FXがはじめての方へ

FX取引の規制について Regulation

FX取引の規制について Regulation

レートの見方-BIDとASK

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 FX取引の規制について Regulation また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 FX取引の規制について Regulation これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 FX取引の規制について Regulation 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

米国株式 ご注意事項

(2) 当社の米国株式取引は、お客さまからのご注文を、現地証券会社であるインタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers LLC)に取り次ぎます。インタラクティブ・ブローカーズでは、米国の各金融商品取引所や、ECN(電子証券取引ネットワーク)と呼ばれる一種の私設証券取引システム等から、原則として最良気配価格を提示する市場を自動的に判定して執行することから、株式が上場している市場以外に発注されることもございます。その結果、米国市場寄付前にお客さまが発注した注文が、NASDAQ市場に発注されている場合、日本時間23:25(サマータイム時は22:25)~23:30(サマータイム時は22:30)の間は、NASDAQ市場のルールにより、注文訂正および注文取消は有効となりません。したがって当該時間帯にお客さまから注文訂正または注文取消を発注された場合、23:30(サマータイム時は22:30)以降にお客さまの注文訂正または注文取消がNASDAQ市場で有効となります。そのため、当初のご注文が先に約定した場合、注文訂正または注文取消が無効となりますのでご注意ください。
注文受注後であっても、取引所・取次先等の事由により失効される場合もございます。

適用為替レートについて

買付注文時に不足金が発生する場合のご注意事項

外国株預り金に不足金が発生した場合の例
①国内約定日の11:45頃に通常の(国内株式等でご利用いただく)預り金から外国株預り金へ不足金充当のための振替が実施されます。
②通常の預り金も不足しており、国内約定日の15:00までに不足金が解消されない場合はに立替金が発生いたします。
※国内受渡日より前の立替金発生となります。

譲渡益税の徴収と還付について

「特定口座(源泉徴収あり)」をご選択され、ご売却時に譲渡益が発生した場合、当社にて円貨ベースで源泉徴収税額相当分を計算いたします。源泉徴収税額相当分はお客さまの預り金から円貨徴収(※1)いたします。
預り金に譲渡益税相当額以上の現金がない場合は立替金が発生しますのでご留意ください。(※2)立替金が発生した場合、「外国株預り金勘定」からの振替はできなくなります。
立替金発生前(国内受渡日の15:00まで)に譲渡益税相当額以上の現金を預り金へご入金いただくか、先物OP証拠金、FX証拠金、外国株預り金等から預り金へ振替いただくようお願いいたします。

通知に関するご注意事項

取引報告書交付、閲覧のタイミング

同一銘柄対当注文エラー

1) 未約定の買い注文がすでに発注されてる銘柄
未約定の買い注文がすでに発注されている銘柄において、成行の売り注文または既に発注されている買い注文の指値価格を下回る売指値注文を発注しようとした場合。

2) 未約定の売り注文がすでに発注されてる銘柄
未約定の売り注文がすでに発注されている銘柄において、成行の買い注文または既に発注されている売り注文の指値価格を上回る買指値注文を発注しようとした場合。

1) これから発注する売り注文(買い注文)の指値を、既に発注している買い注文(売り注文)の指値を上回る(安い)指値に変更することにより発注可能になります。
詳細は下記のマトリックス図をご確認ください。

取引におけるご注意事項

米国株取引における株価情報等の情報提供者(ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所またはナスダックOMX)が、利用者の利用状況の検証、確認、調査等を実施するために、当社が利用者の個人情報(利用状況の検証等のために必要な範囲に限る)を情報提供の取次先であるTradeStation Securities, Incに渡すことがあります。(TradeStation Securities, Incを通じて情報提供者に提供されます。)

禁止されている取引手法について

米国株取引において、以下の取引手法は禁止されております。該当する取引を行ったとTradeStation Securities, Inc.、もしくはマネックス証券が判断した場合、お取引を制限させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

取引手法名 取引内容
Layering/Spoofing 約定させる意思のない注文を最良気配内で発注することで第三者の注文を誘発して相場を動かし、自分に有利な値段で売買を行う行為。日本株取引における「見せ玉」に類似する行為。
Marking the close 自らの保有株の評価額を引き上げることを目的に、引け値に関与する意思を持って取引時間終了直前に取引を行い約定させる行為。日本株取引における「終値関与」に類似する行為。
Wash trade 自らの売注文と買注文を同時に発注し約定させる、権利の移転を目的としない取引。日本株取引における「仮想売買」に類似する行為。
Capping and Pegging 自らが売った個別株オプションの行使が不利となる価格(コールオプションの場合は行使価格より低い価格、プットオプションの場合は高い価格)にすることを目的にオプションの対象銘柄の売買を繰り返すこと。

※ 上記の取引手法以外にもTradeStation Securities, Inc.、もしくはマネックス証券が禁止されている取引と 判断した場合、お取引を制限させていただく場合があります。

米国株取引に関して特にご注意いただきたい事項

1. 注文の入力のしかたとご注意

  • ① 銘柄名は「シンボル」を入力
  • ② 注文数量を入力(1株単位)
  • ③ 注文種別を選択( 初期状態は、「指値」が選択されています。 )
  • ④ 指値価格を入力(「指値」、「逆指値(指値)」選択時のみ)
  • ⑤ 有効期限を選択( 初期状態では、「GTD」が選択されています。 )
  • ⑥ 有効期限の日付を選択( 初期状態では、翌日の日付が選択されています。 )

初期状態で選択されている注文条件は、注文入力時に必要に応じて修正してください。
「注文確認」画面では必ず 注文条件がお客様が指定した注文内容となっているかご確認ください。

2. 取引画面の銘柄名について

残高照会や報告書等には「銘柄名」が英語で表記されますが、上場銘柄の企業名変更・ETF名称変更等が行われている場合でも 旧名称のままとなっている銘柄があります。
取引は、シンボルに基づいて行われるため、銘柄名変更の反映有無はお客様のお取引に影響しませんが、銘柄の取り違え等にはご注意いただきますようお願い申し上げます。

ADR(米国預託証券)は、銘柄名の語尾にADSと表示していることがあります。ADSとはAmerican Depositary Shareの略であり、取引されている株式のことを指します。ADR(American Depositary Receipt)とは、それらADSの総称を言います。

3. お預り金がマイナスになるケースについて

米国株取引では、売却時に限りSEC Feeという現地取引費用がかかります。
SEC Feeは現地約定日ではなく国内約定日に外貨預り金から差し引かれるため、 売却を行った同日に売却代金を利用した場合、その翌営業日に売却代金にかかるSEC Feeが差し引かれ、お預り金(米ドル)残高がマイナスになるケースがございます 。その場合、不足相当額を外貨取引等で充当していただく必要がありますのでご注意ください。最新のSEC Feeは以下よりご確認ください。

4. GTC、GTDなどの期間指定注文ご利用時の取引余力に関するご注意

既に発注されていた買付注文の代金相当額が、 当日の取引開始時点で不足している場合は、取引は市場に発注されず「Queued」(発注待ち)ステータスとなります。
保有株式の売却や米ドルの買付によって、「Queued」(発注待ち)となっている買付注文に相当する買付可能額が発生した時点で、自動的に再発注されます。

5. 成行注文(買付)時の買付可能額に関するご注意

[ 成行注文(買付)時の買付可能額の計算方法 ]
売気配値(売気配値がない場合は最終価格) × 注文数量 + 手数料(税込)

6. 買い注文時の手数料拘束について

買い注文の場合、インテリジェントオーダーにより取引所が選択され注文が発注されますが、注文が取引所から返戻された状況により、次の取引所に注文が発注される際、手数料が拘束される場合がございます。手数料の拘束は、翌営業日の日本時間20:30(サマータイム時は19:30)にリセットされます。
また、買付可能額の上限に近いご注文の場合、注文ステータスが「Queued(発注待ち)」または「Expired(失効)」となることがございます。
お取引に際しては、余力をもってご注文いただきますようご注意ください。

7. 注文確認画面が表示される前にアラートが表示されるケースについて

取引画面の注文発注時には確認画面が表示されますが、当社サーバーとの接続に一時的に問題が生じ、確認画面が表示されずに FX取引の規制について Regulation
「アラート Failed to order build confirmation」
「アラート There was an error with your request」
等のメッセージが表示されるケースがございます。

半導体製造装置はまちまち 前日の報道を引き続き注視=米国株個別

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ FX取引の規制について Regulation OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P FX取引の規制について Regulation Global、S&P Dow FX取引の規制について Regulation Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 FX取引の規制について Regulation 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

海外FX会社:2022年おすすめの海外FX口座を比較。

詳細についてはスクロールしてください

FX取引とは

FX取引の仕組み

FX取引は日本で合法?

海外FX会社とは

海外FX会社を利用するメリット

  • 海外FX会社の最大の魅力は、1000:1以上のレバレッジを提供していることです。つまり、資本が少なくても、非常に高額の取引を行うことができます。対照的に、金融庁によって認可されたブローカーは、マージンの25倍のレバレッジ制限を設定しています。
  • 海外FX会社は「ゼロカット」システムを適用することができます。これにより、トレーダーは、オファーのレバレッジが高いにもかかわらず、マージンを超えて損失を出すことはありません。対照的に、日本の国内FX会社は、ゼロカットシステムを提供していません。これは、価格の急激な変動によりストップロスシステムが作動しない可能性がある、市場のボラティリティが大きい期間中に特に重要になることがあります。
  • 海外FX会社は、国内FX会社よりも気前の良いボーナスの仕組みを提供することがあります。

海外FX会社を利用するデメリット

  • 免許のない海外FX会社に日本語のウェブサイトがあっても、スタッフが日本語を話せない場合があります。したがって、サイトの使い方やブローカーが提供するサービスについて質問がある場合に、あまりサポートを受けられない可能性があります。
  • サービスについて苦情があった場合、または不当な扱いを受けたと思われる場合、救済措置が制限されます。さらには、詐欺行為で損失を被った場合、金融庁はトレーダーを助けることができません。
  • 海外FX会社を利用する場合でも、日本で確定申告と納税を行う必要があります。実際に、国内で認可されたブローカーを使用する場合よりも、支払う税金がかなり高くなる可能性があります。
  • 出金に関するブローカーのルールは理解しづらいかもしれません。たとえば、出金は入金後30日間経過してからでなければできないという規則がある場合があります。さらに、出金に関する規則は頻繁に変更される可能性があります。
  • 入金は国外の銀行で行われるため、出金の際に追加料金がかかる場合があります。
  • スプレッドと取引の全体的なコストは、金融庁免許のあるブローカーを使用する場合よりも高くなる可能性があります。たとえば、ある大手国内FX会社は、USD/JPYペアで1000米ドルあたり0.2円の固定スプレッドを提供していますが、海外FX会社が提供するスプレッドは、その10倍にもなる可能性があります。
  • 免許のない海外FX会社は、国内FX会社が提供する教育プログラムを提供していないことがあり、初心者には不向きな場合があります。
  • さらに、レバレッジで取引することで利益を大幅に増やすことができますが、損失を拡大する可能性もあるため、正しい使い方がわからない場合は非常にリスクが高くなります。

FX取引と株取引の違い

  • FX取引の通貨はペアで取引されますが、株取引の株式は現金で購入される現物株式となります。
  • FX市場は、すべての取引と参加者が秘匿されている、取引が分散化された市場です。一方、株式市場では取引が集中化され、売り手と買い手の公的記録は保管されています。
  • FX取引は参入コストが低いと言われています。株取引では、一定の利益をあげるために多額の資金が必要になるため、一般の投資家には少し手を出し辛いかもしれません。

FX取引は、トレーダーが取引されている資産の所有権を取得することはありません。CFDのFX取引では、トレーダーは取引に関わる資産の将来価値を予測し取引を行うため、現物の売買は発生しません。

レバレッジとは

これには2つの効果があります。FX取引への参入コストが低いままであるということと、利益または損失が最大化されることです。トレーダーは、取引全額の損失に責任を負います。

FX初心者の学習方法

英語がわからなくても口座を開設できますか?

FX戦略の選び方

FX取引を始めるのに必要な資金

FX取引のリスク

リスク1:FX相場は、ときに非常に変動が激しくなります。この変動が激しいタイミングを上手く利用することで資産を増やすことも可能ですが、一方で短期間で損失を被る可能性もあります。取引を行っている場合は、常に取引を監視している必要があります。

リスク2:FXマーケットには変動の要素があまりにも多く存在し、予測はほぼ不可能です。トレーダーは損失を最小限に抑えるために、利益と損益の目標比率を設定する必要があります。

リスク3: CFD取引にはレバレッジを使う必要があります。レバレッジは取引で利益を増幅するためのツールですが、取引口座から自動的に引き落とされてしまう損失も増幅します。口座残高は、1回の取引で消滅する可能性があります。

リスク4:取引の利息を請求される場合があります。たとえば、トムネ調整が適用されている取引を翌日に持ち越す場合、利息を請求される場合があります。これは、FX会社がこの手数料を支払うために口座から資金を差し引くことを意味します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる