バイナリーオプションのコツ

ボリンジャーバンド (BB)

ボリンジャーバンド (BB)

〇部分がスクィーズ=エントリーのタイミング

The Basics of Bollinger Bands®

Investopedia contributors come from a range of backgrounds, and over 20+ years there have been thousands of expert writers and editors who have contributed.

​Somer G. Anderson is CPA, doctor of accounting, and an accounting and finance ボリンジャーバンド (BB) ボリンジャーバンド (BB) ボリンジャーバンド (BB) professor who has been working in the accounting and finance industries for more than 20 years. Her expertise covers a wide range of accounting, corporate finance, taxes, lending, and personal finance areas.

In the 1980s, John Bollinger, a long-time technician of the markets, developed the technique of using a moving average with two trading bands above and below it. Unlike a percentage calculation from a normal moving average, Bollinger Bands® simply add and subtract ボリンジャーバンド (BB) a standard deviation calculation.

Key Takeaways

  • Bollinger Bands consist of a centerline and two price channels (bands) above and below it.
  • The centerline is typically a simple moving average; the price channels are the standard deviations of the stock being studied.ボリンジャーバンド (BB)
  • The bands will expand and contract as price action becomes volatile (expansion) or bound into a tight trading pattern (contraction).
  • When the price continually touches the upper Bollinger Band, it ボリンジャーバンド (BB) can indicate an overbought signal while continually touching the lower band, an oversold signal.

Understanding Bollinger Bands

Understanding a Bollinger Band®

Bollinger Bands® consist of a centerline and two price channels (bands) above and below it. The centerline is typically a simple moving average; the price channels are the standard deviations of the stock being studied. The bands will expand and contract as the price action of an issue becomes volatile (expansion) or becomes bound into a tight trading pattern (contraction).

A stock may trade for long ボリンジャーバンド (BB) periods in a trend, albeit with some volatility from time ボリンジャーバンド (BB) to time. To better see the trend, traders use the moving average to filter the price action. This way, traders can gather important information about how the market is trading. For example, after a sharp rise or fall in the trend, the ボリンジャーバンド (BB) market may consolidate, trading in a narrow fashion and crisscrossing above ボリンジャーバンド (BB) and below the moving average. To better monitor this behavior, traders ボリンジャーバンド (BB) use the price channels, which encompass the trading activity around the trend.

We know that markets trade erratically on a daily ボリンジャーバンド (BB) basis even though they are still trading in an uptrend ボリンジャーバンド (BB) or downtrend. Technicians use moving averages with support and resistance lines ボリンジャーバンド (BB) to anticipate the price action of a stock.

Upper resistance and lower support lines are first drawn and then extrapolated to form channels within which the trader expects prices to be contained. Some traders draw straight lines connecting either tops or bottoms ボリンジャーバンド (BB) of prices to identify the upper or lower price extremes, respectively, ボリンジャーバンド (BB) and then add parallel lines to define the channel within which the prices should move. As long as prices do not move out of this channel, the trader can be reasonably confident ボリンジャーバンド (BB) that prices are moving as expected.

When stock prices continually touch the upper Bollinger Band®, the prices are thought to be overbought; conversely, when they continually touch the lower band, prices ボリンジャーバンド (BB) are thought to be oversold, triggering a buy signal.

When using Bollinger Bands®, designate the upper and lower bands as price targets. If the price deflects off the lower band and crosses above the 20-day average (the middle line), the upper band comes ボリンジャーバンド (BB) to represent the upper price target. In a strong uptrend, prices usually fluctuate between the upper band and the 20-day moving average. When that happens, a cross below the 20-day moving average warns of a trend reversal to the downside.

Examples of Bollinger Bands®

Image

You can see in this chart of American Express (NYSE: AXP) from the start of 2008 that for the most part, the price action was touching the lower band and the ボリンジャーバンド (BB) stock price fell from the $60 level in the dead ボリンジャーバンド (BB) of winter to its March position of around $10. In a couple of instances, the price action cut through the centerline (March to May and again in July and August), but for ボリンジャーバンド (BB) many traders, this was certainly not a buy signal as the trend had not been broken.

Image

In the 2001 chart of Microsoft Corporation (Nasdaq: MSFT) (above), you can see the trend reversed ボリンジャーバンド (BB) ボリンジャーバンド (BB) to an uptrend in the early part of January, but look at how slow it was in showing the trend change. Before the price action crossed over the centerline, the stock price had moved from $20 to $24 and then on to ボリンジャーバンド (BB) between $24 and $25 before some traders would have confirmation of this trend reversal.

This is not to say that Bollinger Bands® aren't a well-regarded indicator of overbought or oversold issues, but charts like the 2001 Microsoft layout are a good ボリンジャーバンド (BB) reminder that we should start out by recognizing trends and simple moving averages before moving on to more exotic indicators.

The Bottom Line

While every strategy has its drawbacks, Bollinger Bands® have become ボリンジャーバンド (BB) one of the most useful and commonly used tools in spotlighting ボリンジャーバンド (BB) extreme short-term prices in a security. Buying when stock prices cross below the lower Bollinger Band® often helps traders take advantage of oversold conditions and profit when the stock price moves back up toward the center moving-average line.

MTFボリンジャーバンドを右だけに表示し、フィボナッチを付けたMT4/MT5インジケーター

MTFボリンジャーバンドを右だけ

友だち追加

LINE公式アカウントでインジケーターの新着リリースやバージョンアップ情報を配信中。LINEお友だち限定のインジケーターも公開中です!

マルチタイムフレームに対応!ラベルも表示

インジの機能紹介

パラメーター解説

パラメーターの解説

オリジナル・インジケーター 人気ランキング

[keys_RCI3.ex4]

[SynchroChart_Line.mq4]

[Elliott_zigzag.ex4]

[keys_ZigZag_DowT.ex4]

[keys_ma.mq4]

今、あなたにオススメ

導入しました。イメージ通り!感謝。感謝。
プロパティいじってたら、新たな発見が続々でびっくり。
書ききれないので割愛しますが、チャートが動くのが楽しみで仕方ないです。ありがとうございました。

さとし様
コメントありがとうございます。
できるだけTradingView用も作っていきたいと思います。TradingViewは便利ですよね。
これからもよろしくお願いいたします。

ボリンジャーバンドの利用方法を学ぶには「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」

15.12.10ボリンジャーバンド-min


〇部分がスクィーズ=エントリーのタイミング

「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」の欠点

「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」はテクニック論になります。

管理人は相場のテクニック論も大好きです、テクニカル好きですから。ただね、FXトレードで勝とうとすればテクニックの前に知っておくべきことがあります。そのテクニックに入る前に何をすべきかは、下記をご覧いただくとして、FX初心者がいきなり本教材を購入しても、恐らく効果が出るのは時間がかかるのではないかと。だから初心者の方はまず下記の記事で取り上げている教材等で学んでいただいたほうがよいと思います。

関連記事:FXトレードの勉強方法、やり直すなら行う3つのこと

16.9.7ボリンジャーバンド教材

基礎は身に付いてトレード技術の向上に飢えている方、そして特にボリンジャーバンドで消耗している方に「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」をオススメします。

バンドウォーク 株で勝つインジケーターと見極め方

バンドウォーク

バンドウォーク ボリンジャーバンド

<ボリンジャーバンド>

ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に株価が収まる確率 ⇒ 約68.3%
ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に株価が収まる確率 ⇒ 約95.4%
ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に株価が収まる確率 ⇒ ボリンジャーバンド (BB) 約99.7%

+3σにタッチしたら、そろそろ株価が下落するサイン
-3σにタッチしたら、そろそろ株価が上昇するサイン

バンドウォークとは

バンドウォークとはボリンジャーバンドの現象の1つと述べました。

すでに述べたように、ボリンジャーバンドは±2σ内にローソク足(株価)が収まる確率が約95.4%にも達します。±3σにいたっては、確率約99.7%。

ボリンジャーバンドは横ばいトレンドや緩やかなトレンドの時には、±3σの範囲内できれいに株価が上下してくれることが多い。

その時よく発生するのが、バンドウォークです。

もう少し専門的にいうと、バンドウォークとは価格がバンドに沿って推移していく状態を意味します。

バンドウォーク 三井松島

副管理人アイコン

バンドウォークが株の個別銘柄で起きた例

副管理人アイコン

バンドウォーク 出光興産

<株価上昇パターン1>

バンドウォーク ミクロン精密

<株価上昇パターン2:逆三尊からのバンドウォーク>

バンドウォーク イオン

<株価下落パターン>

バンドウォーク BASE

<株価長期上昇 ⇒ 下落パターン>

副管理人アイコン

バンドウォークの見極め方 ボリバンの5つの特徴

★スクイーズ(収縮)後に発生しやすい
★エクスパンション(拡大)ボリンジャーバンド (BB) と同時に発生する
★強いトレンドになりやすい
★株価の上昇・下落のどちらでも発生する
★スクイーズが始まるとバンドウォーク終了のサイン

バンドウォークはボリバンの収縮後に始まり

バンドウォーク 三井松島

★チェックポイント★
・スクイーズ後にバンドウォークになっている
・エクスパンションと同時にバンドウォークになっている
・強い上昇トレンドになっている
バンドウォークのエントリーポイントはスクイーズ終了時である

副管理人アイコン

管理人アイコン

バンドウォークはボリバンのエクスパンションと同時に始まり

スクイーズ ⇒ エクスパンション ⇒ スクイーズ ⇒ エクスパンション

なので、バンドウォークで順張り勝負する場合には、ボリバンのエクスパンションの始まり地点を見極めることがカギとなります。

バンドウォークは強いトレンドになりやすい

バンドウォーク ソフトバンクグループ

スクイーズ終了後、エクスパンションが始まると同時に、強い下落トレンドになっているのがわかります。

上昇バンドウォークと下降バンドウォークのどちらもある

スクイーズが始まるとバンドウォーク終了のサイン

バンドウォークの終了の見極め方

バンドウォーク 日本ペイント

★チェックポイント★
・バンドウォークの後、スクイーズになった時点で上昇トレンド終了
・スクイーズ後、再びバンドウォークになっている

副管理人アイコン

管理人アイコン

つまり、バンドウォークの終了の見極め方はスクイーズを見つけることにありと言えそうです。

バンドウォークにおすすめのインジケーター

バンドウォークにおすすめのインジケーターをご紹介していきましょう。

ボリンジャーバンド×MACD×ヒストグラム

※MACDの基本的な見方
★MACDがシグナルの上は上昇トレンド、下は下降トレンド
★MACDとシグナルが0ラインより上なら上昇、下なら下降

※MACDとシグナルのゴールデンクロス&デッドクロス
★MACDがシグナルを0ラインより下で上抜ける【買いサイン】
★MACDがシグナルを0ラインより上で下抜ける【売りサイン】

※ヒストグラムが0ラインをゴールデンクロス&デッドクロス
★ヒストグラムが0ラインをゴールデンクロス【買いサイン】
★ヒストグラムが0ラインをデッドクロス【売りサイン】

管理人アイコン

JT株価チャート

上のJTの株価チャートを見てわかることをまとめました。
・スクイーズ中に株価(ローソク足)が+3σにタッチしている(売りサイン)
・MACDがシグナルを0ラインより上で下抜ける(売りサイン)
・ヒストグラムが0ラインをデッドクロス(売りサイン)

【ボリンジャーバンドとMACDを組み合わせる理由】
MACDをボリンジャーバンドと組み合わせる理由は、売買シグナルを出すタイミングが早すぎないことにあります。

売買シグナルを出すタイミングが早すぎると「だまし」が多くなる傾向にあります。

副管理人アイコン

管理人アイコン

ボリンジャーバンド×RSI×MACD

・RSIはオシレーター系インジケーターの代表格の1つ
・1978年にJ・ウエルズ・ワイルダー・ジュニアが開発
・0~100の範囲で推移する
・20~30の位置に下方基準線、70~80の位置に上方基準線が引かれる
・RSIは株価に先行することがある

※RSIの基本的な見方
★30(or20)を下回れば「売られすぎ」と見る
★70(or80)を上回れば「買われすぎ」と見る

パナソニック株価チャート

★★かんたん解説★★
上のパナソニックの株価チャートを見てわかることをまとめました。
・バンドウォークが起こった後、RSIにいち早く「買いサイン」点灯
・RSIに遅れてMACDにも「買いサイン」が点灯

【RSIとMACDを組み合わせる理由】
ボリンジャーバンドにRSIとMACDのインジケーターを組み合わせる理由は、先行性指標のRSIと遅効性指標のMACDの両方を確認することで「だまし」を防ぐことにあります。

副管理人アイコン

管理人アイコン

管理人アイコン

バンドウォークを使った順張りと逆張りのやり方

ボリンジャーバンドは順張りでも逆張りでも活用できることを意味します。

バンドウォークで順張りする方法

バンドウォーク BASE2

★★かんたん解説★★
上のBASEの株価チャートを見てわかることをまとめました。
・スクイーズの後にエクスパンションが生じている
・押し目がたくさんある
・SMA(真ん中のオレンジ線)が上昇トレンドラインとして機能

このことからも、バンドウォークのトレンドが非常に強いものであれば、最初にエクスパンションになった瞬間に「買い」で入れなくても、押し目を拾って利益を稼ぐことができるのがわかります。

副管理人アイコン

バンドウォークで逆張りする方法

基本的な考え方として、バンドウォークでの逆張りにはボリンジャーバンドだけでなく、他のインジケーターやローソク足の形状、チャートパターンなどを組み合わせます。

副管理人アイコン

逆張り

★上段にはボリンジャーバンド(±2σ&±3σ)
★下段にはボリンジャーバンド%B(BB%B)

★★かんたん解説★★
上のGMO-GSの株価チャートを見てわかることをまとめました。

<左の赤丸の方について>
・バンドウォークの天井で「首吊り線」が出現 & ボリンジャーバンド%Bが買われすぎ。
⇒首吊り線は、上昇トレンドの天井で出るとトレンド転換シグナル。

<右の赤丸の方について>
・株価(ローソク足)が+3σにタッチ & ボリンジャーバンド%Bが買われすぎ。
⇒価格が+3σ内に収まる確率は99.7%。天井の可能性が高い。

・天井圏でローソク足「トンボ(十字線)」が出現。
⇒トンボ(十字線)はトレンド転換シグナル。

テクニカル分析の結果、上段に赤丸を付けた2か所は「新規空売り」のエントリーポイントと考えられる。

副管理人アイコン

管理人アイコン

バンドウォークを回避した方がいい場合とは?

しかし、中にはバンドウォークを回避した方が良い場合もあります。

副管理人アイコン

管理人アイコン

管理人アイコン

副管理人アイコン

バンドウォークの注意点

クロサキの個人的な感想ですが、ボリンジャーバンドのバンドウォークを狙った投資は、長期的なスタンスよりも、中短期スタンスの投資の方が良いと思います。

9件のコメントがあります

>バンドウォーク2.0さん
コメントをありがとうございます。
バンドウォークはたしかに奥が深いですね。スクイーズ、エクスパンション、終了時点の見極め、だましの回避など…
覚えることはたくさんありますが、覚えてしまえば利益のチャンスは格段に増すと思います。
がんばっていきましょう。

>ボリンジャーバンドっすさん
コメントをありがとうございます。
バンドウォークは始めはわかりやすいのですが、終了時点をリアルタイムで見出すのはたしかにむずかしいですね。
そのためにインジケーターを組み合わせてテクニカル分析をしていきます。

>バンドウォークハンターさん
コメントありがとうございます。
ネット上のバンドウォーク系の記事は心なしか、FXの記事が多いような気がします。当サイトはおとなの株ラウンジなので株式投資に関する情報をお伝えしていきたいと思います。
バンドウォークの使い方がわかりやすいとのご感想をありがとうございました。

この記事にコメントする

コメントをキャンセル

このブログも読むと良いかも!

ローソク足見方

ボリンジャーバンド 設定

スキャルピング 手法 コツ

よく読まれているブログ

バルチック海運指数

循環物色アナライザー

「投資コラム」の人気記事トップ3

東証プライム企業一覧とプライム落ち銘柄一覧【最新版】を大公開。 さらに随時、東証プライム企業一覧・東証プライム脱落の企業一覧(プライム落ち銘柄一覧)の最新情報を更新していきます。 ※追記:2022年1月14日、東証プライ […]

東証プライム企業一覧

ETFS天然ガス上場投資信託はなぜ安い? そんなことが言えなくなる時代が来るのかもしれません… 2022年2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻の影響を受け、コモディティ価格が軒並み上昇しています。 天然ガスも例外では […]

天然ガスETF

大引けの大量買い、出来高が急増する理由を投資診断士が解説 (最終更新日:2021/12/1、元記事:2018/10/17) 歩み値の15時を見ると、大引けに大量買いがいつも起きています。なぜでしょうか? 良いところに気づ […]

株やfxのやり方を紹介し、トレードで儲かるよう応援するブログ

ボリンジャーバンドは使うべきか、それとも単純移動平均線(SMA)を使うべきか ~FXチャートの見方教えます!~

この記事は、BB(ボリンジャーバンド)と単純移動平均線(SMA)のどちらをチャート上に表示させるべきか、の記事です。ボリンジャーバンドの特徴と長所。移動平均線の各種利用法が学べます。

<本日の記事の結論>

ボリンジャーバンドは「縦の相場」で使う補助輪!

使うべきは、移動平均線かボリンジャーバンドかは、 「どちらでも良い」。

相場で重要なのは「ローソク足」そのものが作り出す、 相場の雰囲気 なので、早くインディケーターの研究から卒業すること!

<本日の記事を読んだ後の利益>

<本編ここから>

指定した過去の値動きの日数の ローソク足の変動幅の中央値がボリンジャーバンドのミドルバンド です(通知表でいえば3ですね)

中央からどれだけ離れているかが、-3シグマ、-2シグマ、-1シグマ ミドルバンド 1シグマ、2シグマ、3シグマと「見える化したバンド(帯)です」。

経験の浅い間は凄そうに見えますが、 要は標準偏差ですので通知表と変わらない です。通知表をチャートに持ち込んだだけの代物です。

ローソク足だけチャートに表示しても儲ける事はできます。

(ローソク足だけで注文を出す事を プライスアクション と言います) ←これが腑に落ちたら中級者の卒業は近いです

答えは「どちらでも良い」です。

ボリンジャーバンドは 所詮はインディケーター です。つまり、ローソク足の動きを事後的に表示したものにすぎないのです。

ボリンジャーバンドを利用することで、相場がもみ合い期なのか、もみ合いからの放れなのか、ボラティリティーを見える化する事ができます。

ボリンジャーバンドを使っている人がよく言うのが、バンドの幅を見れば「ボラティリティ」が分かる、 スクイーズかエクスパンションか、そこを狙うんだ!という話。

ボリンジャーバンド (BB) ローソク足だけを見ても低ボラ相場か、高ボラ相場かは判断できます。 また 移動平均線でミドルバンドの代わりは務まります ので、何もボリンジャーバンドにこだわる事はないかな、と思っています。

インディケーターの中でも1番重要なものは、単純移動平均線(SMA)です!

ボリンジャーバンドもそうですが、 インディケーターは重要ではありません。 インディケーターにこだわる時期は中級者には必ずありますが、早く卒業するのが望ましいです。ありとあらゆるインディケーターを試して研究してみて、「あー、これ意味ないわ」と気づけたら上級者は近いです。

移動平均線

です。これだけは 例外的に重要 です。もしインディケーターの中でどれか1つを選べ、と言われたら私は迷いなく「移動平均線」と答えます。

移動平均線の各種利用法を説明

移動平均線は意外と奥が深く、 グランビルという目線でも見れます し、ローソク足の移動平均からの 乖離具合という見方もできます。 ローソク足そのものが 移動平均の上に存在するのか、移動平均の下に存在するのか 、という見方もできますし、

移動平均線使ってサポートさせたり、レジスタンスさせたりもできます。

ローソク足と移動平均線のみで 年間 黒字で12月31日を迎える 事は十分に可能です!!!

結論!)

ボリンジャーバンドは「縦の相場」で使う補助輪!

使うべきは、移動平均線かボリンジャーバンドかは、 「どちらでも良い」。

相場で重要なのは「ローソク足」そのものが作り出す、 相場の雰囲気 なので、早くインディケーターの研究から卒業すること!

詳しく移動平均線やBB(ボリンジャーバンド)を利用した稼ぎ方を学びたい!って人は私のメルマガにて御縁を作ってください!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる