外為トレードバトル

デイトレーダーとは短期決済型投資スタイル

デイトレーダーとは短期決済型投資スタイル
ドル円などFX取引で得た利益については、確定申告しなければなりません。 適用されるのは「申告分離課税」 で、税率は所得の大小にかかわらず20%(現在は復興特別所得税を含む20.315%)。その年の利益と損失を通算して税率を掛けます。 FXでの利益は、「日経225先物」などの株価指数先物取引との損益通算も可能 です。

デイトレードとは?

デイトレードとは

アナリストが厳選する「最短即日短期急騰候補銘柄を無料で配信。最新マーケット情報から個別銘柄の分析・展望など、豊富な投資情報を"ワンパッケージ"で利用可能!!

デイトレードは資金効率とリスク管理に優れた投資手法

そして、もう一つが「 同じ資金を取引時間内で繰り返し回転売買させること 」です。

デイトレードの2つの優れた特徴

デイトレードはループトレードで資金効率を高め小額でも利益に変えれる!

デイトレード人気の理由のひとつは、 資金効率が良く小額資金からでも投資ができること です。

この資金効率の良さには、現物取引と信用取引を上手く使いわけた「 ループトレード(日計り取引) 」が大きく関係しています。

ループトレード(現物取引)とは?

現物取引では、1日のうちに同じ資金で同じ銘柄を何度も売買することは「 差金決済取引 」に該当し法律で禁止されているので、行うことが出来ません。

この差金決済取引の問題を解決させる方法が、現物取引だけではなく 信用取引も取り入れたループトレード です。

ループトレード(信用取引)の仕組み

デイトレードはオーバーナイトリスク(持ち越しリスク)なし!リスクの大半を株価の変動に限定

デイトレ・スイングのオーバーナイトリスク比較

つまり、デイトレードは リスクの大半を株価の変動だけに絞った取引 を行うことができます。

ファイネストアドバイザリー

前場・後場と分け毎日リアルタイムに注目銘柄を配信。投資家の資金が短期的に集中する銘柄を上手く狙いたい人は「期待度大の本命1銘柄」を無料で受け取ってみて下さい‼

短期トレードの種類「スキャルピング・デイトレード・スイングトレード」と投資手法の違い

デイトレーダーとは短期決済型投資スタイル
トレードスタイル 取引時間 手法・特徴
スキャルピング 数秒~5分程度 株式だけでなくFX取引でも良く使われる手法。主に1分足や5分足チャートを指標にし、数秒から5分ほどで取引を完了させる。レバレッジ(信用枠)を活用したトレードで、小さい利幅を積上げるスタイル。
デイトレード 数分~数時間 売買をその日のうちに完結させ、ポジションを翌日に持ち越さない手法。リスクの大半を取引時間内の値動きに限定させることができ、数分から数時間(取引終了まで)の値幅で利益を上げるスタイル。
スイングトレード 数日~数週間 数日から数週間ほどポジションを保有し、相場の波(トレンド)に合わせ銘柄を乗り換えながら値幅を狙う手法。スキャルピングやデイトレードに比べて利益の幅が大きい反面、リスク管理が難しい。

大切なことは、 自分の生活環境や生活スタイルに合った取引手法を採用し、取引ルールを安易に崩さないこと です。

億り人のデイトレードのやり方

デイトレードの資金効率の良さやオーバーナイトリスク(持ち越しリスク)がないことや、スイングトレードやスキャルピングとの違いなどについて書きましたが、これからデイトレードを始めようと思われる方が知りたいと思われるのは“デイトレーダーが実際にどのようにデイトレして利益を積み上げているのか”についてではないでしょうか。

日経マネーではメガヴィンさんやり方2パターン、「 GD(ギャップダウン)からの戻り狙いのやり方 」と、「 翌日のGU(ギャップアップ)狙いのやり方 」が紹介されてますが、メガヴィンさんのデイトレのやり方は投資家心理の動きを上手く狙ったやり方じゃないでしょうか。

デイトレーダーとは短期決済型投資スタイル!成功するデイトレーダーになる秘訣

写真

デイトレードとはその日に購入した投資商品をすべてその日のうちに売ることで利益を確定させ、翌日に持ち越さないという取引手法 です。デイトレードを行う投資家をデイトレーダーと呼びます。その投資方法やメリット・デメリット、はじめ方などについて紹介します。
デイトレーダーが扱う投資商品は株式やFX(外国為替証拠金取引)・仮想通貨など、多岐にわたります。ここでは主に国内株式を取り扱うデイトレーダーについてご説明していきます。

デイトレーダーとは

株価の変動率は1日あたり1%~5%程と言われており、比較的小さな値動きです。そのため、 デイトレーダーは小さな利益で決済をし、一日の取引数を積み重ねることで利益を伸ばしていきます 。「早く目に見える成果がほしい」、「スピーディに利益を確定したい」という人に向いた取引方法といえます。
短いスパンで取引を完結させる手法を「スキャルピング」といい、数秒~数分の保有で売買を成立させてしまいます。しかし小さな利益も塵も積もれば山となり、様々な背景が重なった結果、短期間で億単位の資産を稼ぎ出すデイトレーダーも現れました。このように、デイトレーダーには投資家の夢が詰まっていると言えるでしょう。

●デイトレードを行うメリット

デイトレードを行うメリットについて簡単に解説します。
企業の業績発表や政府・日銀が行う経済関連の発表は、株価に大きな影響を与えます。しかし、デイトレーダーは比較的このような 経済発表に左右されずに取引をすることが可能 といえます。なぜなら、重要な経済発表は証券取引所が開いていない時間(午前8時台または午後3時以降)に行われるのが一般的だからです。証券取引所が開いている時間(午前9時から午後3時)に絞って取引を行うデイトレーダーであれば、純粋にその日の株価の値動きだけを見て売買に専念することができるのです。企業の業績や政治、景気状況などの先読みや分析が苦手だったとしても、利益を得るチャンスはあると言えるでしょう。

デイトレードを行うデメリット

デイトレードができる時間

デイトレードができる時間

●デイトレードのコアタイム

一日の中でも株価が大きく動く時間というものがあります。それが一般的に 午前9時~10時頃 です。
大きな株価の値動きが狙える、この時間帯に集中して取引をするのが効率的なデイトレーダーといえます。朝のうちに損益の大部分を確定できれば、残りの時間は情報収集や株取引の研究などに使うことができます。デイトレーダーといっても、一日中取引を続けなければいけないという決まりはありません。

●デイトレードをはじめるための準備

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい?年収や生活の基準も

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい?年収や生活の基準も

●デイトレードの用語

まず、株式やFXなど、金融商品の取引方法にはいくつかのスタイルがあります。そのうち1日の中で売買を完結させる方法がデイトレードです。デイトレードの中でも、数秒から数分で売買を完結させることをスキャルピングといいます。そのほか、 数日の間の保有で商品を売却することをスイングトレード 、反対に 数カ月~数年の期間商品を保有する取引のことをポジショントレード と呼びます。

●デイトレードに向いている金融商品

1日で売買を完結させるデイトレードで扱えるのは、容易に売買できる流動性の高い金融商品、 上場株式やFX、CFD(差金決済取引)、株式指数先物取引 などになります。長期保有を前提とし、買い注文が翌日の約定となる投資信託などはデイトレードには向きません。

●デイトレーダーの収入とは

気になるデイトレーダーの年収は、人によりさまざまです。1年に数億円の利益を出して話題になるデイトレーダーもいれば、損失を出し続けて資金を失い退場していく人もいます。また、どんなデイトレーダーも必ず利益を出し続けられるということはありません。損失を出して資金を失うこともあります。 デイトレーダーとして生き残れるのは、全体の約10%と言われています 。チャレンジをする際に、成功する可能性が高いとも低いとも感じられる数字です。副業としてデイトレーダーを始める場合、一度失敗してもまた資金を貯めて再チャレンジすることもできます。

●デイトレーダーの活動

●デイトレーダーと税金

デイトレーダーと税金

●デイトレーダーの心得

まとめ

また、デイトレーダーにとって重要なことははじめの証券口座の開設手続き、証券会社の選び方にもあるとお伝えしました。 楽天証券 は2020年12月から国内株式手数料「 いちにち定額コース 」の1日の取引額の合計が100万円以下の取引量であれば、手数料を無料にすると発表しています。少ない資金でデイトレードを始めたばかりという方から、本格的にデイトレーダーとして取引を行おうとする方まで活用できる証券会社といえるでしょう。
また、デイトレーダーにとって欠かせない情報発信の手厚さにおいても強みを持つ証券会社です。楽天証券で 証券口座を開設 することで、 楽天証券版「日経テレコン」 という情報ツールを使って日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの記事が無料で読めます。適切な情報収集を行い、知識や経験を身につけることでデイトレーダーとして成功できるチャンスが広がるでしょう。

デイトレーダーとは短期決済型投資スタイル!成功するデイトレーダーになる秘訣

マネ活編集部

デイトレードとはその日に購入した投資商品をすべてその日のうちに売ることで利益を確定させ、翌日に持ち越さないという取引手法 デイトレーダーとは短期決済型投資スタイル です。デイトレードを行う投資家をデイトレーダーと呼びます。その投資方法やメリット・デメリット、はじめ方などについて紹介します。
デイトレーダーが扱う投資商品は株式やFX(外国為替証拠金取引)・仮想通貨など、多岐にわたります。ここでは主に国内株式を取り扱うデイトレーダーについてご説明していきます。

デイトレーダーとは

株価の変動率は1日あたり1%~5%程と言われており、比較的小さな値動きです。そのため、 デイトレーダーは小さな利益で決済をし、一日の取引数を積み重ねることで利益を伸ばしていきます 。「早く目に見える成果がほしい」、「スピーディに利益を確定したい」という人に向いた取引方法といえます。
短いスパンで取引を完結させる手法を「スキャルピング」といい、数秒~数分の保有で売買を成立させてしまいます。しかし小さな利益も塵も積もれば山となり、様々な背景が重なった結果、短期間で億単位の資産を稼ぎ出すデイトレーダーも現れました。このように、デイトレーダーには投資家の夢が詰まっていると言えるでしょう。

●デイトレードを行うメリット

デイトレードを行うメリットについて簡単に解説します。
企業の業績発表や政府・日銀が行う経済関連の発表は、株価に大きな影響を与えます。しかし、デイトレーダーは比較的このような 経済発表に左右されずに取引をすることが可能 といえます。なぜなら、重要な経済発表は証券取引所が開いていない時間(午前8時台または午後3時以降)に行われるのが一般的だからです。証券取引所が開いている時間(午前9時から午後3時)に絞って取引を行うデイトレーダーであれば、純粋にその日の株価の値動きだけを見て売買に専念することができるのです。企業の業績や政治、景気状況などの先読みや分析が苦手だったとしても、利益を得るチャンスはあると言えるでしょう。

デイトレードを行うデメリット

デイトレードができる時間

デイトレードができる時間

●デイトレードのコアタイム

一日の中でも株価が大きく動く時間というものがあります。それが一般的に 午前9時~10時頃 です。
大きな株価の値動きが狙える、この時間帯に集中して取引をするのが効率的なデイトレーダーといえます。朝のうちに損益の大部分を確定できれば、残りの時間は情報収集や株取引の研究などに使うことができます。デイトレーダーといっても、一日中取引を続けなければいけないという決まりはありません。

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい?年収や生活の基準も

黒川ヤスヒト

株やFXなど、金融商品のトレードにはいくつかのスタイルがあります。そのうち 1日の中で売買が完結するのがデイトレード です。一度購入したらその日のうちに売却してしまいます。翌日まで持ち越すことはありません。またデイトレードの中でも、 数秒から数分で売買を完結させるのは「スキャルピング」 と呼ばれます。そのほか、数日の間ポジションを保有し続けるのは「スイングトレード」、さらに 数カ月以上保有するトレードは「ポジショントレード」 というように分類されます。

1日で売買を完結させるデイトレードで扱うのは、容易に売買できる流動性の高い金融商品。 上場株式やFX(外国為替証拠金取引)、CFD(差金決済取引)、株式指数先物取引 などです。

また ポジションを持ち越すリスクが小さい、というのもメリット になります。トレードを終えてポジションを持っていなければ、知らない間に市場の急激な変動に巻き込まれるのを避けることができます。

デイトレーダーの年収

デイトレーダーの年収

デイトレーダーに必要なのが値動きを予測する能力 。値動きを表すチャートや、それを分析するテクニカル指標などへの理解度も、収入の違いになっていくでしょう。

では、どれだけの人が、デイトレーダーとして利益を出し続けているのでしょうか。 デイトレーダーとして生き残るのは、約10% と言われています。この数字に対する受け止め方は、人それぞれだと思います。

1日の生活リズム

1日の生活リズム

デイトレーダーは、市場の値動きを見ながら取引します。市場が開いている時間に、生活のリズムが左右されることになるでしょう。例えば 日本株の場合、市場が開いているのは9時から15時の間 。その時間は取引に集中し、残りの時間で情報収集や、収支のチェックなどをすることになります。

その他、 ドル円などFX取引では24時間取引が可能 だったり、日経225先物取引には夜間取引など、夜のトレードに集中可能なタイプもあります。専業のデイトレーダーであれば昼間は睡眠に使い、夜の海外市場に集中するという生活も可能でしょう。日中に本業がある方であれば、夜の数時間に副業としてデイトレードをするという選択もできそうです。

資金はどれくらい必要か

国税庁が公表した「平成30年分民間給与実態統計調査」では、1年の平均給与が441万円。簡略化のため目標を年400万円とすると、 1,000万円の資金があれば、1年にトレードを繰り返し40%分の利益を出せばいい ことになります。100万円の資金なら400%。10万円の元手なら4,000%、40倍にする必要があります。実現可能な数字を探ることになるでしょう。

様々なアンケートを見ると、副業による月の収入は、1~5万円未満というケースが多いようです。仮に副業による年収を50万円としましょう。 1,000万円の資金があれば、1年に5%分の利益を積み重ねれば実現可能 です。100万円の元手なら50%、毎月5%弱の利益を出し続けることで達成できます。目標を設定し計画を立てることで、必要な資金も分かってきます。

画像

税金はどのようにかかる?

税金はどのようにかかる?

ドル円などFX取引で得た利益については、確定申告しなければなりません。 適用されるのは「申告分離課税」 で、税率は所得の大小にかかわらず20%(現在は復興特別所得税を含む20.315%)。その年の利益と損失を通算して税率を掛けます。 FXでの利益は、「日経225先物」などの株価指数先物取引との損益通算も可能 です。

国内上場株式の売却益については、 「申告分離課税(譲渡所得)」 となります。税率はFXと同じく20%。証券会社で特定口座を作り、「源泉徴収あり口座」で取引をするなら、確定申告の必要はありません。なお、トレードを繰り返す中では、利益が出ることもあれば損失を出してしまうこともありますが、損失が出た際には損益通算され、すでに源泉徴収された分から自動で還付されます。

このようにデイトレードを始める際は、住宅資金について考えるときと同様、 目標を設定し計画を立てて資金を準備 します。また、デイトレーダーとして利益を出し続けるには、値動きを予測する知識や経験も必要です。資金の準備と並行して、勉強やトレーニングにより習得していくことになります。専業であれ副業であれ、チャレンジし成功すれば、デイトレードは新たな収入源となるでしょう。

デイトレーダーとは短期決済型投資スタイル!成功するデイトレーダーになる秘訣

写真

デイトレードとはその日に購入した投資商品をすべてその日のうちに売ることで利益を確定させ、翌日に持ち越さないという取引手法 です。デイトレードを行う投資家をデイトレーダーと呼びます。その投資方法やメリット・デメリット、はじめ方などについて紹介します。
デイトレーダーが扱う投資商品は株式やFX(外国為替証拠金取引)・仮想通貨など、多岐にわたります。ここでは主に国内株式を取り扱うデイトレーダーについてご説明していきます。

デイトレーダーとは

株価の変動率は1日あたり1%~5%程と言われており、比較的小さな値動きです。そのため、 デイトレーダーは小さな利益で決済をし、一日の取引数を積み重ねることで利益を伸ばしていきます 。「早く目に見える成果がほしい」、「スピーディに利益を確定したい」という人に向いた取引方法といえます。
短いスパンで取引を完結させる手法を「スキャルピング」といい、数秒~数分の保有で売買を成立させてしまいます。しかし小さな利益も塵も積もれば山となり、様々な背景が重なった結果、短期間で億単位の資産を稼ぎ出すデイトレーダーも現れました。このように、デイトレーダーには投資家の夢が詰まっていると言えるでしょう。

●デイトレードを行うメリット

デイトレードを行うメリットについて簡単に解説します。
企業の業績発表や政府・日銀が行う経済関連の発表は、株価に大きな影響を与えます。しかし、デイトレーダーは比較的このような 経済発表に左右されずに取引をすることが可能 といえます。なぜなら、重要な経済発表は証券取引所が開いていない時間(午前8時台または午後3時以降)に行われるのが一般的だからです。証券取引所が開いている時間(午前9時から午後3時)に絞って取引を行うデイトレーダーであれば、純粋にその日の株価の値動きだけを見て売買に専念することができるのです。企業の業績や政治、景気状況などの先読みや分析が苦手だったとしても、利益を得るチャンスはあると言えるでしょう。

デイトレードを行うデメリット

デイトレードができる時間

デイトレードができる時間

●デイトレードのコアタイム

一日の中でも株価が大きく動く時間というものがあります。それが一般的に 午前9時~10時頃 です。
大きな株価の値動きが狙える、この時間帯に集中して取引をするのが効率的なデイトレーダーといえます。朝のうちに損益の大部分を確定できれば、残りの時間は情報収集や株取引の研究などに使うことができます。デイトレーダーといっても、一日中取引を続けなければいけないという決まりはありません。

●デイトレードをはじめるための準備

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい?年収や生活の基準も

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい?年収や生活の基準も

●デイトレードの用語

まず、株式やFXなど、金融商品の取引方法にはいくつかのスタイルがあります。そのうち1日の中で売買を完結させる方法がデイトレードです。デイトレードの中でも、数秒から数分で売買を完結させることをスキャルピングといいます。そのほか、 数日の間の保有で商品を売却することをスイングトレード 、反対に デイトレーダーとは短期決済型投資スタイル 数カ月~数年の期間商品を保有する取引のことをポジショントレード と呼びます。

●デイトレードに向いている金融商品

1日で売買を完結させるデイトレードで扱えるのは、容易に売買できる流動性の高い金融商品、 上場株式やFX、CFD(差金決済取引)、株式指数先物取引 などになります。長期保有を前提とし、買い注文が翌日の約定となる投資信託などはデイトレードには向きません。

●デイトレーダーの収入とは

気になるデイトレーダーの年収は、人によりさまざまです。1年に数億円の利益を出して話題になるデイトレーダーもいれば、損失を出し続けて資金を失い退場していく人もいます。また、どんなデイトレーダーも必ず利益を出し続けられるということはありません。損失を出して資金を失うこともあります。 デイトレーダーとして生き残れるのは、全体の約10%と言われています 。チャレンジをする際に、成功する可能性が高いとも低いとも感じられる数字です。副業としてデイトレーダーを始める場合、一度失敗してもまた資金を貯めて再チャレンジすることもできます。

●デイトレーダーの活動

●デイトレーダーと税金

デイトレーダーと税金

●デイトレーダーの心得

まとめ

また、デイトレーダーにとって重要なことははじめの証券口座の開設手続き、証券会社の選び方にもあるとお伝えしました。 楽天証券 は2020年12月から国内株式手数料「 いちにち定額コース 」の1日の取引額の合計が100万円以下の取引量であれば、手数料を無料にすると発表しています。少ない資金でデイトレードを始めたばかりという方から、本格的にデイトレーダーとして取引を行おうとする方まで活用できる証券会社といえるでしょう。
また、デイトレーダーにとって欠かせない情報発信の手厚さにおいても強みを持つ証券会社です。楽天証券で 証券口座を開設 することで、 楽天証券版「日経テレコン」 という情報ツールを使って日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの記事が無料で読めます。適切な情報収集を行い、知識や経験を身につけることでデイトレーダーとして成功できるチャンスが広がるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる