外国 為替 取引

キャッシュフロー計算書(C/F)とは

キャッシュフロー計算書(C/F)とは
コースを見る

日本システム開発株式会社<NSK>は、旅行会社の業務改善、売上アップの提案が得意なシステム会社です。 貴社に最適で無理のないご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

「キャッシュフロー計算書」とは?
企業の一会計期間における「キャッシュフローの状況(前期末の貸借対照表の現金及び預金が
当期末の貸借対照表の現金及び預金に至るまでの増減。一会計期間にどれだけのキャッシュが流入、
流出したのかを示したもの。)」をステークスホルダー(利害関係者)に報告するために作成される
財務諸表をいいます。
ただし、株式を公開していない企業はキャッシュフロー計算書を作成する義務はありません。

一般に「Cash Flow Statement、Statement of Cash Flow」(略してC/F)と呼ばれ、
営業活動によるキャッシュフロー(企業本業の営業活動から獲得した資金)、
投資活動によるキャッシュフロー(企業の将来に対する投資)、
財務活動によるキャッシュフロー(企業の資金の調達状況等)の3つがあります。

経営状況が「良い」会社のキャッシュフロー計算書は、 キャッシュフロー計算書(C/F)とは
売上高が順調に成長、利益も堅調なため営業活動を行なえば行なうほど利益を稼ぐことができます。
営業活動で稼いだ資金は、事業拡大への設備投資、新規事業等に投資をしてく傾向があるため、
営業活動によるキャッシュフローがプラス、投資活動によるキャッシュフローはマイナスの傾向となります。

経営状況が「良くない」会社のキャッシュフロー計算書は、
事業活動により利益を稼ぐことができず、事業を行なっても資金が流出するばかり、常に資金不足の状態に陥っています。資金繰りをつけるため銀行借入等により資金調達を行ないます。
営業活動によるキャッシュフローがマイナス、財務活動によるキャッシュフローがプラスの傾向とあります。

しかし、営業活動によるキャッシュフローがマイナスであっても、 その会社が成長過程にある場合には一概に悪い状況ではありません。
売上高が増加している成長過程にある会社の場合、売上高の増加に比例して売掛金が急増し、
さらにその受注に対応するための在庫も急増するため、一時的に資金繰りが悪化するのは当たり前のことです。
したがって、将来的に売上高の増加が見込まれる場合にはあらかじめ運転資本として
銀行より調達しておくのが財務的に正しい対応となります。

2017年最初のメルマガになります。
ご挨拶が遅れましたが、今年も昨年に引き続き、
本メルマガを宜しくお願い致します。

寒さが一段と厳しくなり、インフルエンザが流行する時期がやってきました。
厚生労働省のインフルエンザに関する資料では、
インフルエンザの発生状況(2017年1月2日~1月8日)が、
全国で52000人を超えたそうです。

キャッシュフロー計算書

収益と費用の認識

コースを見る

収益と費用の認識

貸借対照表

コースを見る

貸借対照表

安全性分析

コースを見る

安全性分析

損益計算書

コースを見る

損益計算書

効率性分析

コースを見る

効率性分析

成長性分析

コースを見る

成長性分析

収益性分析

コースを見る

収益性分析

KPI

コースを見る

減価償却

コースを見る

ワーキング・キャピタル

コースを見る

キャッシュフロー計算書

収益と費用の認識

コースを見る

収益と費用の認識

貸借対照表

コースを見る

貸借対照表

安全性分析

コースを見る

安全性分析

損益計算書

コースを見る

損益計算書

効率性分析

コースを見る

効率性分析

成長性分析

コースを見る

成長性分析

収益性分析

コースを見る

収益性分析

KPI

コースを見る

減価償却

コースを見る

ワーキング・キャピタル

コースを見る

キャッシュフロー計算書

収益と費用の認識

コースを見る

収益と費用の認識

貸借対照表

コースを見る

貸借対照表

安全性分析

コースを見る

安全性分析

損益計算書

コースを見る

損益計算書

効率性分析

コースを見る

効率性分析

成長性分析

コースを見る

成長性分析

収益性分析

コースを見る

収益性分析

KPI

コースを見る

減価償却

コースを見る

ワーキング・キャピタル

コースを見る

キャッシュフロー計算書

収益と費用の認識

コースを見る

収益と費用の認識

貸借対照表

コースを見る

貸借対照表

安全性分析

コースを見る

安全性分析

損益計算書

コースを見る

損益計算書

効率性分析

コースを見る

効率性分析

成長性分析

コースを見る

成長性分析

収益性分析

コースを見る

収益性分析

KPI

コースを見る

減価償却

コースを見る

ワーキング・キャピタル

コースを見る

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる