FXのやり方は簡単

ETFのメリット

ETFのメリット

拡大画像表示

国内株式と米国株式を機動的に運用する方法とは?

書店で一番売れているETF本の最新版 『改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい』(朝倉智也著)が、2月16日に発売。 投資先進国米国で、ほぼ毎年のように2桁成長を続けている注目の金融商品ETF(上場投資信託)。現在の純資産残高は約683兆円。 一方、日本のETFの市場規模は2021年4月末で約60兆円。しかし、日本でもETFを投資の選択肢に入れる人が着実に増えている。 特に注目度が高まっているのが海外ETFだ。(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 本連載では、長期投資やETFに興味がある人に向けて、そもそもETFとは何か、その賢い選び方・買い方、資産運用としてのETFとの付き合い方などについて、同書から一部を抜粋して公開する。

国内株式と米国株式を機動的に運用する方法とは?

Photo: Adobe Stock

「身近な日本株と米国株で運用したい」という人は、どうする?

【下図表】をご覧ください。国内上場のTOPIX連動型ETFは候補がたくさんありますが、比較すると図表の一番目「iシェアーズ・コア TOPIX ETF」(ブラックロック・ジャパン)の信託報酬が0.06%と最も低く、出来高も純資産も十分な水準です。

国内株式と米国株式を機動的に運用する方法とは?


拡大画像表示

ポートフォリオに国内株式を組み入れたい方は、この「iシェアーズ・コア TOPIX ETF」を活用していただくのがよいのではないかと思います。

国内株式と米国株式を機動的に運用する方法とは?


拡大画像表示

改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい

◎書店で一番売れているETF本の改訂新版! ◎「お金持ちになりたかったら、お金の勉強から逃げてはいけない!」 と中田敦彦氏が大激賞! ◎米国では年率2ケタの成長率で伸びている注目の金融商品。 ◎日本でも特に注目度が高まっているのが海外ETF。 ◎(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 ◎投信評価会社モーニングスターのトップが、注目の金融商品ETF(上場投資信託)の何がすごいのか、その選び方・買い方、運用法をわかりやすく解説する入門書の決定版!

【ETF分析】VYMって何?年平均リターンや配当金、構成銘柄徹底分析

ETF

  • 金融系企業に重点を置く米高配当ETF
  • 直近10年の年平均リターン13.42%
  • 直近10年の年平均配当金は3.74%
  • セクターtop3:金融(20.29%),ヘルスケア(15.45%),生活必需品(13.44%)
  • 保有銘柄top3:ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(3.23%),エクソンモービル(2.77%),JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(2.65%)
  • 経費率0.06%
  • 配当金、成長性ともに高い。
    成長の果実を受け取りながら、配当金でお小遣いも定期的に受け取れる。
    配当金再投資すればさらに資産はさらに伸びる

プロフィール

ETFのメリット
名称
カテゴリー Large Value
ファンド Vanguard
経費率 0.06%
資産総額 44.595×10億ドル
前日終値 101.70
年初来リターン -7.05%
2021年利回り 3.07%
52週レンジ 98.63-115.66
52週高値からの騰落率 -12.07%
現在の相場感 調整局面

一般的に、52週間の最高値から
10% 以上の下落:調整局面
20% 以上の下落:弱気相場といわれています。

よくHDVと比較をされますが、
VYMは成長性が若干高く
HDVは配当金が若干多い 印象です。

VYMの構成銘柄

セクター構成比

ETFのメリット
名称 パーセント 更新日付
金融20.29 2022-07-03
ヘルスケア 15.45 2022-07-03
生活必需品 13.44 2022-07-03
エネルギー 10.06 2022-07-03
資本財 9.92 2022-07-03
情報技術 8.36 2022-07-03
公共事業 7.27 2022-07-03
一般消費財 6.23 2022-07-03
コミュニケーションサービス 4.ETFのメリット 40 2022-07-03
素材 4.15 2022-07-03
不動産 0.02 2022-07-03

保有銘柄構成比

ETFのメリット ETFのメリット
ティッカー 名称 数量 金額 パーセント 更新日付
JNJ:US ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) 8.33百万 1.49十億 3.23 2022-07-03
XOM:US エクソンモービル 13.39百万 1.29十億 2.77 2022-07-03
JPM:US JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー 9.28百万 1.23十億 2.65 2022-07-03
PG:US プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) 7.60百万 1.12十億 2.43 2022-07-03
CVX:US シェブロン 6.12百万 1.07十億 2.31 2022-07-03
HD:US ホーム・デポ 3.30百万 999.56百万 2.16 2022-07-03
PFE:US ファイザー 17.65百万 935.98百万 2.02 2022-07-03
LLY:US イーライリリー 2.68百万 839.83百万 1.81 2022-07-03
BAC:US バンク・オブ・アメリカ 22.48百万836.27百万 1.80 2022-07-03
ABBV:US アッヴィ 5.58百万 822.88百万 1.78 2022-07-03
etc その他 77.04 2022-07-03

VYMの利回り

VYMの配当金は年に○○回でる。

過去10年の配当金は?

ETFのメリット ETFのメリット ETFのメリット ETFのメリット ETFのメリット ETFのメリット ETFのメリット ETFのメリット
日付 価格 配当金 利回り
2012-03-26 35.26 0.33 0.93
2012-06-25 33.99 0.37 1.09
2012-09-24 37.45 0.40 1.08
2012-12-20 37.27 0.49 1.32
2013-03-22 40.75 0.360.89
2013-06-24 41.76 0.421.00
2013-09-23 44.35 0.440.99
2013-12-20 47.10 0.531.13
2014-03-24 47.96 0.40 0.84
2014-06-23 51.73 0.48 0.92
2014-09-22 52.65 0.47 0.89
2014-12-18 54.40 0.56 1.03
2015-03-23 54.90 0.46 0.84
2015-06-26 55.02 0.56 1.02
2015-09-23 50.42 0.53 1.05
2015-12-21 53.69 0.60 1.12
2016-03-15 55.63 0.48 0.86
2016-06-21 58.47 0.58 0.99
2016-09-13 59.20 0.48 0.82
2016-12-22 64.14 0.67 1.04
2017-03-22 65.61 0.56 0.85
2017-06-23 67.05 0.60 0.89
2017-09-20 69.48 0.60 0.87
2017-12-21 74.18 0.64 0.87
2018-03-26 71.88 0.61 0.85
2018-06-22 73.74 0.63 0.85
2018-09-26 77.13 0.67 0.87
2018-12-24 65.95 0.74 1.12
2019-03-25 76.17 0.65 0.86
2019-06-17 78.10 0.62 0.80
2019-09-24 80.80 0.79 0.97
2019-12-23 86.52 0.78 0.90
2020-03-1073.99 0.55 0.75
2020-06-22 74.79 0.84 1.12
2020-09-21 76.00 0.70 0.93
2020-12-21 86.28 0.81 0.94
2021-03-22 96.04 0.66 0.68
2021-06-21 100.69 0.75 0.75
2021-09-20100.16 0.75 0.75
2021-12-20 106.55 0.94 0.88
2022-03-21 110.ETFのメリット 90 0.66 0.60
2022-06-21 100.78 0.85 0.84

ETFのメリット ETFのメリット
平均価格 配当金 利回り
2012 35.99 1.59 4.42
2013 43.49 1.75 4.02
2014 51.68 1.91 3.70
2015 53.51 2.15 4.02
2016 59.36 2.21 3.72
2017 69.08 2.40 3.47
2018 72.18 2.65 3.67
2019 80.40 2.84 3.53
2020 77.76 2.90 3.73
2021 100.86 3.10 3.07

過去10年の配当金の平均利回り(年)は 3.74% です。

このページは2022-06-30に更新しました。 VYMを過去10年間のデータを用いて毎月積立シミュレーション 積立した場合、配当金を年次ごとにいくら受け取れるかも計算 配当金を再投資した場合と受け取った場合はどれ.

国内ETFのメリット・デメリット

投資

ETFとは?

ETFとはExchange Traded Fundの略で上場投資信託のことです。簡単に言うと上場企業の株を取り扱う証券取引所で取引される投資信託のことです。

国内ETFのメリット

今回、私はMAXIS 米国株式 S&P500(2558)というS&P500に連動する国内ETFを購入しました。海外ETFであるVOO(S&P500連動)を購入せず、わざわざ国内ETFにした理由を書いていきます。

両替する必要がない

国内ETFだと海外の指数に連動した商品でも 両替の必要はなく日本円で購入することができます 。為替の影響は指数の値動きに反映されるので米ドル建てで海外ETFを保有しているのと同じです。

東証の取引時間で取引できる

しかし、国内ETFであれば東京証券取引所が開いている 平日9:00~15:00で取引ができます

二重課税されない

国内ETFですと2020年度から確定申告をしなくとも分配金の 課税率は20.315%に調整してくれる ようになりました。

信用取引を利用できる

しかし、米国インデックスに連動している国内ETFであれば 疑似的に米国株の信用取引が可能 です(指数連動商品に限る)

国内ETFのデメリット

日本時間での値動きがほぼない

米国市場が終わった後の取引になるので 日本市場の時間ではほとんど値動きがない です。

取引量が少ない

国内ETFは 米国ETFと比較して圧倒的に取引量が少ない です。

オススメ国内ETF

MAXIS 米国株式 S&P500(2558)

三菱UFJ国際投信が運用するETFです。S&P500連動型の国内ETFの中で 最も実質コストが低い商品 となっています。為替ヘッジはなしとなっています。

一応為替ヘッジありのMAXIS 米国株式 S&P500 為替ヘッジあり(2630)という商品もあります。

MAXIS ナスダック100上場投信(2631)

こちらも 三菱UFJ国際投信が運用するETFです 。こちらはS&P500ではなくNASDAQ100に連動した値動きをする商品です。為替ヘッジなし。

ハイテクセクターが構成銘柄の大部分を占めるNASDAQ100はS&P500と比べボラが大きいですが 成長性の高い企業が多い ですのでオススメです。

ETFを買いたい場合、ネット証券はどこを選べばいいのか?

書店で一番売れているETF本の最新版 『改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい』(朝倉智也著)が、2月16日に発売。 投資先進国米国で、ほぼ毎年のように2桁成長を続けている注目の金融商品ETF(上場投資信託)。現在の純資産残高は約683兆円。 一方、日本のETFの市場規模は2021年4月末で約60兆円。しかし、日本でもETFを投資の選択肢に入れる人が着実に増えている。 特に注目度が高まっているのが海外ETFだ。(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 本連載では、長期投資やETFに興味がある人に向けて、そもそもETFとは何か、その賢い選び方・買い方、資産運用としてのETFとの付き合い方などについて、同書から一部を抜粋して公開する。

ETFを買いたい場合、ネット証券はどこを選べばいいのか?

Photo: Adobe Stock

手数料と取扱銘柄で考えたら、ネット証券の2社が候補

ETFを買いたい場合、ネット証券はどこを選べばいいのか?


拡大画像表示

改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい

◎書店で一番売れているETF本の改訂新版! ◎「お金持ちになりたかったら、お金の勉強から逃げてはいけない!」 と中田敦彦氏が大激賞! ◎米国では年率2ケタの成長率で伸びている注目の金融商品。 ◎日本でも特に注目度が高まっているのが海外ETF。 ◎(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 ◎投信評価会社モーニングスターのトップが、注目の金融商品ETF(上場投資信託)の何がすごいのか、その選び方・買い方、運用法をわかりやすく解説する入門書の決定版!

国内株式と米国株式を機動的に運用する方法とは?

書店で一番売れているETF本の最新版 『改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい』(朝倉智也著)が、2月16日に発売。 投資先進国米国で、ほぼ毎年のように2桁成長を続けている注目の金融商品ETF(上場投資信託)。現在の純資産残高は約683兆円。 一方、日本のETFの市場規模は2021年4月末で約60兆円。しかし、日本でもETFを投資の選択肢に入れる人が着実に増えている。 特に注目度が高まっているのが海外ETFだ。(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 本連載では、長期投資やETFに興味がある人に向けて、そもそもETFとは何か、その賢い選び方・買い方、資産運用としてのETFとの付き合い方などについて、同書から一部を抜粋して公開する。

国内株式と米国株式を機動的に運用する方法とは?

Photo: Adobe Stock

「身近な日本株と米国株で運用したい」という人は、どうする?

【下図表】をご覧ください。国内上場のTOPIX連動型ETFは候補がたくさんありますが、比較すると図表の一番目「iシェアーズ・コア TOPIX ETF」(ブラックロック・ジャパン)の信託報酬が0.06%と最も低く、出来高も純資産も十分な水準です。

国内株式と米国株式を機動的に運用する方法とは?


拡大画像表示

ポートフォリオに国内株式を組み入れたい方は、この「iシェアーズ・コア TOPIX ETF」を活用していただくのがよいのではないかと思います。

国内株式と米国株式を機動的に運用する方法とは?


拡大画像表示

改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい

◎書店で一番売れているETF本の改訂新版! ◎「お金持ちになりたかったら、お金の勉強から逃げてはいけない!」 と中田敦彦氏が大激賞! ◎米国では年率2ケタの成長率で伸びている注目の金融商品。 ◎日本でも特に注目度が高まっているのが海外ETF。 ◎(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 ◎投信評価会社モーニングスターのトップが、注目の金融商品ETF(上場投資信託)の何がすごいのか、その選び方・買い方、運用法をわかりやすく解説する入門書の決定版!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる