外国 為替 取引 と は

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは
ざっくりテクニカル分析

ボリンジャーバンドとは <初心者向け記事>

初心者ファイル

暗号資産初心者向けの記事です。本記事では ボリンジャーバンド についてわかりやすく解説していきます。

はてなマークの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

そんな時に投資家の味方になってくれるのが テクニカル分析です。今日はその1つである ボリンジャーバンド についてご紹介していきたいと思います。

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドのEA(自動売買)プログラムをMT4に設定する方法 | OANDA FX/CFD Lab-education(オアンダ ラボ)

ボリンジャーバンドの仕組み

⭐ギアの仕組み」FJ CRAFTのブログ | FJ CRAFTのページ - みんカラ

  1. Middle band : 移動平均線
  2. Upper band : 移動平均線と2つの標準偏差を足したもの。upper bandとlower band が相場の変動に応じて伸縮可能。
  3. Lower band : は移動平均線から2つの標準偏差を引いた値

ボリンジャーバンドのパターン

暗号資産(仮想通貨)をなるべく危険・リスクなく使うには?始める前に知りたい、リスクヘッジについて紹介 | ビットコイン・暗号資産 (仮想通貨)ならGMOコイン

ボリンジャーバンドの注意点

caution

最後にこの ボリンジャーバンドの注意点 について解説していきたいと思います。

またボリンジャーバンドは優秀なテクニカル分析となっていますが、トレードに活用する場合には 信用しすぎてしまうと相場での負けが続いてしまうことがあるため注意が必要です 。活用の前にロウソク足の心理や相場における大衆心理を理解することの方が先決事項ということを念頭において使用していきましょう。

ボリンジャーバンドとは <初心者向け記事>

初心者ファイル

暗号資産初心者向けの記事です。本記事では ボリンジャーバンド についてわかりやすく解説していきます。

はてなマークの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

そんな時に投資家の味方になってくれるのが ボリンジャーバンドとは テクニカル分析です。今日はその1つである ボリンジャーバンド についてご紹介していきたいと思います。

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドのEA(自動売買)プログラムをMT4に設定する方法 | OANDA FX/CFD Lab-education(オアンダ ラボ)

ボリンジャーバンドの仕組み

⭐ギアの仕組み」FJ CRAFTのブログ | FJ CRAFTのページ - みんカラ

  1. Middle band : 移動平均線
  2. Upper band : 移動平均線と2つの標準偏差を足したもの。upper bandとlower band が相場の変動に応じて伸縮可能。
  3. Lower band : は移動平均線から2つの標準偏差を引いた値

ボリンジャーバンドのパターン

暗号資産(仮想通貨)をなるべく危険・リスクなく使うには?始める前に知りたい、リスクヘッジについて紹介 | ビットコイン・暗号資産 (仮想通貨)ならGMOコイン

ボリンジャーバンドの注意点

caution

最後にこの ボリンジャーバンドの注意点 について解説していきたいと思います。

またボリンジャーバンドは優秀なテクニカル分析となっていますが、トレードに活用する場合には 信用しすぎてしまうと相場での負けが続いてしまうことがあるため注意が必要です 。活用の前にロウソク足の心理や相場における大衆心理を理解することの方が先決事項ということを念頭において使用していきましょう。

ボリンジャーバンド【ざっくり解説】

ざっくりテクニカル分析

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの概要

ボリンジャーバンド とは、 移動平均線 ボリンジャーバンドとは (25日移動平均線を用いるのが有名です) に、統計学の標準偏差と正規分布の考え方を盛り込み 、 移動平均線を中心にしてその上下に乖離させたバンド(幅)を表示し、「チャートの大半がこのバンド(幅)に収まること」を利用してチャートの動きを予測するもの です。アメリカのジョン・ボリンジャー氏が考案しました。

ボリンジャーバンドの戦略

A.逆張り手法

基本的な用い方としては、チャートが レンジ相場 に入っており、一定の幅を上に行ったり来たりしている場合、例えば、勢いがつきすぎて「+2σ」のラインぎりぎりに来ているのであれば、それは「買われすぎ」ですので、やがて中心の移動平均線まで下がります。

よって、それを想定して、 そのラインのところで、移動平均線を目安に逆の「売り」を仕掛ける といった感じに用いられます。もちろん、「-2σ」の場合はその逆です。「+2σ」や「+1σ」を「 上値抵抗線 」として、また、「-2σ」や「-1σ」を「 下値支持線 」として使用しているともいえますね。

B.順張り手法(ボラティリティ・ブレイクアウト)

➀スクイーズ(Squeeze)

ボリンジャーバンドは、相場の動きが少ないときはバンド幅が狭まり、相場の動きが激しいときにはバンドの幅が広がるのでした。 レンジ相場が続くとバンド幅が狭まります (収束する、 スクイーズ する)。これは 次にトレンドが発生する予兆となる可能性 を持っています(当然、発生しないこともある)。

②エクスパンション(Expansion)

スクイーズのあと、チャートが上で「+2σ」のラインを越えたり、チャートが下で「-2σ」のラインを越えた場合、バンドが一気に拡大します( エクスパンション )。このとき、その仕組み上、当然、移動平均線の角度は「 急 」になってきます。

この「±2σ」を越えるということは、確率的に少ないことが起きる、すなわち、 それほど強い「トレンド」が発生した と考えることができます。

③バンドウォーク(Band walk)

移動平均線の角度が「 急 」になっているということは、その方向にトレンドが発生していることを意味します。ここでは、仮に上方向にエクスパンションが生じたとします。すると チャートはそのトレンドの方向に向かって、(1)移動平均線から「+2σ」ラインまでの間、(2)「+2σ」ラインから「+1σライン」までの間の中で移動し、チャートが上昇していくことがあります (下方向にエクスパンションした場合はその逆となります)。

この動きのことを「 バンドウォーク 」といいます。バンドウォークしている間はトレンドが継続していると考えてよいと思います。

ボラティリティ・ブレイクアウトの戦略

このようにボラティリティ・ブレイクアウトの戦略としては、 スクイーズしたのを確認した後 、 エクスパンションが起きた場所 で その方向のトレンドに従っていく (トレンドフォローする)というものになります。例えば、上にエクスパンションした(「+2σ」ラインを越えた)のであれば、その場所で「買い」を入れ、そのトレンドが終わるまでそのトレンドに従って利益を伸ばしていくことになります。一つの目安としては、再度、移動平均線(中心線)にタッチした場所や、再度スクイーズ下場所などが挙げられます。

ボリンジャーバンドとは

公開日 : 2019年2月19日 / 更新日 : 2020年4月13日

15 STEPでマスター

信頼度:
難易度:

ボリンジャーバンドとは

・緑の線(±1σ)の間に収まる確率が68.4%
・オレンジの線(±2σ)の間に収まる確率が95.4%
・水色の線(±3σ)に収まる確率が97.4%

ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドの向きで判断

ボリンジャーバンドの幅で判断

証券口座ランキング

条件から証券会社を探す

ボリンジャーバンドとは おすすめ記事

〇〇円から株を始める

ボリンジャーバンド【ざっくり解説】

ざっくりテクニカル分析

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの概要

ボリンジャーバンド とは、 移動平均線 (25日移動平均線を用いるのが有名です) に、統計学の標準偏差と正規分布の考え方を盛り込み 、 移動平均線を中心にしてその上下に乖離させたバンド(幅)を表示し、「チャートの大半がこのバンド(幅)に収まること」を利用してチャートの動きを予測するもの です。アメリカのジョン・ボリンジャー氏が考案しました。

ボリンジャーバンドの戦略

A.逆張り手法

基本的な用い方としては、チャートが レンジ相場 に入っており、一定の幅を上に行ったり来たりしている場合、例えば、勢いがつきすぎて「+2σ」のラインぎりぎりに来ているのであれば、それは「買われすぎ」ですので、やがて中心の移動平均線まで下がります。

よって、それを想定して、 そのラインのところで、移動平均線を目安に逆の「売り」を仕掛ける といった感じに用いられます。もちろん、「-2σ」の場合はその逆です。「+2σ」や「+1σ」を「 上値抵抗線 」として、また、「-2σ」や「-1σ」を「 下値支持線 」として使用しているともいえますね。

B.順張り手法(ボラティリティ・ブレイクアウト)

➀スクイーズ(Squeeze)

ボリンジャーバンドは、相場の動きが少ないときはバンド幅が狭まり、相場の動きが激しいときにはバンドの幅が広がるのでした。 レンジ相場が続くとバンド幅が狭まります (収束する、 スクイーズ する)。これは ボリンジャーバンドとは 次にトレンドが発生する予兆となる可能性 を持っています(当然、発生しないこともある)。

②エクスパンション(Expansion)

スクイーズのあと、チャートが上で「+2σ」のラインを越えたり、チャートが下で「-2σ」のラインを越えた場合、バンドが一気に拡大します( エクスパンション )。このとき、その仕組み上、当然、移動平均線の角度は「 急 」になってきます。

この「±2σ」を越えるということは、確率的に少ないことが起きる、すなわち、 それほど強い「トレンド」が発生した と考えることができます。

③バンドウォーク(Band walk)

移動平均線の角度が「 急 」になっているということは、その方向にトレンドが発生していることを意味します。ここでは、仮に上方向にエクスパンションが生じたとします。すると チャートはそのトレンドの方向に向かって、(1)移動平均線から「+2σ」ラインまでの間、(2)「+2σ」ラインから「+1σライン」までの間の中で移動し、チャートが上昇していくことがあります (下方向にエクスパンションした場合はその逆となります)。

この動きのことを「 バンドウォーク 」といいます。バンドウォークしている間はトレンドが継続していると考えてよいと思います。

ボラティリティ・ブレイクアウトの戦略

このようにボラティリティ・ブレイクアウトの戦略としては、 スクイーズしたのを確認した後 、 エクスパンションが起きた場所 で その方向のトレンドに従っていく (トレンドフォローする)というものになります。例えば、上にエクスパンションした(「+2σ」ラインを越えた)のであれば、その場所で「買い」を入れ、そのトレンドが終わるまでそのトレンドに従って利益を伸ばしていくことになります。一つの目安としては、再度、移動平均線(中心線)にタッチした場所や、再度スクイーズ下場所などが挙げられます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる