トレードがうまくなるためのコツ

意味や指値注文との違いを解説

意味や指値注文との違いを解説
財務諸表の勘定科目別の総額は、社内の会計分析だけでなく、 最終的には決算書の表示科目の材料、法人税や消費税の確定申告の材料 としても使われます。

プライベートクラウドとは?ハイブリッド/パブリッククラウド/オンプレミスとの違い、それぞれの意味を分かりやすく解説します

繰り返すように プライベートクラウドとは自社専用のクラウド環境 です。自社の運用にあわせて環境の構築やカスタマイズができるのが主な特長です。プライベートクラウドは構築の仕方の違いによって、自社内で構築されるオンプレミス型プライベートクラウドと、パブリッククラウド内を区切ってお客様専用のクラウド環境を構築・提供するサービス(ホスティング型プライベートクラウドと便宜上呼ぶ)に分類されます。パブリッククラウド内の区切り方としては、VPN接続やIP制限、UTMや認識装置などがあります。

オンプレミス型プライベートクラウド

ただし オンプレミス型プライベートクラウドは従来のオンプレミス環境と異なり、サーバー環境を仮想化して、クラウド環境として自社内のエンドユーザーに対して提供 します。結果、物理サーバーを配分する場合と比較して、エンドユーザーに対するリソース配分をスピーディーに行うことが可能です。またクラウド環境ではリソースを使った分だけコストが発生する仕組みにできるため、エンドユーザーに発生したコストを理解してもらいやすいメリットもあります。

ホスティング型プライベートクラウド

オンプレミス型プライベートクラウドでは、自社でサーバーや回線などの設備を全て用意する必要があるため、その分コストや運用の手間がかかります。一方 ホスティング型プライベートクラウドでは、ホスティング業者が提供するクラウド環境(パブリッククラウド)内に自社専用のクラウド環境を用意 します。そのため、サーバー・回線といった物理的な設備の管理をホスティング業者に任せることが可能です。

パブリッククラウドとは

ホスティング業者が提供するクラウド環境を、 不特定多数のユーザーがインターネットを通じ共有して利用するサービス を指します。オンラインの簡単な手続きですぐに使えることに加えて、リソースを使った分しかコストがかからず安価に利用できるのがメリットです。たいしてインターネットからアクセスできるサーバーを利用することになるため、企業ごとのポリシーにより、セキュリティ上の理由で機密情報や個人情報の管理を行えないこともあります。

プライベートクラウドとパブリッククラウドの比較

プライベートクラウド
(ホスティング型)
プライベートクラウド
(オンプレミス型)
パブリッククラウド
費用オンプレミス型より安価最も高い最も安い
導入スピードオンプレミス型より早い最も時間がかかる最も早い
カスタマイズ性パブリッククラウドより高い自社で決められるため最も高い最も低い
セキュリティパブリッククラウドより高い最も高いインターネット上のサーバーに情報を保管するため他と比較して低い
運用の負荷低い高い低い
障害対応の早さホスティング業者任せとなるため時間がかかることもある自社で行うため即時に対応できる
※ホスティング業者の対応の方が早いこともある
ホスティング業者任せとなるため時間がかかることもある
利用者に多い主な企業規模中小企業~大企業大企業個人~大企業

共有のクラウド環境を使うパブリッククラウドと比較すると、プライベートクラウドは運用の手間やコストがかかりやすい一方で、 自社の都合にあわせてカスタマイズしやすいメリット があります。オンプレミス型の場合は、さらに障害対応も確実に即時で行えるため、規模の大きなシステムに適しているといえるでしょう。

勘定科目とは?仕訳に役立つ科目一覧をわかりやすく解説

勘定科目とは?仕訳に役立つ科目一覧をわかりやすく解説

勘定科目 仕訳

財務諸表の勘定科目別の総額は、社内の会計分析だけでなく、 最終的には決算書の表示科目の材料、法人税や消費税の確定申告の材料 としても使われます。

勘定科目は基本的に5グループに分けられる

勘定科目にはさまざまなものがありますが、大きく分けると、決算書のうち「貸借対照表」に表示される、 意味や指値注文との違いを解説 資産、負債、純資産 の3つのグループ(貸借対照表の科目)、「損益計算書」に表示される 収益、費用 の2つのグループに分けることができます。それぞれのグループがもつ性質と意味を見てみましょう。

勘定科目の基本5グループ
資産企業などが支配している経済的資源のこと
※所有権がなくても利益を得ていれば支配していると認められる
(例:現金、売掛金、建物、土地、投資有価証券)
負債企業などが支配している経済的資源を放棄、あるいは引き渡す義務のあるもの
(例:買掛金、支払手形、借入金)
純資産
資産から負債を差し引いた額
(例:資本金、新株予約権)
収益
取引に対して受け取った、あるいは受け取りが確定した金銭の額など
(例:売上、受取利息、雑収入)
費用
取引に対して発生した、あるいは支払った金銭の額など
(例:仕入、水道光熱費、給料)

【グループ別】主な勘定科目一覧

【資産】に分類される主な勘定科目

資産に分類される勘定科目のうち代表的なものは、 現金や預金、売掛金、建物、土地 などです。特に、現金や預金、売掛金は、企業活動上、頻繁に使われる科目になります。

基本的に、資産は企業の財産のようなものと考えて良いでしょう。ただし、勘定科目の中には開業費などのように一部実体や換金価値のないものも存在します。

貸借対照表の区分で使われる、「流動資産」「固定資産」「繰延資産」の分類ごとに、主な勘定科目を見ていきましょう。

【資産】に分類される勘定科目
流動資産
現金
現金のこと(「現金及び預金」でまとめられることもある)
当座預金事業用の銀行口座のこと(企業が保有する口座によっては、「普通預金」や「定期預金」が科目として使われることもある)
受取手形売上債権(指定の期日までに金銭での受け取りを約束した証明書類)
売掛金売上債権(売上に対して、後日金銭の受け取りを約束したもの)
商品販売目的の商品
固定資産
建物企業の所有する建物の価額
機械装置企業の所有する機械や事業用装置の価額
車両運搬具企業の所有する自動車などの価額
土地企業の所有する土地の取得原価(取得時の価格)
ソフトウェア購入または自社開発のソフトウェア(資産対象になるのは、収益や費用削減が確実で高額なもの)
関連会社株式議決権に強い影響力をもっている会社の株式取得原価(子会社の株式をもっている場合は「子会社株式」)
その他有価証券長期保有などを目的とした他社株式や債券
繰延資産
開発費新規市場開拓に要した費用などのうち資産に計上するもの(開発費は原則、費用に計上)

【負債】に分類される主な勘定科目

負債の項目に分類されるのはおおむね、支払義務のあるもの、将来発生の可能性が高い費用や損失の引当金です。支払い義務のある科目とは、 買掛金や借入金、社債 といった勘定科目のことを指します。

引当金は、将来発生する可能性が高い費用や損失のうち、当期の負担に配分すべきものです。引当金には、将来の退職金に備えた 退職給付引当金 、賞与支払いに備えた 賞与引当金 、売上債権などの回収不能リスクに備えた 貸倒引当金 などがあります。

意味や指値注文との違いを解説
【負債】に分類される勘定科目
流動負債
支払手形支払債務(指定の期日までに金銭の支払いを約束した証明書類)
買掛金支払債務(仕入に対して、後日金銭の支払いを約束したもの)
未払消費税確定した消費税のうち未払いのもの
未払法人税等確定した法人税、法人住民税、法人事業税などのうち未払いのもの
未払費用当期に計上する費用のうち未払いのもの(「未払利息」のように具体的な費用項目で示すこともある)
固定負債
長期借入金借入金のうち、返済までの期間が1年を超えるもの
社債企業の発行した借用証
退職給付引当金
将来発生する従業員の退職金のうち、今現在で発生が認められるもの

【純資産】に分類される主な勘定科目

貸借対照表のうち純資産の部は、「株主資本」「評価・換算差額等」「新株予約権」(連結決算の貸借対照表なら「非支配株主持分」を含む)に分けられます。大部分を占めるのが、株主資本です。

株主資本は、株主から出資を受けた額、事業活動による利益(株主への配当があれば配当分は純資産ではなくなります)から、会社が保有する自社株式を控除した額です。

【純資産】に分類される勘定科目
株主資本
資本金会社設立時や増資時の出資金
資本準備金出資を受けた額のうち資本金に計上しなかった額
その他資本剰余金資本剰余金のうち資本準備金以外のもの
繰越利益剰余金当期純利益の累積額(配当で取り崩される場合がある)
評価・換算差額等
その他有価証券評価差額金長期保有目的有価証券(その他有価証券)の評価の差額
新株予約権
新株予約権事前に取り決めた価格で投資者が新株を購入する権利

【収益】に分類される主な勘定科目

収益とは、企業が一会計期間で得た収入のことです。損益計算書では、本業で得た収入を「 売上高 」、預金の利息など本業以外で得た収益を「 営業外収益 」、通常の営業活動では発生することがまれな収益を「 特別利益 」に分けて表示します。

中でも収益の大半を占めるのが、売上です。損益計算書の表示科目は「売上高」となり、すべての売上の総額となりますが、複数の事業を行っている場合は事業ごとに売上を複数の勘定科目に割り振ることがあります。

【収益】に分類される勘定科目
売上高
売上(売上高)本業で得た売上(「商品売上」「その他売上」など複数の勘定科目を設けることもある)
営業外収益
受取利息
預金の利子など、本業以外で受け取った利息
雑収入手数料収入など、ほかの勘定科目に該当しない本業外の額の収益
特別利益
固定資産売却益固定資産の売却で売却額が帳簿価格を上回ったときの差額

【費用】に分類される主な勘定科目

費用は、損益計算書では、 「売上原価」「販売費及び一般管理費」「営業外費用」「特別損失」 に分けられます。売上原価とは、売上に対応する原価のことです。商品売買の仕訳で三分法を採用している場合は、仕入れ時には「仕入」勘定を使用し、決算整理仕訳のときに、仕入高に期首商品残高を足し、期末商品残高を差し引いた額を売上原価とする処理を行います。

外部報告用に損益計算書で「販売費及び一般管理費」でまとめられている科目の内訳は給料や家賃などで、費用の種類ごとに勘定科目を設けるのが一般的です。

【費用】に分類される勘定科目
売上原価
仕入(仕入高)販売目的で購入した商品や製品の購入額
販売費及び一般管理費
給料従業員に支払う給料
家賃事業所や支店などの家賃
租税公課収入印紙など税金の支払い
広告宣伝費広告や宣伝のために要した額
交際費取引先に贈ったお中元など
営業外費用
支払利息借入金の利息など
特別損失
固定資産除却損不要な固定資産(機械など)を処分したことによる損失

【アクション別】よく使う主な勘定科目一覧

このように、一般的に「〇〇費」、あるいは「○○代」と呼ばれるものは、それぞれ性質の異なる費用です。性質ごとに勘定科目に割り振られます。この項では、勘定科目にはどのような区分があるのか、取引の事例を含めて説明します。

売らないものを購入したとき

取引内容勘定科目(仕訳)
1台10万円未満のパソコンを買った消耗品費 / 〇〇
業務にかかわる情報収集のため雑誌を購入した新聞図書費 / 〇〇
業務で使う社用車にガソリンを入れた車両費 / 〇〇
会計ソフトを購入したソフトウェア / 〇〇
または
消耗品費 / 〇〇

売らないもの、特にソフトウェアや事務用品、工具などを購入したときに注意したいのが、1つあたりの購入額と使用可能期間です。1つあたり10万円未満のもの、10万円を超えても使用できるのが1年未満のものの購入については、費用に計上します。

費用に該当しない1つあたり10万円以上のものは、資産の勘定科目になるので、購入額と台数、使用可能期間をよく確認して判断するようにします。

売るものを購入したとき

取引内容勘定科目(仕訳)
販売目的で商品を購入した場合仕入(仕入高) / 〇〇
展示を目的に商品を購入した場合広告宣伝費 / 〇〇
製品を作るための材料を購入した場合材料費 / 〇〇

販売目的の商品を購入したときに使われることが多い科目は「仕入(仕入高)」です。総記法や分記法など、会社が採用している方法によっては仕入の代わりに「商品」勘定が使われることもあります。

サービスをうけたとき

取引内容勘定科目(仕訳)
一時的に機材や機械を借りたリース料 / 〇〇
機械を修理してもらった(修理によって性能は高まっていない)修繕費 / 〇〇
電気やガスを使った(利用料を支払った)水道光熱費 / 〇〇
インターネットを使用した(利用料を支払った)通信費 / 〇〇
電話を使用した(利用料を支払った)通信費 / 〇〇
取引先への移動で電車を使った旅費交通費 / 〇〇
宅配便を利用した荷造運賃 / 〇〇

サービスを利用した場合は、サービスの性質に合わせた勘定科目を割り当てます。リースを利用する場合は、短期間のリースなど一時的に利用する場合に費用計上は限られますので注意しましょう。

なお、購入したのとほぼ同等と認められるファイナンス・リース取引では、基本的にリース資産とリース負債の両建処理を行い、リース料のうちリース負債にあたらない額を「支払手数料」として計上します。

機械や事務所の修理については、修繕費に計上できるのは修繕によって性能が高まらない部分に関してのみです。修繕により資産としての性能が高まる場合は、性能の向上が認められる部分を資産に計上します。

税金や役所で公的な費用を払ったとき

取引内容勘定科目(仕訳)
収入印紙を購入した租税公課 / 〇〇
事業用不動産の固定資産税を払った租税公課 / 〇〇
印鑑証明書発行の手数料を支払った租税公課 / 〇〇
後日まとめて支払うために従業員の給料から源泉徴収税を天引きした給料 / 〇〇(預り金)

税金や公的な費用を払ったときは、基本的に「租税公課」で処理します。なお、従業員の源泉徴収税を「預り金」とするのは、納税の義務はあくまで従業員にあるためです。給与から預かったものとして処理します。

会社ごとに勘定科目を設定してOK

会計ソフトでは勘定科目があらかじめ設定されていることが多いので、会計ソフトの勘定科目を基準にカスタマイズするのがおすすめです。

なお、勘定科目の注意点として、 一貫性をもって使用すること が挙げられます。同じ処理に対して、同一の会計期間内に何度も勘定科目を変更すると、同じ処理に対して複数の勘定科目ができてしまいますので、帳簿の信頼が低くなってしまいます。少なくとも同一の会計期間内においては、同じ処理に対して同じ勘定科目を一貫して使うよう注意しましょう。

「解説」と「説明」の違いとは?意味を詳しく解釈

「解説」と「説明」の違い

言葉・カタカナ語・言語

「解説」 と 「説明」 は類似した意味をイメージさせる混同しやすい言葉ですが、 「解説」 と 「説明」 の意味・使い方の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、例文とその解釈も紹介しながら、 「解説」 と 「説明」 の意味の違いを分かりやすく解説していきます。

「解説」の意味や使い方

「解説」の意味や使い方

「解説」 という表現は、 「ある事柄の内容・意味を解きほぐして分かるように伝えること」 を意味しています。

「解説」 というのは、特に 「客観的な知識や専門的な見地に基づいて、一般的な事柄(社会的な問題)について分かりやすく説明すること」 を意味している言葉です。

「解説」 の使い方は 「中東情勢についての解説」 のように、 「ある物事について専門的な知識を参照しながら説明する場合」 に使うという使い方になります。

「説明」の意味や使い方

「説明」の意味や使い方

「説明」 という表現は、 「ある事柄の内容を分かりやすく伝える(教える)こと」 意味や指値注文との違いを解説 を意味しています。

「説明」 とは、特に 「日常的な事柄や個人的な気持ち・理由などについて、相手に分かるように述べること」 を意味している表現なのです。

「説明」 の使い方は 「昨夜の出来事について説明しました」 のように、 「日常的な物事や個人の感情などについて分かるように伝える時」 に使うという使い方になります。

「解説」と「説明」の違い

「解説」と「説明」の違い

「解説」 と 「説明」 の意味の違いを、分かりやすく説明します。

「解説」 というのは、 「ある物事の内容・意味を解きほぐして説明すること」 や 「特に客観的な知識(専門的な知識)に基づいて分かりやすく説明すること」 を意味しています。

それに対して、 「説明」 という言葉は 「ある事柄を分かりやすく教えること」 意味や指値注文との違いを解説 や 「特に身の回りの事柄や個人的な気持ち・理由などについて、相手に分かるように述べること」 を意味しているという違いを指摘できます。

「解説」 のほうが 「説明」 よりも、 「専門的な内容・社会的(公共的)な問題について、客観的な知識に基づきながら分かるように伝える」 や 「専門家(有識者)が一般的な物事について専門的に分かりやすく述べる」 意味や指値注文との違いを解説 という意味のニュアンスが強くなっているのです。

「解説」を使った例文と意味を解釈

「解説」を使った例文と意味を解釈

この 「解説」 を使った例文は、 「解説」 の表現を、 「このアナウンサーのニュースに関する専門的知識を交えた分かりやすい説明は」 意味や指値注文との違いを解説 という意味合いで使っています。

「説明」を使った例文と意味を解釈

「説明」を使った例文と意味を解釈

この 「説明」 を使った例文は、 「説明」 の表現を、 「新しいスマートフォンの新機能の使い方について、分かるように教えました」 という意味を持つ文章で使っています。

まとめ

「解説」 と 「説明」 の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「解説」 という表現は、 「客観的な知識・専門的な情報に基づいて説明すること」 を意味しています。

それに対して、 「説明」 という表現は 「日常的な事柄の方法・手順や個人的な感情・理由などについて、相手に分かるように伝えること」 の意味を持っています。

BITPoint(ビットポイント)のレバレッジ取引のやり方!|ビットポイントFX取引との違いは?

コインチェックのバナー

ゴリわかくん

BITPoint(意味や指値注文との違いを解説 ビットポイント)のレバレッジ取引を他の取引所と比較!

仮想通貨取引所 取り扱い通貨 取引手数料 最大レバレッジ
BITPoint BTC 無料 4倍
GMOコイン BTC,ETH,BCH,LTC,XRP 無料 5倍(BTCのみ10倍)
DMM Bitcoin BTC,ETH,XEM,XRP,LTC,ETC,BCH 無料 5倍
bitbankTrade BTC 0.1% 20倍

意味や指値注文との違いを解説 ビットコイン以外の、アルトコインの取引をしたい方はGMOコインやDMM Bitcoinで取引するのもおすすめ ですよ。

Bid(売値)とAsk(買値)、基本的な売買注文メニュー

投資における売値と買値と方法

Bid(売値)とAsk(買値)

=BIDが売り!ASKが買い!と覚えましょう

買い手が取引を完了するために売り手の価格を満たしている場合、それはtaking the ask、もしくはtaking the offerと呼ばれます。
売り手が買い手の価格を受け入れることに同意する場合、それは約定(英:hitting the 意味や指値注文との違いを解説 bid)と呼ばれます。ヒットと呼ぶ方もいらっしゃるかもしれません。

  1. 買い手AはXYZ株100株を購入するため成行注文を行います。
  2. 注文は両方の売り手の買値を受け、100.1ドルで50株、100.2ドルで50株が取引されます。
  3. 買い手Aのフィルプライスは100.15ドルとなります。これは購入したすべての株式の平均価格です。
  4. この取引が完了すると、スクリーンとチャートに表示される最終取引価格は100.2ドルとなり、これは買い手Aによって最後に完了した取引です。その価格が反映されます。

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる