取引戦略

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法とは
ヤマノケン

マーチンゲール手法はFXの必勝法?おすすめ?1000回検証

FX手法1000回検証

本日は、 FX 業界の中で必勝法と時折言われる マーチンゲール手法 が、一体どれほど危険で不効率なものかについて1000回の検証を通して考えてみましょう。

この記事を通して、あなたはリアルトレードでは絶対に確認することのできない 1000回分 の検証を、たった 5分 ほどで、はっきりと確認することができるでしょう。

マーチンゲール手法とは?FX必勝法?

まずは、 マーチンゲール手法 がどんなものかを確認しておきましょう。

マーチンゲール法とは 連敗する確率表
連敗数 確率 生活のどんな確率
3連敗 12.5%
5連敗 3.1%
8連敗 0.4 双子が生まれる マーチンゲール法とは
10連敗 0.1% 1年間で空き巣にあう確率

この表で示されていますように、10連敗する確率は 0.1% なので普通では全く起こりそうない、すごい数字ですよね。

しかし、この確率0.1%は、私たちの現実世界では、 1年間に空き巣にあう のと同じものだそうです。大勢の方は「空き巣にあうかも」と思ってしっかり戸締りを確認しますよね。

FXでマーチンゲール法は勝てるのか徹底検証!

アイキャッチ画像43 ダイス チップ FXでマーチンゲール法は勝てるのか徹底検証!

FX

  • そもそもFXにおける「マーチンゲール法」とは
  • FXにおけるマーチンゲール法の検証環境と検証するルール
  • FXにおけるマーチンゲール法の検証
  • FXにおけるマーチンゲール法を組み込んだEA
  • FXにおいてマーチンゲール法は勝てるのか徹底検証!:まとめ

そもそもFXにおける「マーチンゲール法」とは

最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として永らく愛されてきた。倍賭け法とも言われる。

まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法である。 試行回数に関係なく、勝った時には1単位を得る ことになる。

多くの場合には少額の勝ちであるが、負ける時は大敗 する。負けが連続するとたちまちパンク、もしくはテーブルリミットと呼ばれる賭けの上限に達してしまう。

No勝敗通貨数損益(円)資金(円)
初期10,000100,000
110,0003,000103,000
210,000 -3,000 100,000
320,0006,000106,000
410,000 -3,000 103,000
520,000 -6,000 97,000
640,000 -12,000 85,000
780,00024,000109,000
810,000 -3,000 106,000
920,0006,000112,000
1010,0003,000115,000

上記表の損益と資金の推移に注目してみると、 常に最後に勝ったときの資金から3,000円増えるように利益が出ている マーチンゲール法とは ことがわかると思います。

つまり 負け分を取り戻したうえ、+3,000円になる ようになっています。

この部分を実現する手段として通貨数を倍々に増やしているので、
負けた場合通貨数は 「10,000 × 2^(1 + 連敗数)」で増加 しています。

FXにおけるマーチンゲール法の検証環境と検証するルール

項目説明
MT4Axiory MetaTrader4
Version 4.00 build 1340
ヒストリカルデータ取得元デューカスコピージャパン
通貨ペアUSDJPY
テスト期間2004年1月1日~2020年12月31日
テストモード始値のみ(※1)
スプレッド固定:3pips
時間軸日足
証拠金通貨USD(米ドル)
初期証拠金10,000USD
  1. 二分の一の確率でランダムに売りか買いを行う
  2. ポジションを保持している間は新たにポジションは建てない
  3. マーチンゲール法とは
  4. 初期ロット数は1,000通貨
  5. 損切と利確は50pipsで固定
  6. 負けた場合、次のエントリーはポジションを倍に増やす
  1. 二分の一の確率でランダムに売りか買いを行う
  2. ポジションを保持している間は新たにポジションは建てない
  3. 1回のトレードの損失はトレード資金の1%に設定
  4. マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは
  5. エントリー時のATR(期間10)の3倍を損切りと利確として設定する
  6. 負けた場合、次のエントリーはトレード1回あたりの許容損失を倍にする

FXにおけるマーチンゲール法の検証

  1. 検証ルール1の検証
  2. 検証ルール2の検証

検証ルール1の検証

No平均12345678910
純益-10327.613-10930.マーチンゲール法とは 72-7242.78-12109.5-8230.98-11361.35-9800.75-11629.03-10047.マーチンゲール法とは 21-10187.33-11736.48
総利益27062.6428498.312890.091858.3230641.536462.5138533.921677.1393573.7147425.789065.15
総損失-37390.255-19429.02-20132.87-13967.82-38872.5-17823.86-48334.65-33306.17-103620.92-57613.11-20801.63
プロフィットファクタ0.5970.440.640.130.790.360.80.650.90.820.44
期待利得-78.942-88.15-83.25-263.25-21.43-124.85-24.75-49.7-11.1-20.88-102.06
絶対ドローダウン10327.61310930.727242.7812109.58230.9811361.359800.7511629.マーチンゲール法とは 0310047.2110187.3311736.48
最大ドローダウン12077.85512804.977331.2213066.0311646.7912676.6811852.7813610.6812961.3912158.マーチンゲール法とは 6312669.38
相対ドローダウン103%107.84%72.67%119.25%86.81%112.03%98.35%113.60%100.37%101.56%115.88%
総取引数287124874638491396234905488115
売りポジション数138.15644201794418712841125062
売りポジション勝率(%)47%52%34%60%44%52%44%49%47%44%47%
買いポジション数148.96843262054720910649423853
買いポジション勝率(%)46%50%28%54%51%49%48%47%45%46%43%
勝トレード数132.76327261834618311341621852
勝率(%)47%51%31%57%48%51%46%48%46%45%45%
負トレード数154.36160202014521312148927063
負率 (%)53%49%69%43%52%49%54%52%54%55%55%
最大勝トレード3636.32735.215283.49337.155209.762615.295352.135323.555300.582811.341394.5
最大敗トレード-5959.735-6361.86-3152.22-6569.85-5881.73-6299.98-5943.67-6564.74-6390.93-6058.55-6373.82
平均勝トレード201.092134.89477.4171.47167.44140.49210.57191.83224.94217.55174.33
平均敗トレード-319.958-318.51-335.55-698.39-193.4-396.09-226.92-275.26-211.9-213.38-330.18
最大連勝トレード数1.73141111212
最大連敗トレード数7.マーチンゲール法とは 98788888888
最大連勝金額3665.4862819.795283.49460.755209.762615.295352.135323.555341.282811.341437.48
最大連敗金額-11848.061-12539.6-6249.85-13066.03-11646.79-12512.67-11852.78-13163.59-12728.マーチンゲール法とは 08-12051.84-12669.38
平均連勝2.12232222222
平均連敗2.12322222222

そうなると ロット数は初期ロットより2^8=256倍 にまでなるため、最大連敗金額が示すように負けが莫大な金額となり最終的に証拠金が足りなくなって破産しているようです。

バイナリーオプションでマーチンゲール法は本当に危険!?

バイナリーオプションでマーチンゲール法は本当に危険!?

バイナリーオプション講座

    マーチンゲール法とは
  • マーチンゲールとは
  • マーチンゲールはやっていいのかダメなのか

聞いたことがある人からすると 「危険」 という二文字の言葉が出てくるのではないでしょうか。

バイナリーオプションを始めたばかりの初心者からすれば、 何故危険なのかわからない と思います。

今回は、 マーチンゲールが危険と思われている理由や、使っても大丈夫なのか をわかりやすく解説します。

マーチンゲールとは

バイナリーオプションを始めたばかりの初心者の方からしたら、 「マーチンゲールって何?」 となると思うので、まずはどういった手法なのかを解説します。

マーチンゲールの例

マーチンゲール法とは
投資額 配当金 総投資額 損益
¥1,000 ¥1,850 ¥1,000 ¥850
¥2,マーチンゲール法とは 000 ¥3,700 ¥3,000 ¥700
¥4,000 ¥7,400 ¥7,000 ¥400
¥8,000 ¥14,800 ¥15,000 ¥200
¥16,000 ¥29,600¥31,000 ¥-1,400

例として ペイアウト率を1.85倍 として、表で出してみました。

4回目までは、辛うじて利益になっていましたが、 5回目からは総投資額が配当金を上回ってしまい全体的に損失 となってしまうのです。

マーチンゲールはやってもいいの?

できる業者とできない業者がある

資金があればやってもいいやってもいい?

投資額 必要な資金
¥1,マーチンゲール法とは 000 ¥1,000
¥2,000 ¥3,000
¥4,000 ¥7,000
¥8,000 ¥15,000
¥16,000 ¥31,000
¥32,000 ¥63,000

勝率の関係なくやらない方がいい

焦っていれば冷静な判断ができないですし、 「勝率が50%もあるから適当に投資してしまえ!」 という考えにもなりやすく、非常に危ない状況なのです。

やりたいならルールを作ろう

一部業者で口座凍結の可能性あり

ローソク足その5:たった2本だけで相場予測【つつみ線・はらみ線編】

この記事でわかること ローソク足のつつみ線について ローソク足のはらみ線について ローソク足の組み合わせることについて ローソク足には様々な組み合わせがあり、バイナリーオプションを始めたばかりの人にはわか.

バイナリーオプションでかかる税金と確定申告を徹底解説

この記事でわかること 確定申告について 国内バイナリーオプションの税金と確定申告 海外バイナリーオプションの税金と確定申告 バイナリーオプションの投資によって所得を得た場合に、税金がどのくらいの所得から発.

バイナリーオプションで勝てない理由と勝ち方を解説

バイナリーオプションを始めて間もない時、勝つことが難しく感じてしまう方がいるかもしれません。 でもバイナリーオプションをせっかく始めたのですから、できれば勝ってみたい気持ちが湧いてきますよね。 そんな人向けにバイナリーオプションで勝てな.

ローソク足その1:見方と種類の解説

この記事でわかること ローソク足とは ローソク足の見方と名称 ローソク足の種類 バイナリーオプションを始めたばかりでローソク足のことについてまったくもって理解ができていないと、為替チャートを読み解いていく.

バイナリーオプションで使われている移動平均線の解説講座

この記事でわかること 移動平均線とは 移動平均線を使い分けること 移動平均線の種類 バイナリーオプションは、FXと同じように為替レートを使って投資をするため、どうしてもFXの専門用語を覚える必要があります.

バイナリーオプションで使われているボリンジャーバンドとはいったい何?

この記事でわかること ボリンジャーバンドとは何か ボリンジャーバンドは確率がある バンドの向きと幅について バイナリーオプションをやっていく中で、ローソク足や移動平均線など様々な専門用語があって、わからな.

マーチンゲール法の使い方や応用テクニックとは?カジノ攻略法を完全解説


ここでは マーチンゲール法とはどんな攻略法なのか 解説を行っていきます。
万能な攻略法ではなく、 「競馬」「競艇」など不向きなギャンブルも存在する ので使いどころには注意が必要です。

  • 理論上勝率100%の手法?
  • マーチンゲール法の由来は?
  • マーチンゲールの利用方法は?
  • マーチンゲールのデメリット
  • マーチンゲール法の税金に注意!

理論上勝率100%の手法?

マーチンゲール法は 理論上の勝率が100%あるカジノ必勝法 として有名です。
しかしどんなゲームにも使用できる訳ではなく、「賭け対象の倍率が2倍」、「資金が無限にあること」が条件となっています。
この条件を満たせば、 賭け方も簡単で理論上は負けることがありません。 ただあまりに強力な必勝法のため、カジノ側で対策をとっていることが一般的。しかし、使用できる場面は多くあります。
またマーチンゲール法の考え方は、数多くのカジノ攻略法の元となっているものです。マーチンゲール法を理解することが勝ち組プレイヤーになるための最初の一歩と言えるでしょう。

マーチンゲール法の由来は?

マーチンゲール法はその昔、 マーチンゲール法とは マーティギュー というところに住んでいた人が好んで使っていたため「マーティギューシステム」と呼ばれていました。
負けたら倍プッシュする定番の攻略法ですが、元々は全く違う名前だったのです。他に伝わるうちにいつの間にかマーチンゲール法になったと言われています。

マーチンゲールの利用方法は?

マーチンゲール法の利用方法は簡単ですぐに覚えられます。
まずマーチンゲール法を利用できるのは、ルーレットの赤黒賭けのように 的中倍率が2倍のもの。 これは大事なことなので必ず覚えておきましょう。
あとは ベットして負けた場合に、次のベットで負けた時の賭け金の2倍をベットする だけです。
なぜこれが必勝法になるのか、実際にシミュレーションしてみると簡単に理解できます。
次の表はルーレットの赤黒賭けでマーチンゲール法を利用したものです。最初の2回は外れて、3回目に的中しています。

ゲーム(数)賭け金損益合計損益
11-1-1
22-2-3
3441

計算上は何回負けが続いても、その次に負けた時の金額の2倍を賭けて勝つことができれば、必ず利益がでます。
つまりマーチンゲール法は理論的には期待値が必ずプラスになる必勝法というわけです。
しかしプレイヤー側の期待値がプラスであれば、カジノ側がマイナスになり運営を続けられなくなってしまいます。
実はマーチンゲール法には、デメリットと言える点が存在するのです。

マーチンゲールのデメリット

マーチンゲール法は、理論上は1回でも勝つことができれば収支がプラスになる必勝法です。
しかし、実際には カジノ側の対策で賭けることができる上限金額が決まっていたり、プレイヤーの資金に限りがあったりします。
そのため、マーチンゲール法はどんな場面でも使える必勝法ではありません。
倍賭けができなくなった時点で負けた資金の回収が不可能になり、マーチンゲール法は失敗に終わります。
失敗した際には賭け金が膨れ上がっていることが多いので、大金を損切りしなくてはいけなくなることも多いです。
倍率2倍の勝負で連敗する確率は低くなっていきますが、マーチンゲール法にはこういったデメリットが存在します。

マーチンゲール法の税金に注意!

大勝ちした時に覚えておいて欲しい点があります。それは オンラインカジノのギャンブルで得た勝利金は税金の対象となる ことです。

マーチンゲールを活用した攻略法


ここでは、 実際のカジノのギャンブルで活用できるマーチンゲール法を利用した攻略法 を紹介していきます。

  • 攻略法①マーチンゲール法とパーレー法を組み合わせる
  • 攻略法②空回し(様子見)をして勝率を上げてからマーチンゲール法を利用する
  • 攻略法③3倍マーチンゲール法

攻略法①マーチンゲール法とパーレー法を組み合わせる

逆マーチンゲール法と呼ばれる パーレー法 は、マーチンゲール法との相性がとても良いです。

その パーレー法の損失分を取り戻すためにマーチンゲール法が有用 です。
バーレー法は連勝を狙うためうまくいく確率が低いですが、逆にマーチンゲール法は連敗の阻止を狙うため成功率が高い攻略法になります。

ゲーム(数)賭け金損益合計損益
1111
2223
34-4-1
41-1-2
5220

攻略法②空回し(様子見)をして勝率を上げてからマーチンゲール法を利用する

マーチンゲール法で負け続けた時は、 空回し を利用することが効果的です。

空回しはベットをせずにルーレットの出目などを見ること。同じ出目は連続して出る確率が低いことを利用し、 的中する確率を上げる攻略法 です。

ゲーム(数)賭け金ベット出目損益合計損益
11-1-1
22-2-3
3-3
4-3
5-3
6441

攻略法③3倍マーチンゲール法

3倍マーチンゲール法 は、 負けた時に賭ける金額を3倍にする というマーチンゲール法を応用した攻略法です。
この攻略法は、ベット上限が高めに設定されているゲームや資金に余裕がある方におすすめの攻略法になります。

ゲーム(数)賭け金損益合計損益
11-1-1
23-3-4
39-9-13
427-27-40
5818141

マーチンゲールを上手く活用しよう!


マーチンゲール法は理解するのが簡単な攻略法ですが、 理論上の勝率は100%であるとても利用価値のある攻略法 です。
ベット金額の上限やプレイヤーの資金に上限があるなどで、マーチンゲール法が失敗に終わるデメリットはあります。
しかし、他の攻略法と組み合わせることで失敗をうまく回避し、大きな利益を得ることが可能です。
どれだけ有効な攻略法であるか気になった方は、ご自身の手でマーチンゲール法を試してみるのをおすすめします!

マーチンゲール法は99.9%勝てる投資法。なぜ勝てるのか?メリットデメリットをフカボリ!

ヤマノケン

ヤマノケン

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法イメージ

やり方は 負けたら次は2倍のベット というシンプルな手法です。

マーチンゲール法とは
名称 マーチンゲール法
系統 負けたら金額を増やす系、資金があれば負けない
対応ギャンブル 勝率1/2、倍率2倍のギャンブル用
やり方 負けたら一つ前の賭け金を倍にして賭ける。勝つまで続ける。
1セット終了時の期待値 どんなに負けても1回勝てば必ず最初のベット額(例100bit)分の利益が出る。(よって1である)
特徴 倍々方式なので、連敗した時のベット額上昇率が高い。

マーチンゲール法はなぜ勝てるのか

シミュレーションを表にすると以下のようになります。

回数ベット額勝ち負け(これまでの負けを含む)勝利時の利益
1回目100200-100100
2回目200400-300100
3回目400800-700100
4回目8001600-1500100
5回目16003200-3100100
6回目32006400-6300100
7回目640012800-12700100
8回目1280025600-25500100

マーチンゲール法をバスタビットを例にして実践

バスタビットサムネイル


例えばバスタビットの場合は2倍が出る確率は約1/2なので、この手法が使えます。自動で2倍でストップするように設定します。

  1. まずは、少額の100Bitベットします。
  2. 勝てば 100Bitの利益です 。1回目に戻ります。 負けたら次は2倍の200Bitをベットします。
  3. ここで勝てば200Bitの利益です。前回までに100Bit負けているので 合計100Bitの利益です。 1回目に戻ります。 負けたら次は2倍の400Bitをベットします。
  4. ここで勝てば400Bitの利益です。前回までに300Bit負けているので 合計100Bitの利益です。 1回目に戻ります。 負けたら次は2倍の800Bitをベットします。
  5. ここで勝てば800Bitの利益です。前回までに700Bit負けているので 合計100Bitの利益です 。1回目に戻ります。 負けたら次は2倍の1600Bitをベットします。
  6. ここで勝てば1600Bitの利益です。前回までに1500Bit負けているので 合計100Bitの利益です 。1回目に戻ります。 負けたら次は2倍の3200Bitをベットします。
  7. ・・・勝つまで続けます。 勝ったら1回目に戻りこのセットを繰り返します。

どうでしょう? 何回負けても、最後には100Bitの利益を得てしまいます。 続けられると負けたくても負けられません。

初心者君

豚チョキ

登場人物A

ちょっと待って!マーチンゲール法は破産の法則とも言われているリスクの高い手法だからきちんとリスクを理解しよう!

マーチンゲール法は破産の法則なのか?数字で検証

マーチンゲール法破産シーン

倍プッシュ

マーチンゲール法をフカボリ!

ヤマノケン

ヤマノケン

マーチンゲール法とは
回数ベット額負け時の損益勝利時の利益この回に達する確率
1100100100
220030010050%
340070010025%
4800150010012.5%
5160031001006.25%
6320063001003.125%
76400127001001.5625%
812800255001000.78125%
925600511001000.390625%
1051200 102300 1000.1953125%
11102400204700100 0.09765625%
122048004095001000.048828125%
134096008191001000.0244140625%
14819200 1638300 1000.01220703125%
1516384003276700100 0.006103515625%
16327680065535001000.0030517578125%
176553600131071001000.00152587890625%

例えば、赤字に注目しましょう。資金を 10万2300Bit 用意していた場合、9回までは連続で負けても良く、10回目に突入して負けるとトータルで10万2300Bitを失っているので、11回目に10万2400Bitを賭ける事が出来ず破産するという表です。 マーチンゲール法とは 11回目に突入する確率が 0.09765625% なので、10回目で負けて破産する確率が0.09765625%という意味です。

9連敗した次に負ける確率は1%未満なのか

確率は50%

これを確率論では独立性といいます。 6回連続くらいなら割と多く遭遇します。 だんだんお腹が痛くなるような勝負になってきます。 しかし、毎回負ける確率は常に50%で変わらないのです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる