株初心者必見

外国株式のリスクと費用について

外国株式のリスクと費用について
コラム

ETFとは何か 投資信託との違いや配当、手数料等コストについてわかりやすく解説

【QUICK Money World 辰巳 華世】株式市場で日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)といった指数そのものを買いたいと思ったことはありませんか?一つずつ採用銘柄を購入すれば現実的には可能ですが、莫大な資金が必要です。でも、上場投資信託(ETF)を購入すれば、株式市場で指数の採用銘柄を全て買ったのとほぼ同じ投資効果を得ることができます。今回はそんな便利なETFの基本的な説明、投資信託や株式との違い、ETFの仕組み、メリット・デメリット、長期投資に向いているかどうかについて分かりやすく解説します。

ETFとは

ETFとは「Exchange Traded Fund」の略称で、証券取引所に 上場している投資信託 外国株式のリスクと費用について のことです。日経平均株価やTOPIX、東証REIT(不動産投資信託)指数、米S&P500種株価指数などの 株価指数と連動を目指す 投資信託 になります。

例えば、日経平均株価と連動するETFは、日経平均株価とほぼ同じ動きをするように運用されます。なので、このETFを買うことは、 日経平均採用銘柄をすべて買っているのとほぼ同じ効果 があります。

ETFは上場しているので、証券会社を通じて取引をします。一般的な投資信託であれば銀行などからも購入することができますが、ETFは個別株式と同じように 証券会社でのみ取引が可能 です。ETFは株式と同じように リアルタイムで売買できる投資信託 です。ETFの連動対象となる資産の種類には、国内株式、外国株式、国内債券、海外債券、REITなどがあります。

ETFと投資信託や株とどう違うの?

ETFと投資信託の違い

ETFと投資信託は似ている部分もありますが、違う部分も多々あります。大きな括りでは、ETFは、投資信託に分類されます。両者の似ているところは、1つの銘柄ではなく、 いろいろな銘柄をまとめて一つの金融商品としている 点です。投資信託もETFも、日経平均株価など株価指数と連動した運用を目指す商品があります。分配金も出るものがあります。

ETFと投資信託との決定的な違いは 上場しているか どうかです。

先程説明したようにETFは上場しています。そのため、ETFは 外国株式のリスクと費用について リアルタイムで価格が動き、証券取引所の取引時間内のみ取引することができます 。一方、投資信託は、 価格(基準価額)の変動が1日1回 になります。

ETFと株との違い

ETFは株式と同じように上場しているので、株式と同じように売買できます。株式投資は 特定の企業 に投資をしますが、ETFは日経平均株価に連動させるなど、 外国株式のリスクと費用について 複数の銘柄を取りまとめた商品 になります。そのため、個別銘柄の投資より分散投資になり、リスクが軽減できます。

ETFの仕組み

ETFは株式同様リアルタイムに売買ができます。証券取引所に上場する株式の価格を決めるのは売り手と買い手の需給です。ETFも上場しているので基本的には需給で価格が決まります。しかし、ETFの場合、 ETFの需給だけで価格が決まってしまうと問題が起こることがあります

例えば、日経平均株価に連動するETFで考えてみましょう。日経平均株価があまり動かない時に、そのETFを売りたい人が多くて売られすぎてしまうと、ETFの価格が下落し、日経平均株価に連動するはずのETFが連動しなくなってしまいます。こういったことが起こらないようにETFには、 株式と異なる仕組み があります。

ETFには、2つの市場があります。一つは、「 流通市場 」と呼ばれる一般の投資家が売買する市場です。証券会社に注文を出し、証券会社がその注文を取引所へ取り次ぎます。いわゆる一般的な株式を取引する市場と同じです。

もう一つが「 発行市場 」と呼ばれる裏の市場です。この市場の参加者は、指定参加者と呼ばれる証券会社、ETFを運用する運用会社、ETFの資産の保管管理をする信託銀行です。

先程お話した様に、日経平均株価はあまり動いていないのに、そのETFを売りたい人が多くて、ETFの需給でETFの価格が下落してしまう。こういったことが起こらない様に 発行市場では、需給の調整 が行われています。

指定参加者の証券会社が、その時に応じて売り手や買い手側になり流通市場で適切な価格で取引ができるよう、ETFや現物株の需給を調整します。その際、運用会社は新たなETFの設定や、逆にETFの交換・解約などをします。たとえば、売りが多いときはETFの買い手に回り、ETFを解約して受け取った現物株を市場で売却したり、逆に買いが多い場合は現物株を買ってETFを新規に設定し、ETFの売り手に回ったりします。こうした取引を 裁定取引 と呼びます。

ETFの配当・分配金はどうなる?

ETFは投資信託と同様、 分配金があります 。ETFは税法に基づき、決算期間中に発生した利子や配当といった収益から、信託報酬等の費用を差し引いた全額を分配することになっています。もっとも金や原油先物など、配当や利息が発生しない指標を対象としているETFの場合は、 分配金がない ことがあります。

ETFのメリット

ETFにはたくさんのメリットがあります。ETFを買うことは、分散投資になるので リスク軽減 に繋がります。また、値動きが分かりやすいです。日経平均株価やTOPIXなどに連動するETFであれば、その株価指数と同じような値動きをします。日経平均株価やTOPIXなどの代表的な株価指数をチェックすることで、保有しているETFの 値動きが予測できる ことになります。

運用コストが投資信託に比べて低く、長期投資に適している 点も魅力です。ETFは売買手数料と保有にかかる信託報酬がコストとしてかかりますが、売買手数料も信託報酬も、一般的な投資信託と比較すると安くなります。なお、ETFの売買手数料については、株式と同じ取り扱いになります。

ETFのデメリット

一方、ETFにはデメリットもあります。長期投資に適してはいるものの投資信託に比べると、 自動積立サービスや積立NISAを利用できる機会・対象商品が少ない です。証券会社によってはETFの自動積立サービスがない証券会社もあり、積立NISA対象のETFも少数となっています。投資する場合は、自分でその都度購入する必要があるので、 売買手数料がその度にかかる などが難点です。

また、ETFは上場しているので、上場廃止の基準に従い、 上場廃止となるリスク もあります。上場廃止は頻繁にあるわけではありませんが、可能性はゼロではないことを知っておく必要があります。

ETFの中には複雑な商品性のものがあり、思いがけない値動きをすることも覚えておきましょう。ETFと類似の商品であるETN(上場投資証券)では過去、 「恐怖指数」と呼ばれるVIX指数 と逆の値動きをする商品で、 たった1日のうちに価値の9割が消失する事態が発生 しました。

ETFは長期投資にも向いている?

ETFは、株式の側面と投資信託の側面を併せ持った金融商品といえます。安定した運用ができ、且つ、リアルタイムで値動きをするため、 短期投資・長期投資のどちらにも活用ができます 。加えて、信託報酬が安いので経費率が低くなるので 長期の保有に適しています 。ただし、原油先物やボラティリティ指数先物などを対象にした先物型ETFは理論上、長期保有に向かない(長期で右肩上がりが見込みにくい)商品設計であることには注意してください。

※QUICK Money Worldは金融市場の関係者が読んでいるニュースが充実。マーケット情報はもちろん、金融政策、経済を情報を幅広く掲載しています。会員登録して、プロが見ているニュースをあなたも!

世界市場見通し:企業業績を巡る不透明感を背景に株式はやや弱気の見通しを維持

マザーファンド受益証券への投資を通じて、実質的に、複数のインカムアセット(世界の高配当株式、債券等)に投資し、市場環境に合わせて機動的に資産配分の調整を行う投資信託証券、および海外の債券等に投資する投資信託証券への投資を行います。 外国株式のリスクと費用について
Aコース(為替ヘッジなし)の実質外貨建て資産については、為替ヘッジは行いません。
Bコース(為替ヘッジあり)の実質外貨建て資産については、原則として、為替ヘッジにより米ドルと円との間の為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。
運用はファミリーファンド方式で行います。マザーファンドの運用にあたっては、ファンド・オブ・ファンズ形式で行います。

シュローダー厳選グロース・ジャパン

  • 中長期で高い利益成長を実現できると期待される日本企業の株式に投資します。
  • 競争優位性と長期成長ドライバーに着目した独自の銘柄選択基準により、特徴あるグロース企業を30~40銘柄程度厳選し、集中的に投資します。
  • 経験豊富なシュローダー・グループの日本株式チームが運用します。

シュローダーグローバル市場見通しバックナンバー

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

投資信託取引に関する重要事項

【本資料に関するご留意事項】

本資料は、情報提供を目的としてシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が作成した資料であり、いかなる有価証券の売買の申込み、その他勧誘を意図するものではありません。本資料に示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により 投資価値が変動します。本資料中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本資料は、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。
本資料を弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。
シュローダー/Schrodersとは、シュローダーplcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

当サイトは、株式会社新生銀行が同行の金融商品仲介をご利用のお客様へ勧誘する際に使用されることがあります。
株式会社新生銀行 登録金融機関:関東財務局長(登金)第10号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

【投資信託リスクの種類】リスク分散方法やリターンとの関係を解説!

【投資信託リスクの種類】リスク分散方法やリターンとの関係を解説!

コラム

投資信託のリスクとリターンの関係

投資信託を含むあらゆる金融商品にはリスクとリターンがあり、リスクが大きくなるほど高いリターン(収益)が期待できます。

その点、投資信託はミドルリスク・ミドルリターンの金融商品であり、リスクとリターンのバランスが取れていることが特徴です。

投資信託のリスクの種類

投資信託のリスクの種類

価格変動リスク

投資信託には株式や債券などが組み込まれており、それらの価格は常に変動を続けます。組み込まれている金融商品の価格が変わると、投資信託の価格も同じように変動します。

為替変動リスク

外国株式や外国債券などの外貨建て資産を組み込んでいる投資信託は、外国為替相場の変動によって円換算での資産価値が変動するリスクがあります。例えば、円高になった場合は円換算での資産価値が下がる要因になり、投資信託の資産価値が低下します。

金利変動リスク

国債などの国内債券や外国債券を組み込んでいる投資信託は、金利変動リスクがあり、金利が変動すると投資信託の資産価値も変動します。一般的に、金利が上昇すると債券価格は下がり、金利が下落すると債券価格は上昇します。

そのため、債券を多めに組み込んでいる投資信託は金利変動リスクが高く、利上げの金融政策が行われると投資信託の価格は下がります。また、満期までの期間が長い投資信託は金利変動の影響を受けやすく、金利の上昇が続くと投資信託の資産価値は低下します。

信用リスク(デフォルトリスク)

企業が発行する株式は信用リスクがあり、企業の業績や財務状況が悪化すると株価は下落します。債券も発行国の財政状態によってはデフォルト(債務不履行)を起こすリスクがあり、デフォルトを起こすと債券価格は暴落します。

流動性リスク

一方で新興国の株式や債券は、市場規模や取引量が少ないため流動性リスクは高く、売りたいときに売れない場合があります。特に下落局面でなかなか売却できないと大きな損失を被り、元本割れを起こすこともあるでしょう。

カントリーリスク

投資対象国の政治や経済などの情勢は、株式や債券の価格形成に大きな影響を与えます。政情が不安定な国はカントリーリスクが高く、政変やクーデターが起こると株式や債券の価格は暴落します。

投資信託のリスク分散(リスクヘッジ)方法|かかる費用を抑えるには?

投資信託のリスク分散(リスクヘッジ)方法|かかる費用を抑えるには?

分散投資をする

資産の分散

投資をする際は、値動きが異なる複数の金融資産に分散して投資することが大切です。資産を分散して投資をすると、ある金融商品が値下がりをしても他の金融商品の値上がりで穴埋めができ、損失を最小限に抑えられます。

時間の分散

株式や債券、不動産などの金融資産の価格は常に変動しており、時間を分散して投資をすることでリスクヘッジが図れます。ある特定の時期に全額を投資するのではなく、何回かに分けて投資をすることでリスクが軽減します。

ノーロードの商品を購入する

投資信託を購入する際には、通常は販売手数料がかかりますが、販売手数料が無料の「ノーロード投資信託」があります。ノーロード投資信託は投資コストの軽減につながるため、投資家にとってはメリットが大きいです。

投資信託のリスクが怖くて運用を迷っている方は?

そんな方は、ぜひヘッジファンドダイレクトにご相談ください。ヘッジファンドダイレクトでは、お客様が期待リターンやリスクなどの商品の特徴を理解できるよう丁寧にサポートしているので、納得できる資産運用が可能になります。

テーパリングとは?仕組みと株価と債券への影響について詳しく解説

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

SPCとは?仕組みとメリット・デメリットについて解説

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

アルケゴスキャピタルとファミリーオフィス規制

ファミリーオフィスのアルケゴスキャピタルが、過大なレバレッジの巻き戻しを行い市場が動揺しています。 アルケゴスキャピタルによる市場の動揺 事の発端は26日ゴールドマンサックスが行った1.1兆円にも及ぶブロック取引でした。バイ.

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

資産運用相談はどこでできる?銀行や証券、ファイナンシャルプランナーなどおすすめの相談先は?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

2021年12月の投資信託の資金流出入ランキングと注目ファンドを解説

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

レイ・ダリオが予測する米中戦争

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドダイレクト

本サイトは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。本資料作成においては万全の注意を払っておりますが、本資料に含まれる情報の正確性、更新性に関しては弊社は一切保証していません。また、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。【著作権に関するお願い】当社およびその関係会社が当社Webサイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物および当DVDは、著作権法、およびその他の法律により保護されています。当社の文書での許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・上映等により利用することは、その目的が営利か非営利か、その手段が電子的か否か、またメディアの如何を問わず禁止します。「引用」を行う場合には、必ず出典ページへのリンクを併用してください。当サイトへのリンクは自由です。著作権に関する詳しい情報は、公益社団法人 著作権情報センター著作権相談室までご確認ください。

世界市場見通し:企業業績を巡る不透明感を背景に株式はやや弱気の見通しを維持

マザーファンド受益証券への投資を通じて、実質的に、複数のインカムアセット(世界の高配当株式、債券等)に投資し、市場環境に合わせて機動的に資産配分の調整を行う投資信託証券、および海外の債券等に投資する投資信託証券への投資を行います。
Aコース(為替ヘッジなし)の実質外貨建て資産については、為替ヘッジは行いません。
Bコース(為替ヘッジあり)の実質外貨建て資産については、原則として、為替ヘッジにより米ドルと円との間の為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。
運用はファミリーファンド方式で行います。マザーファンドの運用にあたっては、ファンド・オブ・ファンズ形式で行います。

シュローダー厳選グロース・ジャパン

  • 中長期で高い利益成長を実現できると期待される日本企業の株式に投資します。
  • 競争優位性と長期成長ドライバーに着目した独自の銘柄選択基準により、特徴あるグロース企業を30~40銘柄程度厳選し、集中的に投資します。
  • 外国株式のリスクと費用について
  • 経験豊富なシュローダー・グループの日本株式チームが運用します。

シュローダーグローバル市場見通しバックナンバー

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

投資信託取引に関する重要事項

【本資料に関するご留意事項】

本資料は、情報提供を目的としてシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が作成した資料であり、いかなる有価証券の売買の申込み、その他勧誘を意図するものではありません。本資料に示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により 投資価値が変動します。本資料中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本資料は、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。
本資料を弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。
シュローダー/Schrodersとは、シュローダーplcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

当サイトは、株式会社新生銀行が同行の金融商品仲介をご利用のお客様へ勧誘する際に使用されることがあります。
株式会社新生銀行 登録金融機関:関東財務局長(登金)第10号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

サムスンの第2四半期決算は半導体セクターの下落に歯止めをかけられるか

PG

サマリー: 半導体株は好調から一気に下落しました。金利上昇により株価バリュエーションが低下し、半導体株は当社のテーマ分類別でワースト5位となっています。そうしたなか、サムスンは今朝の第2四半期決算で、事態は恐れていたほど悪くはないとはいえ、見通しは暗雲と大きな不確実性に覆われていることを示しました。半導体が改善すれば、その分、状況は悪化するようにみえます。しかし当社は、半導体については、デジタル化の進展を背景に長期的に非常に強気の見方を維持しています。

非常に厳しい一年

取扱商品・手数料
取引ツール
取引サポート
口座開設・サクソバンクについて

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる