テクニカル分析

為替相場で勝つためのエントリーポイントとは

為替相場で勝つためのエントリーポイントとは
精度の高いラインを引くうえでもう一つ大事なのが、

為替相場で勝つためのエントリーポイントとは

日本の投資技術向上を理念に行動中

🔻 この循環を常に意識してます 🔻

どうしても勝ちたい人(自助努力、継続を習慣に出来る人)が学びにくる。(初心者~勝ててない人)

基礎からきっちり伝えて手法(技術、メンタル、資金管理)を

習得できるようにフォローする。

、②によって①の人が勝ててくる⇒①の人の収入が増えて人生が豊かになる(縛られない)=勝ててくれば私も嬉しい(コミュニティの仲間が増える)

勝ててくる人達が増えれば、それが広まり、まだ見ぬ未来の①の人に繋がり良い循環が生まれる=社会に多少なりとも貢献できる(私の気持ち的に)

、①~④を循環させる事によってミクロレベルから

日本社会を良くしていく

🔽【 投資は技術 = 手に職です。

その 技術を手にしたとき

今後の人生において どれぐらい快適になるのでしょうか?

今ある生活水準+α(経済的自由、縛られないetc..)

FX&暗号資産 で【 勝つ 】と言う事は誰にも盗られる事がない、

永続的な投資技術を会得 (体得)した事になり

副業であれば、本業とは別の収入を得られ専業であれば、自宅や外出先、

または海外で自由な時間を得ながら収入を得る事は可能です。

🔽 自由な時間や収入が手に入る技術を得るために

多少人生の時間を使ったとしても (数年)

その後の人生においてかなりのメリットがあることは

言うまでもないと思います。

自分自身に先行投資 、これが人生に縛られないコツです。

🔽 自助努力がしっかり出来る方は

個人差はありますが、時間がかかっても

勝つという目標に対して、達成出来るカリキュラムは確立している為

FX&暗号資産でどうしても勝ちたい

という方にとっては、これ以上ない環境を提供しております。

🔽 私の気持ちとすれば 、勝ちたいと心の奥底から思っている方を

時間がかかっても 勝たせたい ですし、勝ってほしいと思っておりますし

同じレベルに迄、引き上げてあげたいと思っています。

それを実現する為に、私も時間をかけて日々フォローをしております。

勝ちたいと思っている人達が

勝てている人達に変化して継続して学びの場にいて

それをフォローする私がいるMottiコミュニティーではありますが

共通するのは(思考含む)、みんな

前向き(ポジティブ)に物事を捉えている集団 】という事になります。

🔽 プラス思考しかいないコミュニティーに入るという事

インターネット上であったとしても、意識が繋がっている事になり

Mottiコミュニティを通じて(集合的無意識によって)

みんなとプラスの意識を共有している事になりますので、

更に前向きに取り組むことが可能です。

🔽 為替相場で勝つためのエントリーポイントとは 手っ取り早く勝ちたい方、今すぐ勝ちたい方

時間をかけるなんて無駄という思考の方 や、

自己中心的な方、否定的な方、攻撃的な方、相手を尊重する事が出来ない方

後ろ向きでネガティブ思考の方は、その根本を変える事ができない限り

私含めて、プラス思考しかいないコミュニティーなので

入ることは可能かもですが、自然と距離は出来るとは思います。

🔽 基本的に来るもの拒まず、去る者追わずのスタイルではありますが

自分自身の人生全般を変える事が出来るコミュニティーですし、

トレードで勝つ以上の事も色々学べる環境です。

※トレードで勝った後が実は更に重要だったりするので。

🔽 ただ、それを素直に学んで実践する事が出来るのは

コミュニティーに参加する方の【 心のみ 】が実現可能となりますので、

学び方&思考法 】も読んで頂きつつ

プラス思考のコミュニティーに入ってFXを能動的に学び、

勝つというのは当然の事、

それ以上に人生を楽しく過ごしたいという方は

迷っている時間も勿体ないと思いますので

人生の限られた命の時間を大切にしつつ、

人生を謳歌していけるメンバーとして

一緒に積み重ねていければと思っております。

Motti

2020年5月4日(日)
~特別応援コロナプラン実施中~
コロナが収束するまで【 期間限定
2020年5月~12月満員御礼
2021年1月~12月度満員御礼
2022年1~5月度満員御礼 為替相場で勝つためのエントリーポイントとは 為替相場で勝つためのエントリーポイントとは

2022年6月度 残り1名(3名限定)

🔽ワクチン未接種者限定プラン、
ワクチン割引開始します。
※FX個人レッスン申し込み、 最下部にて
🔽 日本人の為 の、 本当の日本人 による
参政党 】を Mottiは応援しています

🔽日本人である ならば

一度は じっくり耳を傾ける必要があります

~ なぜ継続出来ないのか? ~

人間の『 恒常性 = ホメオスタシス = 防衛本能 』を理解する。

🔽 人間の恒常性(こうじょうせい)?ホメオスタシス?防衛本能?

まず恒常性=ホメオスタシスとは何なのでしょうか?

※『 恒常性 』(homeostasis)は生命現象の基本原理の一つであり

3つの制御システム(免疫系、 内分泌系、脳神経系)がその中心的な役割を担う。

■ 免疫系 = 外部から侵入してくる異物を防ぐ。

■ 内分泌系 = ホルモン分泌を調整する。

■ 脳神経系 = 身体の働きを調整する自律神経。

上記3つのシステムの相互作用によって人間は維持されている。

何となくわかったような、わからないような・・という状態かもしれないですが、

簡単に言ってしまえば

『 恒常性(ホメオスタシス) = 元に戻そうとする動き= 現状維持機能 』です。

為替相場で勝つためのエントリーポイントとは 🔽 では次に制御システム別の例をみていきたいと思います。

■ 免疫系=細菌やウイルスに対する反応

鼻から入るウイルスや細菌をまずは『 くしゃみ 為替相場で勝つためのエントリーポイントとは 』で振り落としますが、

それでも体内に侵入してきて(切り傷等も含む)、感染してしまった場合は、

白血球が防衛部隊として、ウイルスや細菌に対して攻撃を仕掛け

時間はかかったとしても、

元の元気な身体に戻す=恒常性が働いていると認識出来ます。

■ 内分泌系=正常な代謝機能の維持、消化液の分泌調整

血中のカルシウム濃度の調整や、血糖値等の調整を自動でおこない

平常時の数値に戻す。

■ 脳神経系=自立神経(平熱に戻す=体温維持機能)

マラソンなどをして体温が高くなった時、

脳は交感神経を刺激して汗腺から発汗を促して

発汗による気化熱で体温を下げますし=元の温度に戻す。

寒い地域や空間にいる時は、汗腺を閉じます(鳥肌が立つ状態)、

それでも寒い場合は、

筋肉を震わせて発熱を促して温度をあげようとします=元の温度に戻す。

寒い時に身体が身震いして、歯がガチガチなるあれですね、

あれが脳神経系の恒常性が自動的に働いている状態となります。

🔽 上記は大体理解したけど、

それと 『 FXと 何の関係があるの? 』ですよね。

実は この恒常性=ホメオスタシスというのは

3つのシステム=生命維持機能だけではなく

その人の『 習慣 』や『 考え方や感情 』、しいては『 性格 』についても

恒常性=ホメオスタシス 』が働いているんです。

FX&暗号資産を始めよう&学ぼうとした場合、それは今までの生活の

流れ(習慣)の中になかった 『 異物 』が入ってきたと認識されてしまいます。

その異物が何なのか?

というのが実は新しい『 習慣 』となります。

これはFXを新しい習慣=異物としてみておりますが、

新しい習慣であれば、何にでも当てはまります。

■ FXを始めよう

■ ダイエットをしよう

■ 筋トレをしよう

■ マラソンをしよう

■ 英語を始めよう

などなど、新しく始めようとする習慣というのは

すべて異物として処理されていきます。

🔽 その場合、

まず 起きる反応があれこれ理由をつけて (めんどくさい、テレビをみたいetc..)

辞める理由を探して実行してしまいます =何も初めていなかった頃の習慣に

戻したい & 戻さなければ = 前の状態を維持したい 』という

恒常性=ホメオスタシスが自動的に機能してしまうからです。 為替相場で勝つためのエントリーポイントとは

これが俗に言う『 三日坊主 』の正体でもあり、

これが詰まるところ、『 人間の防衛本能 』と直結してきます。

デイトレで勝つために必要なこと/エントリーのタイミングは抵抗線で見極める!!

上がるも八卦、下がるも八卦?

また、トレードに勝つためには 複数のルールを組合せて 、勝てるトレードを構築する必要があります。

私はこの記事のルールと 『勝率、期待値の分析』、『短期的な相場の方向性の分析』を組み合わせて トレードしています。

勝率アップの鍵は、株価の抵抗線を確認すること!

逆に言えば、勝率を上げる要素の一つとしては、 抵抗線だけで十分 為替相場で勝つためのエントリーポイントとは です。

私は 抵抗線として下記の7つ を使用しています。

  1. 前々日の最高値
  2. 前々日の最安値
  3. 前日の最高値
  4. 前日の最安値
  5. 当日の高値
  6. 当日の安値
  7. 当日の抵抗線

エントリーのルール、抵抗線の使用方法は?

クリックで拡大します

前日の高値が抵抗線となっており、 買い不可の条件の位置 にいます。

クリックで拡大します

当日の高値が抵抗線となっており、 買い不可の条件の位置 にいます。

クリックで拡大します

  • 利小損大の戦略をとる。益出し幅を小さく、損切り幅を大きめに。
  • 相場全体の短期の方向を把握し売買を判断する。
  • 為替相場で勝つためのエントリーポイントとは
  • 常にトレード結果を踏まえ、勝率と期待値を把握し改善の材料とする。

・ 以上、≪ デイトレで勝つために必要なこと/エントリーのタイミングは抵抗線で見極める!! ≫ でした。

関連記事を表示

コメントをどうぞ コメントをキャンセル

❶ トレード手法の解説

デイトレで勝つために必要なこと/エントリーのタイミングは抵抗線で見極める!!

デイトレで勝つために必要なこと/トレンド相場レンジ相場を見極める!!

利小損大でデイトレに勝つ!損切り幅と益出し幅を標準偏差から導き出す

損小利大 vs 利小損大、勝てる手法は?益出し幅と損切り幅の分析。

デイトレで勝つため必要なこと/トレードの期待値分析は必須です!!

❷ シストレ・自動売買の構築

➌ トレード成績と期待値分析

2021年12月6日 マイナス1,253円。1勝2敗、抵抗帯の検知が甘かった(反省)。

2021年12月2日 マイナス269円。1勝、1敗、レンジ相場でトントンでした。

FXで4時間足は最強?手法とエントリーポイントを解説

鈴木拓也

鈴木拓也

スキャルピングは4時間足に向いていない

スキャルピングとは数秒から数分で取引を完結させる超短期売買のスタイルです。

短期的な値動きを予想して売買していきますので、スキャルピングをする方は 4時間足を見ても全く参考になりません。

デイトレとスイングが4時間足に向いている

4時間足に向いているトレードスタイルはデイトレードとスイングトレードです。

デイトレ―ドとは1日のうちに取引を完結させるスタイルで、 4時間足は上位足として主要なトレンド方向を判断 するのに向いています。

一方で、スイングトレードは数日から数週間で取引を完結させるスタイルで、 4時間足はエントリーポイントを見つける 際に使用されます。

デイトレードで4時間足を使う手法

上記で解説した通り、デイトレードでは4時間足はエントリーポイントの選定ではなく、上位足の相場環境認識をする際に使用されます。

相場環境認識とは、一言でいうと 現在の主要なトレンドがどうなっているか を判断することです。

4時間足でトレンド判断をする

例えば、下図チャートのように、4時間足で移動平均線の向きが上向きであれば上昇トレンドと判断できます。

移動平均線の向きが下向きにならない限り、上昇トレンドが続いていることを示しているので、4時間足から下位足に時間足を切り替えて、買いを狙うことができます。

5分や15分足でエントリーポイントを狙う

スイングトレードで4時間足を使う手法

スイングトレードでは4時間足を、エントリーポイントを決める際に使用します。

短期売買では1日に6本しか完成しない4時間足をエントリーポイント選定に使うことは出来ませんが、数日から数週間で取引を行うスイングトレードであれば、 4時間足は最適な時間足 となります。

水平ラインでFXを極める!勝率の高いエントリー・ブレイクを見極める正しい引き方。

水平線トレードでエントリータイミングを極める!簡単に使えるFXテクニカル分析の要

水平線のみで反発・ブレイクポイントが簡単にわかる!

つまり、過去に出来た「高値・安値」が未来の価格に影響を及ぼしていることです。

水平線は価格の重大な「節目」を教えてくれる

水平線は今後の値動きの分岐点となる重大な 「節目」 を教えてくれます。

価格は「節目で止まり」「節目で伸びる。」

水平線には多くの売買注文が溜っている

それは節目として認識された水平線には 「売買注文が溜っているから」 です。

この画像の場合だと水平ラインは、売り方の損切りラインとなり、ライン直上には損切りの買い注文が集まります。

すると、価格が黄色のラインを突破したとき、ライン付近で戻し売りの注文を出していたトレーダーたちは損失を出していますので、損切りの買い注文を出すことになり、価格は瞬間大きく上昇します。

FXトレードは水平線使い方と時間足で決まる!勝てるエントリーのための正しい引き方 為替相場で勝つためのエントリーポイントとは

水平線が持つ2つの役割

・レジスタンス(抵抗)

・サポート(支持)

価格がサポートライン・レジスタンスラインで抑えられたり、支えられたりすると相場はそのラインを 「天井(底)」 と認識し、それまで買いポジション(売りポジション)を保有していたトレーダー達が「これより上値(下値)を目指すのは無理だ!」と、決済の注文を入れ、その後その動きを見た新規トレーダーが増えることにより、価格は反転することになるのです

エントリータイミングで使うネックライン

ネックラインは、価格がそのラインを抜けたことで大きく伸びる 「ネック」 となるラインです。

上の画像だと、黄色の水平ラインがネックラインとなり、実際の水平ライントレードでは、この「ネックライン」のブレイクでエントリーしていきます。

レートがラインでしっかり抵抗もしくはサポートを受けるということは、相場がそのラインを「底である」「天井である」ことを認めたということであり、最後の抵抗帯であるネックラインを抜けることで大きく伸びていきます。

それは”レジ・サポラインがしっかり機能して初めて引けること。”

逆にいうと、ネックラインは 「レジ・サポラインが機能しない限り引くことは出来ない」 ということです。

勝てる水平線を正しく引くためのコツ

「2回以上の反転が確認出来る価格帯に引くこと」です。

しかし、これが3度、4度と繰り返し反転が起きていると、偶然ではなく、多数のトレーダーが「節目」として認識している「信頼性の高いライン」として考えることが出来ます。

精度の高いラインを引くうえでもう一つ大事なのが、

「目立つ高値・安値に引くこと」です。

上位の時間足でも意識できる水平線を引くこと

「上位の時間足でも意識できる水平線を引くこと」です。

なぜなら1分・5分足チャートでしか意識されないラインをいくら引いても、1時間足・4時間足・日足のような「上位足ででも意識されるライン」でないと、ラインが節目として認識されないからです。

つまり、1時間足のトレーダーからすれば、先ほどの節目は気にもならないほど細かな部分なのです。

上位足でトレードしている投資家には、意識されていない(見えていない)ためラインを下抜けても上位足トレーダーから売り注文が入ってこないためです。

水平線トレードを極める!押し目・移動平均線の組み合わせで勝てるエントリーポイント

水平線がレジ・サポラインとして機能していること

水平線トレードする際は、そのラインが 「レジスタンス」「サポート」として機能したことが確認出来ることです。

別の項目でも述べたように、レートが引いたラインで支えられたり、抑えられるということは、他多数のトレーダーもそのラインを意識しているということであり、相場がそのラインを「天井である」「底である」ことを認めたということです。

なのでエントリーする際は、 「ラインがレジ・サポどちらかに機能するのを待つ」「ネックライン抜けでエントリー」 でいきましょう。

移動平均線との組み合わせで勝率の高いブレイクポイントを見極める!

水平線トレードでは 「移動平均線と価格の位置関係」がとても大事です。

平均線の向きが下向きの場合、投資家心理は下向きなので、その水平線には「売り注文」が溜ることになり、価格が水平線に近づくにつれ、投資家は売り浴びせるタイミングを見計らっていることになります。

「ブレイクした方向と移動平均線の向きが一致していること」が大事です。

移動平均線でFXで勝つ!おススメの組み合わせや勝てるエントリーポイントと期間設定 移動平均線だけでFXは勝てるのか? 為替相場で勝つためのエントリーポイントとは 移動平均線で勝つための逆行しない最重要ポイントとは? 移動平均線を正しく使いこなす秘訣は、 .

トレンドラインと併用することで水平線トレードの勝率はUPする

トレンドラインと併用することで、「トレンドラインと水平ラインでの戻し目(押し目)」「トレンドラインで出来た戻し目(押し目)からの水平ラインをブレイク」という、その方向へ向かう2つの根拠が重なることになり、より精度の高いトレードが出来るようになります。

トレンドラインの角度・引き方・使い方でFXエントリー・利益確定ポイントを導き出す トレンドラインはFXの手法に欠かせない!使い方で見えてくるチャート攻略法! トレンドラインを引いてみるだけでFXの勝率が上がる! .

【最強FXライントレード極意まとめ】勝てないなんて言わせない!勝てる引き方とコツ ライントレードとは、読んで字の如くチャートにライン(線)を引いてレートの動きを分析する方法です。 シンプルな手法ですが「全ての手法.

FX水平線トレードブレイク後のエントリー時の注意点と時間足でのラインの使い方

水平線はブレイクした後も消さずに残しておく。

一度レジスタンス及びサポートラインとして機能したラインは、その後も節目として意識され続けるため、ブレイクした後も消さずに残しましょう。

レジ・サポライン抜けがエントリータイミングではない

「レジ・サポライン抜けをエントリータイミングにしていたこと」です。

ですが、レジ・サポライン抜けだけでは、まだそのライン付近で粘る投資家もいますし、割安(割高感)から新規に注文を入れてくる投資家も出てくるため、ラインを抜けても、またレートがラインに戻ってくる「リターンムーブ」と言う巻き戻し現象に合う可能性が高いのです。

本当にレートが大きく伸びていくときと言うのは「その価格帯が天井であること・底であることが認められた時」です。

※それまでサポートラインとして機能していたラインを抜けたら次は 「レジスタンスラインとして機能が転換するのを待つ。」

※それまでレジスタンスラインとして機能していたラインを上抜けたら次は 「サポートラインとして機能が転換するのを待つ。」

下の画像をご覧ください。

このCからDへの戻しが「リターンムーブ」です。

そして一旦サポートラインへ戻されたものの、今度は黄色のラインが「レジスタンスライン」として機能を転換し、レートを押さえつけています。

その価格帯が天井であることを相場が認めてしまったら下がるしかありませんし、底であるならば上がるしかありません。

その水平線は上位の時間足トレーダーも意識しているラインか?

価格の伸びを期待するためには、そのラインを「上位足のトレーダーも意識しているラインであること」が大事です。

なので、メインにしている時間足の上位にあたる時間足もチェックして、大きな価格の変動するポイントを見つけるようにしましょう!。

FXで移動平均線の高勝率な使い方・設定・手法を公開【完全版】

鈴木拓也

鈴木拓也

移動平均線の概要

移動平均線とは、 為替相場で勝つためのエントリーポイントとは 過去一定期間の終値の平均値を線で結んだもの です。

移動平均線の概要

移動平均線の仕組み

移動平均線の仕組み

3種類の移動平均線

移動平均線には、①単純移動平均線(SMA:Simple Moving Average)、②加重移動平均線(WMA:Weighted Moving Average)、③指数平滑移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)の3種類があります。

    為替相場で勝つためのエントリーポイントとは
  • ①単純移動平均線(SMA:Simple Moving Average)
  • ②加重移動平均線(WMA:Weighted Moving Average)
  • ③指数平滑移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)

単純移動平均線(SMA:Simple Moving Average)

加重移動平均線(WMA:Weighted Moving Average)

指数平滑移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)

どの移動平均線がいいのか?

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

結論から言うと、どれが一番いいかなんて一概には言えない。「良いものには裏がある」じゃないけど、それぞれメリットもあればデメリットもあるんだ!ここでは、その違いを理解することが大切だよ!

SMAとEMAの比較

ただし、世界ではEMAを使っているトレーダーが多く、初めて移動平均線を使う場合には、 EMAから始めることをおすすめ します。

鈴木拓也

鈴木拓也

移動平均線の期間設定について

初心者

初心者

移動平均線の期間については、15、21、25、50、75、100、200などの期間がよく使われています。

よく初心者の方は、移動平均線の「設定期間はどの数値が一番いいのか?」という疑問にぶつかるかと思いますが、結論から申し上げると、 短期は15か25、中期は50か75、長期は100か200 と、短期・中期・長期の中から一つずつ選択するのであれば、どれを選んでもOKです。

  • 短期:15、21、25
  • 中期:50、75、100
  • 長期:200

移動平均線の基本的な使い方

移動平均線は、向き・角度・ローソク足との位置に注目する

  • 移動平均線の向き:トレンドを認識
  • 移動平均線の角度:トレンドの強弱を判断
  • ローソク足との位置関係:エントリーポイントを選定

トレンドの方向性の認識

まず、為替相場の動きは、上昇するか、下降するか、それとも横ばい(レンジ)かの3つしかなく、 トレーダーは上昇している時は“買い”、下落している時は“売り”、横ばいの時は“様子見”の選択肢 しかありません。

上昇トレンド下降トレンド横ばい
相場環境 FXトレンド FXトレンド FXトレンド
取引買い売り様子見

移動平均線をチャートに表示させれば一目瞭然ですが、 移動平均線が上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンド と判断することが出来ます。

移動平均線によるトレンド把握

トレンドの強弱

移動平均線の角度は、そのトレンドの強弱を表します。移動平均線の角度が急な程、トレンドが強いことを示します。

移動平均線によるトレンド強弱

エントリーポイントの判断

  • ① 為替相場で勝つためのエントリーポイントとは 上向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも上にある場合
  • ② 上向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも下にある場合
  • ③ 下向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも下にある場合
  • ④ 下向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも上にある場合
  • 為替相場で勝つためのエントリーポイントとは 為替相場で勝つためのエントリーポイントとは 横向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも上にある場合
  • ⑥ 横向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも下にある場合

そして、これらの移動平均線の向きとローソク足の位置や動きに着目をし、トレード手法として確立されたのが、次に説明する「グランビルの法則」です。

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

グランビルの法則

移動平均線を使ったトレード手法として、 グランビルの法則 という超有名な法則があります。(グランビルの法則は、米国の投資家:ジョゼフ・E・グランビル氏が考案)

  • 買いエントリーのポイントは、①、②、③、④
  • 売りエントリーのポイントは、⑤、⑥、⑦、⑧

グランビルの法則

グランビルの法則による4つの買いシグナル

① 移動平均線が下向きから横ばいか上向きに変化し、レートが上抜け

もし、 下向きの移動平均線を上抜けても 、それはトレンド転換とは判断出来ないので注意が必要です。

② 移動平均線が上向きの中、レートが下へ乖離

③ 移動平均線が上向きの中、レートが近づき反発

④ 移動平均線が下向きの中、レートが下に大きく乖離

グランビルの法則による4つの売りシグナル

グランビルの法則による売買シグナル

⑤ 移動平均線が上向きから横ばいか下向きに変化し、レートが下抜け

もし、まだ 上向きのままの移動平均線を下抜けても 、それはトレンド転換とは判断出来ないのは、買いの場合と同様です。

⑥ 移動平均線が下向きの中、レートが上へ乖離

⑦ 移動平均線が下向きの中、レートが近づき反落

⑧ 移動平均線が上向きの中、レートが上に大きく乖離

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

ゴールデンクロスとデッドクロス

「グランビルの法則」に続いて、もう一つの有名な移動平均線によるトレード判断の方法に、「ゴールデンクロスとデッドクロス」と呼ばれるものがあります。

  • ゴールデンクロス:短期が中期を上抜け
  • デッドクロス:短期が中期を下抜け

ゴールデンクロスによる買いシグナル

ゴールデンクロスとは、短期移動平均線が、中期または長期移動平均線を下から上へ突き抜けることです。

デッドクロスによる売りシグナル

デッドクロスは、先ほどのゴールデンクロスとは逆に、短期移動平均線が、中・長期移動平均線を上から下へ突き抜けることです。

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

移動平均線の実践的な使い方

鈴木拓也

鈴木拓也

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる