FXの口座開設

先物オプション取引

先物オプション取引

225耳より情報

実際に SQ 値が想定通りになれば、「アウト・オブ・ザ・マネー( OTM )」となり、そのオプションは無価値となります。それにより、オプションの売り手(新規売り建ての投資家)は買い手(新規買い建ての投資家)への支払いもゼロで確定することから、当初貰ったプレミアムを丸ごと利益確定することができます。他方、 SQ 値が 2 万 8500 円を超えた場合は、その超えた「イン・ザ・マネー( ITM )」分だけ買い手への支払いが発生し、当初のプレミアム分を超えた分が損失となります。

プット・オプションの売りについては、たとえば SQ 値が 2 万 7000 円以上になると想定するのであれば、 先物オプション取引 2 万 7000 円のプット・オプションを売り建てることにより、同様にそのオプション価格分のプレミアムを貰うことができます。

実際に SQ 値が想定通りになれば、アウト・オブ・ザ・マネー( OTM )となり、そのオプションは無価値となります。そのため、オプションの売り手は買い手への支払いもゼロで確定することから、当初貰ったプレミアムを丸ごと利益確定することができます。他方、 SQ 値が 2 万 7000 円を下回った場合は、その下回ったイン・ザ・マネー( ITM )分だけ買い手への支払いが発生し、当初のプレミアム分を超えた分が損失となります。

ちなみに、 7 日大引け時点で 2 万 8500 先物オプション取引 円のコールオプションの価格(プレミアム)を見ますと、 10 日に SQ で最終決済となる 6 月限が 30 先物オプション取引 円、 1 ヶ月先の 7 月 8 日に最終決済となる 7 月限が 315 円です。実際に 1 枚売り建てる場合は、この 1000 倍の金額が動くこととなります。

他方、 7 日大引け時点で 2 万 7000 円のプットオプションの価格を見ますと、 10 日に SQ 値で最終決済となる 6 月限が 12 円、 1 先物オプション取引 ヶ月先の 7 月 8 日に最終決済となる 7 月限が 270 円です。オプション価格には「時間価値」が含まれていますので、 1 ヶ月ほど最終決済期限が伸びることで、随分と価格が変わってきます。

7 月の SQ 日(第 2 金曜日)である 8 日から 2 日後の日曜日には参議院選挙が予定されていますので、今の時点で 1 ヶ月後のことを想定した投資戦略に取り組むのが面白いのではないかと思います。

もし仮に、与党が勝利することをある程度見込んで 7 月 8 日の SQ 値が 2 先物オプション取引 万 8000 円以上になると考えるならば、 7 先物オプション取引 月限の 2 万 8000 円のプットオプションの売り建てが有効です。 7 日大引け時点のオプション価格は 590 円です。権利行使価格をもっと高い水準に設定すれば、プットオプション価格はその分もっと高くなります。

逆に与党が選挙で苦しいのではないか、あるいは勝利したとしても株式市場への好影響が限定的と見込むのであれば、 7 月限のコールオプション売り建てが検討されるでしょう。

ただ、オプション価格は、日経平均株価が OTM から権利行使価格の ATM (アット・ザ・マネー)、更にはオプションの買い建てにとっての「本質的価値」が発生する ITM へと推移するに伴って価格上昇度合いが加速するという特徴があります。これはオプションの売り建てにとって最も警戒すべき厄介なリスクとなり、デルタヘッジに必要な日経平均先物の枚数も増加してきますので、注意が必要です。

NY市場動向(取引終了):ダウ151.91ドル安(速報)、原油先物2.47ドル安

【 米国株式 】 前日比 高値 安値 ↑ / ↓
*ダウ30種平均 30364.83 -151.91 -0.50% 30690.80 30144.23 11 19
*ナスダック 10828.35 +19.12 +0.18% 10926.81 10733.04 1580 1893 先物オプション取引
*S&P500 3735.48 -14.15 -0.38% 3778.18 3705.68 178 324
*SOX指数 2689.89 +16.89 +0.63%
*225先物 26420 大証比 -240 -0.90%

【 為替 】 前日比 高値 安値
*ドル・円 135.31 +0.89 +0.66% 135.45 133.88
*ユーロ・ドル 1.0416 +0.0007 +0.07% 1.0485 1.0397
*ユーロ・円 先物オプション取引 140.95 +1.03 +0.74% 140.96 139.49
*ドル指数 105.48 +0.40 +0.38% 105.65 104.62

【 債券 】 前日比 高値 安値
* 2年債利回り 3.43 +0.08 3.45 3.23
*10年債利回り 3.48 +0.12 3.50 3.26
*30年債利回り 3.43 +0.08 3.44 3.27
*日米金利差 3.23 -0.13

【 商品/先物 】 前日比 高値 安値
*原油先物 118.46 -2.47 -2.04% 123.68 116.62 先物オプション取引
*金先物 1809.5 -22.3 -1.22% 1833.3 1806.1
*銅先物 415.6 -7.2 -1.71% 426.7 413.6
*CRB商品指数 315.67 -5.77 -1.80% 321.44 315.67

【 欧州株式 】 前日比 高値 安値 ↑ / ↓
*英FT100 7187.46 -18.35 先物オプション取引 -0.25% 7271.85 7135.15 35 65
*独DAX 13304.39 -122.64 -0.91% 13569.93 13294.00 12 先物オプション取引 28
*仏CAC40 5949.84 -72.48 -1.20% 6075.37 5934.12 10 31

第1回 「移動平均線」編

「移動平均線」とは、過去の一定期間の終値の「平均値」を計算し、その値をつないだライン(線)のことです。たとえば「5日移動平均」といえば、今日を含んだ過去5日間の終値の平均を算出したものになります。
翌日になると、その日を含む過去5日間の終値の平均を算出します。その次の日、さらにその次の日も同様に算出します。 移動平均線の傾きが上向きなら「上昇トレンド」、下向きなら「下降トレンド」と判断できます。また、現在の価格が移動平均線より上にあれば「上昇トレンド」、下にあるときには「下降トレンド」を示していると読み取ることもできます。

「短期線」「中期線」「長期線」を組み合わせてトレンドをつかむ!

「移動平均線」は、平均する日数に応じて短期線、中期線、長期線に分類して使います。設定期間が短いほど直近の価格により近くなり、逆に、期間が長いほど長期的な流れを示すという性質があります。この性質を利用し、大きく3つの線「短期線」「中期線」「長期線」に分けてそれぞれを組み合わせることでトレンドをつかむ方法です。
平均する価格の数は、確認したいトレンドの期間をもとに営業日ベースで求めます。例えば、中期的な視野で取引する場合は日数単位で価格を計る「日足」を使い、短期を約3週間分の「15日」、中期を約5週間分の「25日」、長期を約15週間分の「75日」などに設定します。また、長期的な視野で取引する場合は週単位で価格を計る「週足」を使い、短期を「13週(約3ヵ月)」、中期で「26週(約半年)」、長期で約1年にあたる「52週」などといった設定をおこないます。このように、それぞれのトレードに合わせて設定を変えて使います。

移動平均の設定方法


[メイン画面]

先物オプション取引
[ツールバー]

(2)移動平均の設定方法

『MarketSpeed - 環境設定』画面にて、「プロパティ1」のタブを選択してください。
「移動平均」のチェックボックスにてチェックされた移動平均を表示いたします。
分足移動平均、計算日数等の指定は日足1~200日、週足1~100週、月足1~100月(ヵ月)、分足1~150本の範囲で設定してください。

移動平均線で相場の流れを分析!

買いの「ゴールデンクロス」、売りの「デッドクロス」

短期の移動平均線が上昇トレンドで、中・長期の移動平均線を下から上に抜けたときが「ゴールデンクロス」。逆に短期の移動平均線が下降トレンドで、中長期の移動平均線を上から下に抜けたときが「デッドクロス」となります。
ゴールデンクロスが現れると通常相場が「強気」であることをあらわし、一方デッドクロスが現れると通常相場が「弱気」であると判断できます。
ただし、もみ合い相場での「ダマシ」には注意が必要です。
移動平均線は大きなトレンドが出る、いわゆる「大相場に強い」といわれていますが、その一方、特にゴールデンクロスやデッドクロスによる分析の弱点として有名なものに、「もみ合い相場に弱い」ということが挙げられます。「もみ合い相場」には、上昇もしくは下落の大きな流れが存在していませんので、価格が平均値の近くをウロウロと漂いつづけます。移動平均線は過去の平均を計算して算出することから、買いや売りのサインは少し遅れて出てきます。もみあい相場の中では、そのタイムラグによって売りどきなのに「買いサイン」が、買いどきなのに「売りサイン」が出るなどして、反応にズレが生じやすくなります。こうしたシグナルのズレを「ダマシ」と言います。相場の方向性を見誤るものとして、注意が必要です。

第1回 「移動平均線」編

「移動平均線」とは、過去の一定期間の終値の「平均値」を計算し、その値をつないだライン(線)のことです。たとえば「5日移動平均」といえば、今日を含んだ過去5日間の終値の平均を算出したものになります。
翌日になると、その日を含む過去5日間の終値の平均を算出します。その次の日、さらにその次の日も同様に算出します。 移動平均線の傾きが上向きなら「上昇トレンド」、下向きなら「下降トレンド」と判断できます。また、現在の価格が移動平均線より上にあれば「上昇トレンド」、下にあるときには「下降トレンド」を示していると読み取ることもできます。

「短期線」「中期線」「長期線」を組み合わせてトレンドをつかむ!

「移動平均線」は、平均する日数に応じて短期線、中期線、長期線に分類して使います。設定期間が短いほど直近の価格により近くなり、逆に、期間が長いほど長期的な流れを示すという性質があります。この性質を利用し、大きく3つの線「短期線」「中期線」「長期線」に分けてそれぞれを組み合わせることでトレンドをつかむ方法です。
平均する価格の数は、確認したいトレンドの期間をもとに営業日ベースで求めます。例えば、中期的な視野で取引する場合は日数単位で価格を計る「日足」を使い、短期を約3週間分の「15日」、中期を約5週間分の「25日」、長期を約15週間分の「75日」などに設定します。また、長期的な視野で取引する場合は週単位で価格を計る「週足」を使い、短期を「13週(約3ヵ月)」、中期で「26週(約半年)」、長期で約1年にあたる「52週」などといった設定をおこないます。このように、それぞれのトレードに合わせて設定を変えて使います。

移動平均の設定方法


[メイン画面]


[ツールバー]

(2)移動平均の設定方法

『MarketSpeed - 環境設定』画面にて、「プロパティ1」のタブを選択してください。
「移動平均」のチェックボックスにてチェックされた移動平均を表示いたします。
分足移動平均、計算日数等の指定は日足1~200日、週足1~100週、月足1~100月(ヵ月)、分足1~150本の範囲で設定してください。

移動平均線で相場の流れを分析!

買いの「ゴールデンクロス」、売りの「デッドクロス」

短期の移動平均線が上昇トレンドで、中・長期の移動平均線を下から上に抜けたときが「ゴールデンクロス」。逆に短期の移動平均線が下降トレンドで、中長期の移動平均線を上から下に抜けたときが「デッドクロス」となります。
ゴールデンクロスが現れると通常相場が「強気」であることをあらわし、一方デッドクロスが現れると通常相場が「弱気」であると判断できます。
ただし、もみ合い相場での「ダマシ」には注意が必要です。
移動平均線は大きなトレンドが出る、いわゆる「大相場に強い」といわれていますが、その一方、特にゴールデンクロスやデッドクロスによる分析の弱点として有名なものに、「もみ合い相場に弱い」ということが挙げられます。「もみ合い相場」には、上昇もしくは下落の大きな流れが存在していませんので、価格が平均値の近くをウロウロと漂いつづけます。移動平均線は過去の平均を計算して算出することから、買いや売りのサインは少し遅れて出てきます。もみあい相場の中では、そのタイムラグによって売りどきなのに「買いサイン」が、買いどきなのに「売りサイン」が出るなどして、反応にズレが生じやすくなります。こうしたシグナルのズレを「ダマシ」と言います。相場の方向性を見誤るものとして、注意が必要です。

第1回 「移動平均線」編

「移動平均線」とは、過去の一定期間の終値の「平均値」を計算し、その値をつないだライン(線)のことです。たとえば「5日移動平均」といえば、今日を含んだ過去5日間の終値の平均を算出したものになります。
翌日になると、その日を含む過去5日間の終値の平均を算出します。その次の日、さらにその次の日も同様に算出します。 移動平均線の傾きが上向きなら「上昇トレンド」、下向きなら「下降トレンド」と判断できます。また、現在の価格が移動平均線より上にあれば「上昇トレンド」、下にあるときには「下降トレンド」を示していると読み取ることもできます。

「短期線」「中期線」「長期線」を組み合わせてトレンドをつかむ!

「移動平均線」は、平均する日数に応じて短期線、中期線、長期線に分類して使います。設定期間が短いほど直近の価格により近くなり、逆に、期間が長いほど長期的な流れを示すという性質があります。この性質を利用し、大きく3つの線「短期線」「中期線」「長期線」に分けてそれぞれを組み合わせることでトレンドをつかむ方法です。
平均する価格の数は、確認したいトレンドの期間をもとに営業日ベースで求めます。例えば、中期的な視野で取引する場合は日数単位で価格を計る「日足」を使い、短期を約3週間分の「15日」、中期を約5週間分の「25日」、長期を約15週間分の「75日」などに設定します。また、長期的な視野で取引する場合は週単位で価格を計る「週足」を使い、短期を「13週(約3ヵ月)」、中期で「26週(約半年)」、長期で約1年にあたる「52週」などといった設定をおこないます。このように、それぞれのトレードに合わせて設定を変えて使います。

移動平均の設定方法


[メイン画面]


[ツールバー]

(2)移動平均の設定方法

『MarketSpeed - 環境設定』画面にて、「プロパティ1」のタブを選択してください。
「移動平均」のチェックボックスにてチェックされた移動平均を表示いたします。
分足移動平均、計算日数等の指定は日足1~200日、週足1~100週、月足1~100月(ヵ月)、分足1~150本の範囲で設定してください。

移動平均線で相場の流れを分析!

買いの「ゴールデンクロス」、売りの「デッドクロス」

短期の移動平均線が上昇トレンドで、中・長期の移動平均線を下から上に抜けたときが「ゴールデンクロス」。逆に短期の移動平均線が下降トレンドで、中長期の移動平均線を上から下に抜けたときが「デッドクロス」となります。
ゴールデンクロスが現れると通常相場が「強気」であることをあらわし、一方デッドクロスが現れると通常相場が「弱気」であると判断できます。
ただし、もみ合い相場での「ダマシ」には注意が必要です。
移動平均線は大きなトレンドが出る、いわゆる「大相場に強い」といわれていますが、その一方、特にゴールデンクロスやデッドクロスによる分析の弱点として有名なものに、「もみ合い相場に弱い」ということが挙げられます。「もみ合い相場」には、上昇もしくは下落の大きな流れが存在していませんので、価格が平均値の近くをウロウロと漂いつづけます。移動平均線は過去の平均を計算して算出することから、買いや売りのサインは少し遅れて出てきます。もみあい相場の中では、そのタイムラグによって売りどきなのに「買いサイン」が、買いどきなのに「売りサイン」が出るなどして、反応にズレが生じやすくなります。こうしたシグナルのズレを「ダマシ」と言います。相場の方向性を見誤るものとして、注意が必要です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる