初心者に最適なトレーディングプラットフォーム

バイナリー オプション スライド 法

バイナリー オプション スライド 法
といったルールもあります。

このパターンであれば、より資金を必要とせずに連敗からの連勝数も少なくて済みます。

バイナリーオプションでスライド法を使い必勝できる3つの大原則とは?

バイナリーオプションでスライド法を使い必勝できる3つの大原則とは?

スライド法解説2

といったルールもあります。

このパターンであれば、より資金を必要とせずに連敗からの連勝数も少なくて済みます。

スライド法で必勝できる3つの大原則

スライド法で必勝できる3つの大原則

  • 15分以上の時間足で取引する
  • 撤退する連敗数を決めておく
  • メンタル管理を徹底する

15分以上の時間足で取引する

スライド法で取引をする際は、 15分以上の時間足 でエントリーをしましょう。

バイナリーオプションでの5分以内の取引で、引き分けとなった際には「 負け 」となってしまいます。

撤退する連敗数を決めておく

事前に、 何連敗をしたら辞めるのかを ルールとして決めておきましょう。

メンタル管理を徹底する

負けるたびに気持ちを浮き沈みすることのない、 メンタル管理 が大切です。

スライド法が向いている人・向いていない人

スライド法が向いている人・向いていない人

  • スライド法に向いている人
  • スライド法に向いていない人

向いている人

  • 資金が多い人
  • 正しい金額で取引を行っている人

資金が多いとは具体的に、 負けても耐えられる資金 を持っている人のことをいいます。

取引する上で自分の連敗数や金額をしっかり定めて、それに合った適切な金額でのエントリーができる人が結果的に 勝てる人 に繋がります。

向いていない人

  • 資金が少ない人
  • 間違った金額で取引を行っている人

スライド法で注意すべき点

スライド法で注意すべき点

  • ペイアウト率が変わると計算が難しくなる
  • 少しでも熱くなりそうなら手を出せない手法
  • テクニカル分析と組み合わせるのが前提

ペイアウト率が変わると計算が難しくなる

スライド法では基本的に ペイアウト率1,8倍 をオススメします。

少しでも熱くなりそうなら手を出せない手法

スライド法をする際に、トレードの勝ち負けで 熱くなってしまう時 には向いていません。

テクニカル分析と組み合わせるのが前提

エントリーする際には、必ず テクニカル分析 をして自信をもって取引をしましょう。

MA説明

●移動平均線 バイナリー オプション スライド 法

移動平均線は基本的に短期線・中期線・長期線の3つのラインから成り立ちます。

  • ラインの向きによって現状・今後の相場の方向性を判斷できる
  • 移動平均線の ゴールデンクロス と デッドクロス

MAゴールデンクロス

◎ゴールデンクロス

短期線・中期線が長期線を上抜けたタイミング(ゴールデンクロス)で今後の上昇示唆

MAデッドクロス

◎デットクロス

短期線・中期線が長期線を下抜けたタイミング(デッドクロス)で今後の下降示唆

スライド法とは?バイナリーオプションで使ってみる

バイナリーオプション攻略手法

バイナリーオプション取引の手法はいくつかありますが、中にはギャンブルのように負け続けると損失がどんどん大きくなるものもあります。

そこで今回は、バイナリーオプションでスライド法を使った取引をご紹介します。

マーチンゲール法とは違うの?

スライド法も負けた場合の賭け金を増やしていく手法 ですが、 マーチンゲール法と決定的に違うところはリスクの大きさ です。

それに対して スライド法 は、負けた場合に次の賭け金を1.25倍(基本)にしていき、勝った場合はペイアウト率に応じた利益が得られて、1つ前の賭け金に戻ります。

スライド法とは?

スライド法の大きな特徴 として、 勝った取引の次の賭け金は1つ前の賭け金に戻 すというルールがあります。これが、負けた時の損失が大きくならない仕組みです。

取引に勝つと、次はもう少し賭け金を増やして利益を上げたいものですが、これは同時に負けた時のリスクも引き上げることになりますよね。 スライド法は、勝った時に賭け金を減らすことで負けた時のリスクを抑える手法 なのです。

具体的に、賭け金 1,000円で倍率 1.25倍、ペイアウト率 1.8倍でスライド法を使った取引をしてみましょう。

  • 1回目:1,バイナリー オプション スライド 法 000円 負 ペイアウト:0円 損益:-1,000
  • 2回目:1,250円 負 ペイアウト:0円 損益:-2,250
  • 3回目:1,563円 負 ペイアウト:0円 損益:-3,813
  • 4回目:1,953円 勝 ペイアウト:3,516円 損益:-2,250
  • 5回目:1,563円 勝 ペイアウト:2,813円 損益:-1,000
  • 6回目:1,250円 勝 ペイアウト:2,250円 損益:0
  • 7回目:1,000円 勝 ペイアウト:1,800円 損益:800

マーチンゲール法で同じ取引をすると、3回目の損益が -7,000円となり、4回目に勝つことで -600円まで取り戻すことができます。

マーチンゲール法と違い、負け続けた時の損失が小さい代わりに、その後 勝ち続けなければ損失を取り戻せないのがスライド法 です。言い方を変えると、勝ち続けて最初の賭け金に近づくほど利益が得られる手法なのです。

スライド法はどの取引時間を使うか?

スライド法を使う場合の取引時間は、15分から1時間くらいがおすすめ です。

なぜかというと、 取引で引き分けとなってしまった場合には「負け判定」となり、損失がでてしまうから です。

バイナリーオプションでスライド法を使うなら・・

ですがマーチンゲール法のように、一度の勝ちでそれまでの損失をカバーできる可能性があるわけではありません。 負け続けると、今度は利益が出るまで勝ち続けなければならない のです。

スライド法を使うときの注意点

何回負けたらおしまいにするかを決めておく

運任せでは勝ち続けるのはむずかしい

ではどうしたら良いかというと、 確実に勝てるエントリーポイントを見つけられるようになること です。

そのためには、 相場を分析する力 が必要になります。色々なテクニカル指標(ボリンジャーバンド、ストキャスティクス、トレンドラインなど)を使い、ここだ!というポイントが探せるようになると、スライド法でも勝ち続けることが可能です。

バイナリーオプションでスライド法を使うのに必要な事は?

管理人が注目経済指標を教えます! 登録不要のデモ口座でトレードできる業者 ザオプションの「期間限定」キャッシュバックキャンペーン レバレッジは最高888倍も!!

ハイローオーストラリアが人気の理由は、 「使いやすさ」 そして 「ペイアウト率の高さ」 バイナリー オプション スライド 法 、さらには 「出金の速さ」 に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。 オーストラリアの金融ライセンスを所得している と言うこともあり、 取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラス なのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に 5000円分のキャッシュバック キャンペーンを実施中!

No.2 ザオプション

ペイアウト率2.0倍にデモトレード。まずは使ってみて試す事が可能です。シンプルな海外のバイナリーオプション業者らしさをのこしながら、サポートなどの使いやすさも上位に入るか!?比較的新しい業者なのでまだまだ情報量は不足していますが注目の業者です。
☆キャンペーン情報☆ バイナリー オプション スライド 法
【pick up】

No.3 Bi-Winning

500円からの投資が可能で、デモ口座もありインジケーター付きのプラットフォームを持つバイナリーオプション業者です。1.95倍の最大ペイアウト率に同値判定は払戻し対象の短期取引で攻めやすい点は魅力! 土日も株式や仮想通貨の取引ができたりと土日休みのサラリーマンにもおすすめな魅力的な業者 になります。

No.4 THEBINARY

100円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面! 使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者 バイナリー オプション スライド 法 になります。

No.5 ファイブスターズマーケッツ

みんなが選ぶ人気おすすめランキング!

Comment

1.バイナリーオプションのスライド法ってどんな攻略法なの? | 海外バイナリーオプションおすすめランキング

New Comment

業者一覧

実戦結果TOP3

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ザオプション

ファイブスターズマーケッツ

この記事をシェア・ツイート

お役立ち情報

おすすめ
業者

「バイナリーオプションで騙されたくない!」 そう思っている方におススメ。2.2倍という高いペイアウト率に海外の業者のネックとなる 出金速度も業界で最速 と言われている安心感の高いバイナリーオプション業者です。

スライド法とは?バイナリーオプションで使ってみる

バイナリーオプション攻略手法

バイナリーオプション取引の手法はいくつかありますが、中にはギャンブルのように負け続けると損失がどんどん大きくなるものもあります。

そこで今回は、バイナリーオプションでスライド法を使った取引をご紹介します。

マーチンゲール法とは違うの?

スライド法も負けた場合の賭け金を増やしていく手法 ですが、 マーチンゲール法と決定的に違うところはリスクの大きさ です。

それに対して スライド法 は、負けた場合に次の賭け金を1.25倍(基本)にしていき、勝った場合はペイアウト率に応じた利益が得られて、1つ前の賭け金に戻ります。

スライド法とは?

スライド法の大きな特徴 として、 勝った取引の次の賭け金は1つ前の賭け金に戻 すというルールがあります。これが、負けた時の損失が大きくならない仕組みです。

取引に勝つと、次はもう少し賭け金を増やして利益を上げたいものですが、これは同時に負けた時のリスクも引き上げることになりますよね。 スライド法は、勝った時に賭け金を減らすことで負けた時のリスクを抑える手法 なのです。

具体的に、賭け金 1,000円で倍率 1.25倍、ペイアウト率 1.8倍でスライド法を使った取引をしてみましょう。

  • 1回目:1,000円 負 ペイアウト:0円 損益:-1,000
  • 2回目:1,250円 負 ペイアウト:0円 損益:-2,バイナリー オプション スライド 法 250
  • 3回目:1,563円 負 ペイアウト:0円 損益:-3,813
  • 4回目:1,953円 勝 ペイアウト:3,516円 バイナリー オプション スライド 法 損益:-2,250
  • 5回目:1,バイナリー オプション スライド 法 563円 勝 ペイアウト:2,813円 損益:-1,000
  • 6回目:1,250円 バイナリー オプション スライド 法 勝 ペイアウト:2,250円 損益:0
  • 7回目:1,000円 勝 バイナリー オプション スライド 法 ペイアウト:1,800円 損益:800

マーチンゲール法で同じ取引をすると、3回目の損益が -7,000円となり、4回目に勝つことで -600円まで取り戻すことができます。

マーチンゲール法と違い、負け続けた時の損失が小さい代わりに、その後 勝ち続けなければ損失を取り戻せないのがスライド法 です。言い方を変えると、勝ち続けて最初の賭け金に近づくほど利益が得られる手法なのです。

スライド法はどの取引時間を使うか?

スライド法を使う場合の取引時間は、15分から1時間くらいがおすすめ です。

なぜかというと、 取引で引き分けとなってしまった場合には「負け判定」となり、損失がでてしまうから です。

バイナリーオプションでスライド法を使うなら・・

ですがマーチンゲール法のように、一度の勝ちでそれまでの損失をカバーできる可能性があるわけではありません。 負け続けると、今度は利益が出るまで勝ち続けなければならない のです。

スライド法を使うときの注意点

何回負けたらおしまいにするかを決めておく

運任せでは勝ち続けるのはむずかしい

ではどうしたら良いかというと、 確実に勝てるエントリーポイントを見つけられるようになること です。

そのためには、 相場を分析する力 が必要になります。色々なテクニカル指標(ボリンジャーバンド、ストキャスティクス、トレンドラインなど)を使い、ここだ!というポイントが探せるようになると、スライド法でも勝ち続けることが可能です。

バイナリーオプションの取引手法【スライド法】を紹介!覚えて取引で活用しよう!

このように勝った際に、ひとつ前の取引で負けた金額を取り返せることから「保守的な取引」ともいわれています。
負けた時に掛け金の倍率を上げるので挑戦的に思うかもしれませんが、これが損失をカバーするポイントです。
今回の例を使うと、2回目の取引でも掛け金を1,000円にしていたら勝てたとしても利益は800円なので実質200円損していることになります。
負けた際に掛け金を少し増やすことで、次の勝利で損失を取り返そうという作戦です。

スライド法に似ているマーチンゲール法とは?

ここまでのスライド法をみて、「なんだかマーチンゲール法に似ているな」と思う方も多いのではないでしょうか?
マーチンゲール法とは、負けた際に次の掛け金を2倍にする方法です。
先ほどと同じ条件で、エントリー例をみてみましょう。

バイナリー オプション スライド 法 バイナリー オプション スライド 法
エントリー回数 勝敗 損益 次回掛け金
1 負けた -1,000円 2,000円
2 負けた -2,000円 4,000円
3 負けた -4,000円 8,000円
4 勝った +6,400円 終了

マーチンゲール法では、勝った時点で取引は終了となります。
上記の表から分かるように、1回の勝利でこれまでの損失のほとんどを取り返せすという作戦です。
どの程度の損失を取り返せるかは、ペイアウト倍率によります。

スライド法を使うメリット

バイナリー オプション スライド 法

バイナリー オプション スライド 法
エントリー回数 勝敗 スライド法 マーチンゲール法
1 負けた 1,250円 2,000円
2 負けた 1,562円 4,000円
3 負けた 1,953円 8,000円
4 勝った 1,562円 終了
5 勝った 1,250円
6 勝った 1,000円
7 勝った 終了
合計掛け金額 8,577円 14,000円

上記の表から分かるように、マーチンゲール法の方が取引終了までに膨大な資金が必要です。
資金が準備できなくなればこの方法は終了となり、損失だけが残ります。 バイナリー オプション スライド 法
スライド法を利用すれば、エントリー終了までの間に必要となる資金をそれほどたくさん準備する必要はありません。

スライド法の注意点

ペイアウト率が一定でない場合は要注意

スライド法はあくまで理論値であり、実践途中でペイアウト倍率が異なると計画が崩れてしまいます。
もしもペイアウト倍率が1.8倍以下なのに掛け金を1.25倍のままエントリーしてしまったら、トータルでの損失額が増えることに。
このように計算もややこしくなるので、掛金額を間違ってしまう可能性も出てきます。
スライド法を利用する際は、ペイアウト倍率が1.8倍以上である海外バイナリーオプション業者を選ぶことをおすすめします。

負け続けることを予想しよう

スライド法はリスクの低いエントリー方法ですが、連敗を前提としていることを忘れてはいけません。
少しずつだとしても、掛け金が高くなれば資金は必ず減っていきます。
重要なのは、自己資金と相談して引き際を決めておくことです。
「何回目までのエントリーで勝てなければ諦めよう」と自分のルールを決めておきましょう。
スライド法を使えば損失がなくなる、というわけではないことを常に意識しておくべきです。

テクニカル分析と組み合わせるのが前提

スライド法を使ったとしても、エントリー自体が適当では意味がありません。
「勝つ」ことを目標とし、少しでも勝率が上がるようにテクニカル分析を活用しましょう。
さまざまな分析方法がありますが、移動平均線はマスターしておくべきです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる