格が反発せずにラインから飛び出すと『価格が大きく動くのでは?』と警戒が強まり相場心理としては危険信号となります。

カラクリとしてはライン反発を狙ったトレーダーがライン外には『損切り』を置いているからです。

天井と底の幅が小さくなってから大きくブレイクする性質があるため、トライアングル形成の初期や中期でレンジブレイクは 『騙し』 の可能性があるので再び価格がレンジ内に戻ってくることがあるので注意してくださいね。

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【相場心理】三角保ち合いの攻略法!儲けるための注意点は3つ!

f:id:koalion0105:20200513131728p:image

今日は三角保ち合い相場についてのお話です。

三角保ち合いとは『トライアングル』『ペナント』と呼ばれ、 上値と下値が切り詰めて価格変動幅が小さくなる現象 ですね。

この記事のポイント

三角保ち合い相場はライントレード

f:id:koalion0105:20200513133055p:image

天井線と底線が三角形のような形になり価格が三角形内で上下しているなら三角保ち合いとなります。

三角保ち合いのレンジの中で取引する

f:id:koalion0105:20200513132932p:image

この手法は多くのトレーダーが利用する取引手法なので天井ライン付近には多くの売り注文、底ラインには多くの買い注文が控えています。

価格の値動きは 売りが増えると価格は下がり、買いが増えると価格は上がる 傾向にあります。(相場心理の鉄板です)

しかし、あなたが暇に耐えかねてしまい、なかなか天井付近や底付近まで価格が来ないからと言って成行で売り買いするとルールの無い取引となり意味不明な損失や意味不明な利益が生まれよく分からない取引となって儲けるにも損失を防ぐにも再現性がなくなります。

三角保ち合いのラインブレイク(レンジアウト)を狙う

f:id:koalion0105:20200513134235p:image

先程のライン反発で価格が反発せずにラインから飛び出すと『価格が大きく動くのでは?』と警戒が強まり相場心理としては危険信号となります。

カラクリとしてはライン反発を狙ったトレーダーがライン外には『損切り』を置いているからです。

天井と底の幅が小さくなってから大きくブレイクする性質があるため、トライアングル形成の初期や中期でレンジブレイクは 『騙し』 の可能性があるので再び価格がレンジ内に戻ってくることがあるので注意してくださいね。

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【相場心理】三角保ち合いの攻略法!儲けるための注意点は3つ!

f:id:koalion0105:20200513131728p:image

今日は三角保ち合い相場についてのお話です。

三角保ち合いとは『トライアングル』『ペナント』と呼ばれ、 上値と下値が切り詰めて価格変動幅が小さくなる現象 ローソク足の応用 ですね。

この記事のポイント

三角保ち合い相場はライントレード

f:id:koalion0105:20200513133055p:image

天井線と底線が三角形のような形になり価格が三角形内で上下しているなら三角保ち合いとなります。

三角保ち合いのレンジの中で取引する

f:id:koalion0105:20200513132932p:image

この手法は多くのトレーダーが利用する取引手法なので天井ライン付近には多くの売り注文、底ラインには多くの買い注文が控えています。

価格の値動きは 売りが増えると価格は下がり、買いが増えると価格は上がる 傾向にあります。(相場心理の鉄板です)

しかし、あなたが暇に耐えかねてしまい、なかなか天井付近や底付近まで価格が来ないからと言って成行で売り買いするとルールの無い取引となり意味不明な損失や意味不明な利益が生まれよく分からない取引となって儲けるにも損失を防ぐにも再現性がなくなります。

三角保ち合いのラインブレイク(レンジアウト)を狙う

f:id:koalion0105:20200513134235p:image

先程のライン反発で価格が反発せずにラインから飛び出すと『価格が大きく動くのでは?』と警戒が強まり相場心理としては危険信号となります。

カラクリとしてはライン反発を狙ったトレーダーがライン外には『損切り』を置いているからです。

天井と底の幅が小さくなってから大きくブレイクする性質があるため、トライアングル形成の初期や中期でレンジブレイクは 『騙し』 の可能性があるので再び価格がレンジ内に戻ってくることがあるので注意してくださいね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる