無料講座

インバース型ETFについて

インバース型ETFについて
 
マンガで
わかる
ETF
 

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕 インバース型ETFについて
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで インバース型ETFについて 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

powered by

レバレッジ・インバース型ETFの運用方法 2016年7月19日 -->

先物を使って運用しています

レバレッジETF(ブル型)やインバースETF(べア型)は、先物を使って運用を行っています。
先物取引は証拠金取引であり、各ETFの純資産額以上の額の先物を買い建てたり売り建てることができます。
・レバレッジETF(ブル型)は純資産額の2倍の先物買いポジションを建てる
・インバースETF(ベア型)は純資産相当額の先物売りポジションを建てる
・ダブルインバースETF(ベア2倍型)は純資産額の2倍の先物売りポジションを建てる

市場の値動き、ETFの設定・解約、先物のロールに応じて先物を取引します

レバレッジETFやインバースETFの先物取引は、下記の3パターンがあります。
①日々の市場の値動きに応じたリバランス取引
②設定・解約に応じた取引
③先物が満期になった際に次の限月の先物に乗り換えるロール取引

五月丸:

先物の値動きに応じてリバランス取引が発生


インバース型ETFについて

当日の純資産額 前日の純資産額 当日の利益*
102億円 100億円 2億円
*200億円相当の先物価格が1%上昇するので、200億円の1%で2億円。

200億円買い建てた先物の価格が1%上昇するので、先物の買い建て額は202億円相当になっています。
当日の純資産額は前述のとおり102億円です。純資産額の2倍は204億円なので、レバレッジを2倍にするには204億円の先物を買い建てておく必要があります。
そのため、2億円(=204億-202億)相当の先物を追加で買い建てる必要があります。これがレバレッジETFのリバランス取引と呼ばれるものです。

五月丸:

ETFの設定・解約に応じた先物取引

ロール取引

先物には満期があるため、満期前に次の限月の先物に乗り換えないと投資を継続することができません。
例えば、7月に日経平均先物に投資するとします。取引の中心となる直近の限月の先物は9月中に満期を迎えます。先物が満期を迎えてしまうと、その先物を取引できなくなってしまいます。 そこで、満期前に次の限月の先物(12月中に満期が来る先物)に乗り換える取引(既存の先物を売却して、次の限月の先物を買い建て)を行います。これをロール取引といいます。

当社が運用しているレバレッジ・インバース(ブル・ベア)ETF一覧

インバース型ETFについて
分類 コード ファンド名
日経平均
レバレッジ・
インバース
1579 日経平均ブル2倍上場投信
1580 日経平均ベア上場投信 インバース型ETFについて
1360 日経平均ベア2倍上場投信
TOPIX
レバレッジ・
インバース
1568 TOPIXブル2倍上場投信
1569 TOPIXベア上場投信
1356 TOPIXベア2倍上場投信
JPX日経400
レバレッジ・
インバース
1467 JPX日経400 ブル2倍上場投信(レバレッジ)
1468 JPX日経400 ベア上場投信(インバース)
1469 JPX日経400 ベア2倍上場投信(ダブルインバース)
中国H株
レバレッジ・
インバース
1572 中国H株ブル2倍上場投信
1573 中国H株ベア上場投信

 
マンガで
わかる
ETF
 

インバース型ETFについて

インバース型ETF 一覧

インバース型ETFについて インバース型ETFについて インバース型ETFについて インバース型ETFについて インバース型ETFについて インバース型ETFについて インバース型ETFについて
コード 銘柄名 概要 3/4
売買代金
(百万円)
1 1356 TOPIXベア2倍上場投信 TOPIX -2倍 2,231
2 1357 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・
インデックス連動型上場投信
日経平均 -2倍 85,314
3 1360 日経平均ベア2倍上場投信 日経平均 -2倍 16,042
4 1366 ダイワ上場投信-日経平均ダブルインバース・
インデックス
日経平均 -2倍 1,528
5 1368 ダイワ上場投信-TOPIXダブルインバース
(-2倍)指数
TOPIX -2倍 541
6 1456 ダイワ上場投信-日経平均インバース・
インデックス
日経平均 -1倍 41
7 1457 ダイワ上場投信-TOPIXダブルインバース
(-1倍)指数
TOPIX -1倍 37
8 1459 楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型 日経平均 -2倍 5,505
9 1465 ダイワ上場投信-JPX日経400インバース・
インデックス
JPX日経400 -1倍 1
10 1466 ダイワ上場投信-JPX日経400ダブルインバース・
JPX日経400 -2倍 21
11 1468 JPX日経400ベア上場投信(インバース)JPX日経400 -1倍 4
12 1469 JPX日経400ベア2倍上場投信
(ダブルインバース)
JPX日経400 -2倍 50
13 1471 NEXT FUNDS JPX日経400インバース・
インデックス連動型上場投信
JPX日経400 -1倍 0.9
14 1472 NEXT FUNDS JPX日経400ダブルインバース・
インデックス連動型上場投信
JPX日経400 -2倍 20
15 1569 TOPIXベア上場投信 TOPIX -1倍 226
16 1571 NEXT FUNDS 日経平均インバース・
インデックス連動型上場投信
日経平均 -1倍 579
17 1573 中国H株ベア上場投信 中国H株 -1倍 9
181580 日経平均ベア上場投信 日経平均 -1倍 457

ここからは、実際にマーケットの下落局面でインバース型ETFを活用したらどうなっていたのか検証します。
以下は、2020年2月の1ヶ月間で、(インバース型ETFについて 1546)NEXT FUNDSダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信(以下、NYダウETF)に、(1357)NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(以下、日経平均-2倍ETF)を1対1で組み合わせた合成指数を見てみます。

powered by

レバレッジ・インバース型ETFの運用方法 2016年7月19日 -->

先物を使って運用しています

レバレッジETF(ブル型)やインバースETF(べア型)は、先物を使って運用を行っています。
先物取引は証拠金取引であり、各ETFの純資産額以上の額の先物を買い建てたり売り建てることができます。
・レバレッジETF(ブル型)は純資産額の2倍の先物買いポジションを建てる
・インバースETF(ベア型)は純資産相当額の先物売りポジションを建てる
・ダブルインバースETF(ベア2倍型)は純資産額の2倍の先物売りポジションを建てる

市場の値動き、ETFの設定・解約、先物のロールに応じて先物を取引します

レバレッジETFやインバースETFの先物取引は、下記の3パターンがあります。
①日々の市場の値動きに応じたリバランス取引
②設定・解約に応じた取引
③先物が満期になった際に次の限月の先物に乗り換えるロール取引

五月丸:

先物の値動きに応じてリバランス取引が発生


インバース型ETFについて
当日の純資産額 前日の純資産額 当日の利益*
102億円 100億円 2億円
*200億円相当の先物価格が1%上昇するので、200億円の1%で2億円。

200億円買い建てた先物の価格が1%上昇するので、先物の買い建て額は202億円相当になっています。
当日の純資産額は前述のとおり102億円です。純資産額の2倍は204億円なので、レバレッジを2倍にするには204億円の先物を買い建てておく必要があります。 インバース型ETFについて
そのため、2億円(=204億-202億)相当の先物を追加で買い建てる必要があります。これがレバレッジETFのリバランス取引と呼ばれるものです。

五月丸:

ETFの設定・解約に応じた先物取引

ロール取引

先物には満期があるため、満期前に次の限月の先物に乗り換えないと投資を継続することができません。
例えば、7月に日経平均先物に投資するとします。取引の中心となる直近の限月の先物は9月中に満期を迎えます。先物が満期を迎えてしまうと、その先物を取引できなくなってしまいます。 そこで、満期前に次の限月の先物(12月中に満期が来る先物)に乗り換える取引(既存の先物を売却して、次の限月の先物を買い建て)を行います。これをロール取引といいます。

当社が運用しているレバレッジ・インバース(ブル・ベア)ETF一覧

インバース型ETFについて インバース型ETFについて インバース型ETFについて
分類 コード ファンド名
日経平均
レバレッジ・
インバース
1579 日経平均ブル2倍上場投信
1580 日経平均ベア上場投信
1360 日経平均ベア2倍上場投信
TOPIX
レバレッジ・
インバース
1568 TOPIXブル2倍上場投信
1569 TOPIXベア上場投信
1356 TOPIXベア2倍上場投信
JPX日経400
レバレッジ・
インバース
1467 JPX日経400 ブル2倍上場投信(レバレッジ)
1468 JPX日経400 ベア上場投信(インバース)
1469 JPX日経400 ベア2倍上場投信(ダブルインバース)
中国H株
レバレッジ・
インバース
1572 中国H株ブル2倍上場投信
1573 中国H株ベア上場投信

 
マンガで
わかる
ETF
 

レバレッジ型・インバース型投資信託とは?注意点や仕組みを解説

レバレッジ型・インバース型投資信託とは?注意点や仕組みを解説

ETFは上場株式と同様に取引できる商品であることから信用取引の利用も可能です。
しかしながら、仮に対象指数の上昇を目論んでレバレッジ2倍のETFを信用取引を用いて運用した場合、非常に大きな損失を被ることもあるでしょう。
その理由は、信用取引を行うことによって、ETFのレバレッジがさらに大きくなることもあり、かつ建玉(この場合信用取引で買ったETFをいいます)や担保証券の価格変動による信用取引の維持率にもマイナス影響を与えるケースがあるためです。

また、東京証券取引所によって、原資産に値幅制限のない資産を対象とするETF等について、短期的にETF等価格(取引値)が原資産の価格に連動しやすくするよう当該ETF等の値幅制限の見直しも行われました。
なお、当初レバレッジ・インバースの想定価格変動率は、レバレッジ型は2倍・インバース型はマイナス1倍の商品が一般的だったのですが、近年はその倍率が最大4倍以上に及ぶ商品もあるので 購入前に取引の仕組みや商品性をよく確認することが肝要 です。

レバレッジ型・インバース型投資信託の特徴と仕組み

レバレッジ型・インバース型投資信託の特徴

レバレッジ型・インバース型投資信託は、前日の基準価額を基に 指数・指標の値動きのレバレッジ倍率(またはマイナスのレバレッジ倍率)の値動きを当日1日で達成するように運用 されています。

レバレッジ型・インバース型投資信託の仕組み

レバレッジ型・インバース型投資信託の基準価額を日次ではなく2日以上の運用期間で見た場合には、これらの投資信託の基準額は、運用対象の指数や指標の価格のレバレッジ倍率(またはマイナスのレバレッジ倍率)にならない可能性があることを注意して見ておくことが必要があります。

レバレッジ型・インバース型投資信託の注意点

レバレッジ型・インバース型投資信託は上記で説明したとおり、指数・指標の値動きのレバレッジ倍率(またはマイナスのレバレッジ倍率)の値動きを日次で達成するように運用されています。
このことから、 レバレッジ型・インバース型の投資信託は主に短期的な取引(売買)によって利益を得ることを目的とした商品 ということができます。

そのため、投資に関する知識や経験が比較的少ない個人投資家の方が、積立投資を含めて中期・長期にわたる資産形成を目的としてレバレッジ型・インバース型投資信託を投資対象とする場合には商品特性についての十分な理解が求められます。

レバレッジ型・インバース型投資信託のリスクとコスト

レバレッジ型・インバース型 投資信託は、参照する対象指数や指標に連動させるために先物取引による運用を行っています。
そのため、一般的にレバレッジ型・インバース型 投資信託は先物取引のコストを負担しているほか、先物取引の期限(限月といいます)の乗り換えを繰り返すことで減価していく場合があることにも留意が必要です。
このようにレバレッジ型・インバース型の投資信託の取引をする場合には、 商品の特徴や取引の仕組みを事前に調べ、取引に伴うリスクや費用を理解したうえで、自己の財産や取引経験と取引の目的などを考慮して適切であると判断する場合にのみ、自己の責任で取引を行ってください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる