FXチャート実践帳

RSIとストキャスティクス

RSIとストキャスティクス

50日単純移動平均線と200日単純移動平均線を表示させています。

軟調な日米株式市場の今後は?テクニカル分析目線で予測【2022年6月】


上記はS&P500指数の月足チャートです。

日経平均株価(月足)

続いて日経平均株価をチェックします。

日経平均株価ではRSIは50以上の水準で維持しており、ストキャスティクスも一度売られ過ぎの水準に到達してから、再度反発してきているという状態です。

S&P500(週足)


週足のRSIは売られ過ぎの水準にまでは到達していませんが、ある程度調整が進んでいる状況です。もう少し下落したタイミングがいい押し目となりそうなため、調整する余地はまだあると言えるでしょう。

日経平均株価(週足)

次に日経平均株価の週足チャートです。

日経平均株価の週足を見るとRSIも横ばいとなっており、ストキャスティクスも中心あたりで推移しているため、オシレーターを見る限りは買いの水準かどうかを判断するのは難しい位置です。

S&P500(日足)


50日単純移動平均線と200日単純移動平均線を表示させています。

日経平均株価(日足)


次に日本株ですが、S&P500指数と同様にデッドクロスはしているものの、下落圧力は米国と比較して強い動きにはなっていません。元々日本株自体の上昇幅が米国と比較して弱かったという面もあり、上昇幅が元々小さかった分、下落幅も小さいという考え方もできるでしょう。

ストキャスティクスとRSIを知って売買のタイミングを見つけよう!

money

ストキャスティクスのイメージ図1

ストキャスティクスのイメージ図 RSIとストキャスティクス

ストキャスティクスのイメージ図2


ストキャスティクスは
%K
%D
Slow%D
という3つの線で構成されております。

それぞれの細かい計算方法は割愛しますが、
%Kは直近の値動きに対して計算され、
%Dは基本的には3日間の値を基に計算されます。
Slow%Dは%Dの値を%Kと見立て、%Kと%Dの計算を
%DとSlow%Dにてもとめます。

ややこしいので簡単に言ってしまうと、値自体の細かさは
%K<%D<%Slow%D
となり、細かくなる程計算対象の幅は広くより正確性が高いと言えます。

ストキャスティクスのイメージ図3

それでは、ストキャスティクスの基本的な見方を確認していきましょう。
下図の赤まるで囲ってある部分をご覧ください

0~100の数字が表示されております。
こちらは%を付けて呼んで頂ければと思います。

基本的には、ストキャスクの値が
20%以下だと売られ過ぎ
80%以上だと買われ過ぎ
と判断します。

また、もう1つの見方として、
%DがSlow%Dを上抜け(ゴールデンクロス)したら「買いサイン」
%DがSlow%Dを下抜け(デッドクロス)したら「買いサイン」
という、ゴールデンクロスとデッドクロスのサインもありますので、そちらも合わせて確認しましょう。

RSIも「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断するのに有効な、
メジャーなオシレーター系の指標の1つです。

RSIは設定値の期間において、上昇した値幅がどれくらいあるのか?を計算しています。
設定された期間の間に上昇した期間と下落した期間の比率が5:5だった場合は、その比率がそのまま
RSIの値となりますので、RSIの値は50%となります。

ですので、例えばレートが
上昇した期間:下落した期間の
8:2であればRSIは80%、
2:8であればRSIは20%となります。
つまり、レートが上昇した期間が多いとRSIの値は上昇し、下落した期間が多いとRSIの値は下がります。

ストキャスティクスのイメージ図4


RSIは1本もしくは3本の線で構成されております。
設定値(対象とする期間)は好きに設定でき、3本の場合はそれぞれが違う設定値で構成されます。

RSIの基本的な見方として、
RSIの値が25~20%以下になり、そこから転換した時が「買いサイン
RSIの値が70~80%を超えて、そこから転換した時が「売りサイン」となります。

軟調な日米株式市場の今後は?テクニカル分析目線で予測【2022年6月】

RSIとストキャスティクス
上記はS&P500指数の月足チャートです。

日経平均株価(月足)

続いて日経平均株価をチェックします。

日経平均株価ではRSIは50以上の水準で維持しており、ストキャスティクスも一度売られ過ぎの水準に到達してから、再度反発してきているという状態です。

S&P500(週足)


週足のRSIは売られ過ぎの水準にまでは到達していませんが、ある程度調整が進んでいる状況です。もう少し下落したタイミングがいい押し目となりそうなため、調整する余地はまだあると言えるでしょう。

日経平均株価(週足)

次に日経平均株価の週足チャートです。

日経平均株価の週足を見るとRSIも横ばいとなっており、ストキャスティクスも中心あたりで推移しているため、オシレーターを見る限りは買いの水準かどうかを判断するのは難しい位置です。

S&P500(日足)


50日単純移動平均線と200日単純移動平均線を表示させています。

日経平均株価(日足)


次に日本株ですが、S&P500指数と同様にデッドクロスはしているものの、下落圧力は米国と比較して強い動きにはなっていません。元々日本株自体の上昇幅が米国と比較して弱かったという面もあり、上昇幅が元々小さかった分、下落幅も小さいという考え方もできるでしょう。

海外バイナリーオプション攻略検証サイト、ロゴ

ストキャスティクス-%Kの計算式の画像

%Dの計算式

記号の意味
H3=(C-L9)の3日間の合計
L3=(H9-L9)の3日間の合計

ストキャスティクス-%Dの計算式の画像

ストキャスティクスの見方を覚えよう

ストキャスティクスの%部分の拡大画像

ストキャスティクスは80%以上20%以下で判断

ストキャスティクスとRSIを一緒に表示させた画像

ストキャスティクスを使った買い時タイミング

80%と20%のラインを超えたときに逆張りを狙えばいいんじゃないの?

ストキャスティクス-80%と20%超えた画像

エリア内でのクロスを狙う!

ストキャスティクス-%Kと%Dがクロスしている画像

●80%以上のエリア %Kが%Dを上から下へクロスしたら「下がる」と予想 ●20%以下のエリア %Kが%Dを下から上へクロスしたら「上がる」と予想

ストキャスティクスで実際に取引してみた!

当サイトで検証した攻略法を使って稼げている業者ランキング

1位:ハイローオーストラリア

ペイアウト2.3倍(払い出し2.3倍)のスプレッド取引が大人気! 短期取引で大きく稼ぐ事が可能です!
おすすめの理由は高ペイアウト率ももちろんですが、翌日出金が可能な点と 5,000円から始められる 点、 初回入金で5,000円のボーナスを貰える 点も人気の秘訣。
当サイトでも実際に検証し、1番利益を出せているおすすめの業者です。

2位:ザオプション

3位:ゼン・トレーダー

4位:ファイブスターズマーケッツ

当サイトおすすめの勝率が高い攻略法

【動画あり】勝率70%以上!ハイローで安定して利益を出す「RSIの線に触れるだけ」必勝法。

高ペイアウト!ハイローオーストラリアの30秒ターボ取引攻略法を紹介。

複数の条件が重なった時にのみ取引すればハイロー5分取引は完全攻略できる。

バイナリーを始めるのにおすすめ業者

バイナリー業者一覧/利益ランキング

勝率: 82.3%
利益: +5,098,950円

勝率: 79.9%
利益: +1,418,371円

勝率: 73.33%
利益: +89,540円

勝率: 70.2%
利益: +1,353,873円

海外FX業者一覧

勝率70%以上!オススメ攻略記事

期間限定!お得なキャンペーン情報

気になる情報を今すぐチェック

目次-クリックで飛べます-

海外バイナリーオプション攻略検証サイト、ロゴ

サイト情報

コンテンツ

攻略検証体験談

経済情報サイト

金融ライセンス発行機関

当サイトに掲載しているバイナリーオプション業者一覧

theoption

このサイトでは海外バイナリーオプションを中心に体験・攻略・必勝法を初心者にわかりやすくをモットーに情報を掲載しています。
Copyright © 2013-2022 海外バイナリーオプション攻略検証サイト All Rights Reserved.

軟調な日米株式市場の今後は?テクニカル分析目線で予測【2022年6月】


上記はS&P500指数の月足チャートです。

日経平均株価(月足)

続いて日経平均株価をチェックします。

日経平均株価ではRSIは50以上の水準で維持しており、ストキャスティクスも一度売られ過ぎの水準に到達してから、再度反発してきているという状態です。

S&P500(週足)


週足のRSIは売られ過ぎの水準にまでは到達していませんが、ある程度調整が進んでいる状況です。もう少し下落したタイミングがいい押し目となりそうなため、調整する余地はまだあると言えるでしょう。

日経平均株価(週足)

次に日経平均株価の週足チャートです。

日経平均株価の週足を見るとRSIも横ばいとなっており、ストキャスティクスも中心あたりで推移しているため、オシレーターを見る限りは買いの水準かどうかを判断するのは難しい位置です。

S&P500(日足)


50日単純移動平均線と200日単純移動平均線を表示させています。

日経平均株価(日足)


次に日本株ですが、S&P500指数と同様にデッドクロスはしているものの、下落圧力は米国と比較して強い動きにはなっていません。元々日本株自体の上昇幅が米国と比較して弱かったという面もあり、上昇幅が元々小さかった分、下落幅も小さいという考え方もできるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる