仮想通貨で儲ける方法は

バイナリーの税金

バイナリーの税金
No.1522 先物取引に係る雑所得等の課税の特例居住者又は国内に恒久的施設を有する非居住者が、一定の先物取引の差金等決済をした場合には、その先物取引に係る事業所得の金額、譲渡所得の金額及び雑所得の金額の合計額(以下、この合計額を「先物取引に係る雑所得等の金額」といいます。)については、他の所得と区分して、所得税15%(他に地方税5%)の税率による申告分離課税となります。イ 金融商品取引法に規定する市場デリバティブ取引のうち一定のもの(金融商品市場において、金融商品市場を開設する者の定める基準及び方法に従い行う次の取引)
1 平成16年1月1日以後に行う、平成18年改正前の証券取引法に定められている有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引及び有価証券オプション取引
2 平成17年7月1日以後に行う、廃止前の金融先物取引法に定められている取引所金融先物取引(いわゆる通貨等先物取引、金利等先物取引、金融オプション取引)
3 平成19年9月30日以後に行う、金融商品取引法第2条第21項第1号から第3号までに定められている取引
ロ 平成24年1月1日以後に行う、金融商品取引法第2条第22項に定められている店頭デリバティブ取引で同項第1号から第4号までに掲げる取引のうち一定のもの(金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行われる、いわゆる先渡取引、指標先渡取引、オプション取引、指標オプション取引)

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

バイナリーオプションの税金について 自分は大学生でバイナリーオプションを始めようと思っているのですが、税金について詳しくないので意見をお聞きしたいです

バイナリーオプションの税金について
自分は大学生でバイナリーオプションを始めようと思っているのですが、税金について詳しくないので意見をお聞きしたいですバイナリーオプションの収入を雑所得として20万以内に抑えてバイトの収入と合わせて103万に抑えたいと思っています
20万以内の雑所得には確定申告が必要ないということまでは調べてわかりました
ですが、バイナリーオプションからの収入が、「取引の損得」と「出金して口座に入れたお金」のどちらから算出されるのかがわかりませんでした

例えば一年で30万利益を得たけど20万しか出金しなかった場合は雑所得は20万と30万どちらになるのでしょうか バイナリーの税金
20万だけ出金したら残りは出金せずに取引を続けることはできるのでしょうか
海外サイトのハイローオーストラリアを使おうと思っているので少し事情が複雑になると思っています

税金、fx、バイナリーオプションに詳しい方に教えて欲しいです!!

ベストアンサーに選ばれた回答

>20万以内の雑所得には確定申告が必要ないということまでは調べてわかりました

ちょと違います
給与所得者で年末調整していれば 20万以下は
医療費控除などで確定申告をしないなら 所得税は申告しなくても
よいということです
住民税については申告は必要です。

儲けた額について 課税対象です 出金の有無は関係ないです
(そうすると 収益のタイミングを調整できてしまうことになります)

ですが
扶養内ということでは 103万ということでよいかとは思います。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

新規デビュープログラム

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

>海外サイトのハイローオーストラリアを使おうと思っているので少し事情が複雑になると思っています

HighLow Binary Options (ハイローオーストラリア/ハイローバイナリーオプション jp.highlow.net)は非常に悪質な詐欺業者です。絶対にお金を振り込んではいけません。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n326107
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/livemarket2/1429255484/

これに限らず日本語対応している海外のバイナリーオプション業者は全て詐欺と考えてもいいです。ネット上にはバイナリーオプションをやれば素人でも簡単に大儲けみたいな書き込みが大量に存在しますがそれらは全て詐欺師の自作自演あるいはアフィリエイト乞食によるデタラメです。バイナリーオプションは基本的に顧客と業者が1対1で丁半博打をするようなものであり、顧客が利益を得れば業者が損をします。大半の顧客が簡単に大儲け出来るならば業者の経営が絶対に成り立ちません。
これまでにハイローオーストラリアを含めて142ものバイナリーオプション詐欺サイトが確認されています。 バイナリーの税金

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322166

算出されるのは「取引の損得」っしょ
だからその場合は30万円の雑所得ってことになるんじゃん

所得税は(給与収入-65万円)+バイオプ利益が38万円未満なら税金がかからないから確定申告も不要
住民税はそうゆう特例が無いし、自治地区によって均等割の算出法が異なるから何とも言えないけど、数万の利益なら申告しなくてもお咎めが無いのが現状だけど

海外バイオプだと税率は国内バイオプの約20%と違ってて総合課税になるから、38万円超えた分にだいたい所得税5%、住民税10%がかかると思っていいんじゃん

国内バイナリーオプションの税金の計算方法、確定申告、税金対策(節税)、勤務先にバレない方法を徹底解説

woman

国内バイナリーオプションの税金

  • 国内バイナリーオプションの税金
  • 海外バイナリーオプションの税金
  • 国内バイナリーオプション業者を利用している方 → 国内バイナリーオプションの税金が適用される
  • 海外バイナリーオプション業者を利用している方 → 海外バイナリーオプションの税金が適用される
  • 両方を併用している方
    → 国内バイナリーオプションの収益に関しては、国内バイナリーオプションの税金が適用される
    → バイナリーの税金 海外バイナリーオプションの収益に関しては、海外バイナリーオプションの税金が適用される

国内バイナリーオプションの税金

「申告分離課税」とは

国税庁ウェブサイト

No.1522 先物取引に係る雑所得等の課税の特例

居住者又は国内に恒久的施設を有する非居住者が、一定の先物取引の差金等決済をした場合には、その先物取引に係る事業所得の金額、譲渡所得の金額及び雑所得の金額の合計額(バイナリーの税金 以下、この合計額を「先物取引に係る雑所得等の金額」といいます。)については、他の所得と区分して、所得税15%(他に地方税5%)の税率による申告分離課税となります。

イ 金融商品取引法に規定する市場デリバティブ取引のうち一定のもの(金融商品市場において、金融商品市場を開設する者の定める基準及び方法に従い行う次の取引)
1 平成16年1月1日以後に行う、平成18年改正前の証券取引法に定められている有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引及び有価証券オプション取引
2 平成17年7月1日以後に行う、廃止前の金融先物取引法に定められている取引所金融先物取引(いわゆる通貨等先物取引、金利等先物取引、金融オプション取引)
3 平成19年9月30日以後に行う、金融商品取引法第2条第21項第1号から第3号までに定められている取引
ロ 平成24年1月1日以後に行う、金融商品取引法第2条第22項に定められている店頭デリバティブ取引で同項第1号から第4号までに掲げる取引のうち一定のもの(金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行われる、いわゆる先渡取引、指標先渡取引、オプション取引、指標オプション取引)

国内バイナリーオプションは「金融オプション取引」ですので「 先物取引に係る雑所得等の課税の特例 」が適用されることになります。

国内バイナリーオプションの税率

所得税:15% × 2.バイナリーの税金 1% = 15.315%
住民税:5%

国内バイナリーオプションの計算方法

  • 国内バイナリーオプションの所得:10万円 → 20,315円
  • 国内バイナリーオプションの所得:30万円 → 60,945円
  • 国内バイナリーオプションの所得:50万円 → 101,575円
  • 国内バイナリーオプションの所得:100万円 → 203,150円

国内バイナリーオプションの税金の優遇条件

損益通算とは

  • 商品先物取引
  • 商品先物
  • 商品指数先物
  • 有価証券先物取引等
  • 有価証券先物
  • 有価証券指数等先物
  • 金融先物取引
  • 通貨等先物取引
  • 金利等先物取引
  • 金融オプション
  • FX(通貨)
  • バイナリーオプション(通貨)
  • CFD(日経225、外国株)
  • 先物取引(金、プラチナ、原油)
  • FX:-20万円の損失
  • バイナリーオプション:+100万円の利益
  • FX:-50万円の損失
  • バイナリーオプション:+50万円の利益

損失繰越控除

損失繰越控除とは

  1. 1年目:損失 -100万円 → 課税なし
  2. 2年目:利益 +20万円 前の損失と合算すると-80万円 → 課税なし
  3. 3年目:利益 +30万円 前の損失と合算すると-50万円 → 課税なし
  4. 4年目:利益 バイナリーの税金 +40万円 前の損失と合算すると-10万円 → 課税なし

man

となってしまうため、「 損失の繰越控除 」という優遇制度があるのです。

国内バイナリーオプションの確定申告

確定申告とは

毎年、翌年の 2月16日~3月15日 が確定申告の期間であり、この間に手続き・納税を済ませなければなりません。

woman

バイナリーオプションで稼いだら税金はどうなるの?

税金内訳

まず、国内業者の場合は「申告分離課税」となり、
一律で20.315%の税金が発生します。
この内訳は所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%になります。

また、損失を最大3年間繰越すことができます。
たとえば、1年目マイナス100万円、2年目がプラス300万円だった場合、
2年目は300万円から前年の100万円を引いた200万円に税金がかかることになります。

納税金額


これは初心者にとってはとても嬉しいことですよね。
投資は最初からうまくいくことは難しいことです。
しかし、この繰越を活用することで、翌年の税金を軽減することが可能になります。

海外の業者で税金を納める場合

バイナリーの税金
所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円〜330万円以下 10% 97,500円
330万円〜695万円以下 20% 427,500円
695万円〜900万円以下 23% 636,000円
900万円〜1,バイナリーの税金 800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円〜 40% 2,796,000円

例えば、500万円の所得があった場合、
5,000,000円×0.2-427,500円=572500円
以上の税金がかかってきます。

また、実際はこれ以外に10%の住民税がかかってくるため、 税率は15%〜50% で変動することになります。

2年目には純粋に300万円に対して税金がかかってくることになります。

国内と海外どっちがお得??

もっと利益が出ちゃうよって場合

700万以上の利益が出そうな場合は、海外業者の他に国内業者を使うというのもひとつの手です。
その頃には法人化するというのもおすすめです。
個人事業と異なり、帳簿をつけるなどバイナリーオプションをすること以外の手間は増えますが、その分多くのものを経費として計上することができるようになります。
長い目でみたときには検討してみる価値は十分あると言えるでしょう。

必要経費はしっかり引くのがポイント!

さて、所得とは収入から必要経費を引いた金額です。
これにはバイナリーオプションをするのにかかった書籍代やセミナー代が含まれます。
もちろんセミナーに行くのに使った交通費もきちんと計算しておきましょう。有料の商材購入した場合や有料のメールマガジンを購読した場合も経費になります。
そのため普段からきちんと領収書をまとめておく習慣をつけておくことが大切になってきます。

経費

普段の生活でも使うパソコンや光熱費といったものは按分と言い、
3割〜5割程度を申請することになります。
この割合は税務署によって異なるので、担当の税務署に相談するのが良いでしょう。
もし、税金の申告を忘れてしまった場合、脱税ということになり追徴課税を取られてしまうことになります。
そうすれば今までの利益が吹き飛んでしまうことにもなりかねません。
きちんと利益を出したあとは、きちんと納税をするようにしましょう。

稼げる海外バイナリー比較

2018年10月1日 2020年5月19日

電卓フラットアイコン

サイトキャラ

  • この記事でわかること
  • 国内と海外の税金の違い
  • 年収400万円を例にした計算

1. 国内と海外における税金と税率の違い

海外バイナリーオプションであれば、 総合課税方式 という方式で計算されます。

確定申告

2. 国内バイナリー:申告分離課税方式

20.315%(税率)= 15%(所得税)+ 5%(住民税)+ 0.315%(復興特別所得税)

100万円(利益)x 20.315%(税率)= 20.31万円(税金)

2-1. 国内のメリット:納税額を合算できる

国内の方式には、 納税額を最大3年間合算できる といった特徴があります。

1年目:-50万円 x 20.315% = 0円

2年目:150万円 バイナリーの税金 x 20.315% = 30.4万円

サイトキャラ

上の例でいえば、-50万円 + 150万 バイナリーの税金 = 100万円 x 20.315% = 20.32万円の納税でOKということですね。

-50万円 + 150万円 = 100万円 x 20.315% = 20.3万円

3. 海外バイナリー:総合課税方式

そして、これらの合算から、 所得控除額を引いた額に税率をかけた額 を支払います。

つまり「(所得の合計 – 所得控除額)x 税率 = 税金の合計」が海外バイナリーで支払う税金です。

サイトキャラ

3-1. 海外のメリット:所得で税率がかわる

そして、この 所得に応じてその税率が変わるのが海外のメリット です。

  • 所得に応じた税率
  • ~195万円 → 5%
  • 195万円~330万円 → 10% (控除額97.5万円)
  • 330万円~695万円まで → 20% (控除額42.75万円)
  • 695万円~900万円まで → 23% (控除額63.6万円)
  • 900万円~1800万円まで → 33% (控除額153.6万円)

3-2. 国内と海外バイナリーオプションの違い

海外 = 収入 – 控除額 x 税率

4. 年収を400万円とした場合の計算方法

4-1. 国内バイナリーオプションの場合

国内バイナリーオプション

① 400万円(所得)× 20% – 42.75万円(控除額)= 37.25万円

② 200万円(利益)× 20.315% = 40.63万円

4-2. 海外バイナリーオプションの場合

海外バイナリーオプション

① 400万円(所得)+ 200万円(利益)= 600万円

① バイナリーの税金 × 20% – 42.バイナリーの税金 75万円(控除額)= 77.25万円(税金)

4-3. バイナリーの税金は安くできる

サイトキャラ

電卓や書類のフラットアイコン

5. まとめ

ちなみに海外と聞くと不安という方もいると思いますが、そんな方は ハイローオーストラリア を使ってみましょう。

ハイローオーストラリア

もちろん日本語対応で、 今なら口座開設、初回入金で5,000円のキャッシュバックが貰えます 。(条件なし)

サイトキャラ

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアの業者情報

最大ペイアウト2.3倍 でとにかく稼げる業者!無料で使えるデモがあるので初心者も安心。出金手数料無料+翌日出金対応はここだけ!今なら 最短5分の無料口座開設で5,000円のキャッシュバック が貰える!

バイナリーオプションの税金や税率

国内バイナリーオプション

今回は、国内でバイナリーオプション取引を行う場合の税金や税率について詳しく解説していきたいと思います。
以前は、バイナリーオプション取引業者を利用して上げた利益は、例えそれが国内の業者を利用していたとしても、税制上「雑所得」として区分され、最大で50%もの税額が賦課される状況でした。
しかしながら、現在では法整備が完了した事もあり、国内バイナリーオプション取引業者を介して上げた利益に賦課される税金については、「申告分離課税」として扱われることになりました。
この申告分離課税の税率については、以前は一律20%でしたが、震災復興支援を目的とする復興特別所得税プラスされるようになったので、2013年1月1日から2037年12月31日までの間は、所得税額分に対し2.1%の付加税が課されるようになりました。
これらを計算すると、現在のバイナリーオプション取引で上げた利益に対する税率は20.315%となります。ちなみに20.315%の内訳を詳細に説明すると、所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%、という計算により表す事ができます。
復興特別所得税の2.1%が所得税率の15%にかかるため、15%×2.1%で0.315%という数字になるのです。
昨今は、バイナリーオプション取引において、海外の業者を利用する方も多いのですが、国内バイナリーオプション取引業者を利用する場合には、税金面で非常に有利になっています。税率だけを見てみても、海外バイナリーオプション取引業者を利用して上げた利益は依然として「雑所得」として取り扱われるので、最大50%になります。
これ以外にも、国内業者を利用した場合には、「損益の繰り越し」「損益の相殺」という2点のメリットを生かす事ができます。
「損益の繰り越し」とは、損益を3年間繰り越し、利益分から差し引くことが出来るというものです。例えば1年前、2年前に20万円ずつ損失が発生している状況で、今年200万円の利益が出た場合、単年度だけであれば200万円に対する税金を納める必要があるのですが、損失が出た年に確定申告を行っていれば、この2年前までの損失40万円分を差し引くことができ、160万円に対して賦課される税金のみを支払えば良いことになるのです。
ここで注意して欲しいのは、損失が出た年についても忘れずに確定申告をしておく必要があることです。
自営業の方なら問題ないでしょうが、会社員の方はこの点は留意して置いた方が良いでしょう。
次に、「損益の相殺」です。これはバイナリーオプションだけでなく、為替取引(FX)や先物取引での損益を合算できるというものです。
いずれかの取引で利益を上げ、いずれかの取引で損失が出ていれば、差し引き金額がプラスの場合にプラスの金額分だけ申告分離課税が課される、という事になります。この際注意するべき点は、バイナリーオプションだけでなくFX等についても、全て国内業者を利用していなければならない点です。
海外業者を利用している場合は、「損益の相殺」を行う事ができません。以上が、バイナリーオプション取引に関連する税金や税率に関する情報のまとめとなります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる