海外FXガイド

投資信託のメリット

投資信託のメリット
【自分で買う場合】

投資信託のメリットとデメリット

事前に知っておきたいメリットとデメリット。
強みと弱みをキチンと把握して、投資信託デビューに備えよう

少額から投資が始められる

株式投資などは、購入に企業の株価に合わせてある程度まとまったお金を必要とします。
たとえば、A株式会社の株は1株500円、売買単位は1,000株とします。
A株式会社の株を購入するには、最低50万円必要となります。

運用のプロ(ファンドマネージャー)が運用

分散投資でリスクを軽減できる

個人では投資しにくい国や地域、資産に投資できる

金の卵MEMO

「卵は一つのカゴに盛るな!」

これは資産運用に関することわざの1つ。
全ての卵を1つのカゴに盛っていた場合、そのカゴを落とせば全ての卵が割れてしまいますが、いくつかのカゴに分けて卵を盛っていれば、カゴの1つを落としても全ての卵を割ってしまうことは避けられる、という教え。
つまり、資産運用で大切なのは、「投資先や投資時期などを分散させること」なのです。

コストがかかる

  • ※ 費用には、「販売買付手数料」、「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」、「信託財産留保額」があります
    販売買付手数料:投資信託を購入する際に必要な手数料
    ファンドの管理費用(含む信託報酬):投資信託の運用にかかる費用
    信託財産留保額:投資信託を信託期間の途中で換金する際の証券売却にかかるコスト

元本保証がない

次に、元本保証がない。
銀行預金と比べると分かりやすいですが、銀行預金は預けた金額分は必ず引き出せます(元本保証がある)。
投資信託は、運用実績が上がらず購入時よりも値下がりした場合、購入額よりも売却額が下回る可能性があります(元本保証がない)。

投資信託のリスクと費用について

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式 組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 主な投資対象が円建て公社債 金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの 組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用 「手数料」:ファンドによって異なります。 保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用 「管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。 ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用 「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

netWIN GSテクノロジー株式ファンドの評価と口コミ

虫眼鏡枠画像 グローイング AI

『Eコマース大手のアマゾン・ドット ・コムは、 当月の本ファンドのパフォーマンスにマイナス寄与となりました。同社の株価は、月末に四半期決算を控えるなか、金利上昇を受けてコロナ禍での相場上昇をけん引してきた大型テクノロジー関連株が大きく調整するなかで、同様に軟調な値動きとなりました。弊社では、アマゾンのプライム会員向けサービスを拡充するほか、インフレ環境でも競争力を維持し、長期的な成長が期待されることから、引き続き同社を強気にみています』

↓クリックで開閉できます↓ ネットウィン 組み入れ上位10銘柄の詳細

投資信託のメリット
銘柄名 事業内容
マイクロソフトソフトウエアメーカー。ソフトウエア製品の開発、製造、ライセンス供与、販売、サポートに従事。オペレーティングシステム、サーバー・アプリケーション、法人・個人向けアプリケーションのソフトウエア 、ソフトウエア開発ツール、およびインターネット/イントラネットソフトウエアを手掛ける。テレビゲーム機、デジタル 音楽・娯楽用機器も開発する
アルファベット持株会社。子会社を通じ、ウェブベースの検索、広告、地図、ソフトウエア・アプリケーション、モバイルオペレーティングシステム、消費者コンテンツ、業務用ソリューション、eコマース、ハードウエア 製品などを提供する
Amazonオンライン小売会社。多岐にわたる製品を販売する。書籍、音楽、コンピューター、電子機器、その他多数の製品を販売。顧客別にカスタマイズされたショッピングサービス、ウェブ 上でのクレジットカード決済、 投資信託のメリット 投資信託のメリット および 顧客への直接配送を手掛ける 。世界各地でクラウドプラットフォーム・サービスも提供。
アップルパソコン、関連製品、モバイル通信機器、各種関連ソフトウエア、サービス、周辺機器、ネットワーキング・ソリューションの設計、製造、販売に従事。製品は、自社オンラインストア、直営小売店、 自社販売員、サードパーティ卸売り 、再販業者を通して販売される。
アクセンチュアコンサルティングサービス会社。経営・技術に関するコンサルティングサービスおよびソリューションを提供。世界中の各業種を対象とした特殊技術とソリューションに従事。コンサルティングや技術のほか、アウトソーシング、提携事業も展開。
ワークディエンタープライズ・クラウド・アプリケーションを手掛ける。人的資本、費用、財務管理、給与、イニシアチブ、高等教育に関するソリューションを提供。世界中の金融、ヘルスケア、製造、教育、 テクノロジー業界にサービスを提供する。
マーベル・テクノロジーデータインフラストラクチャ半導体に関する事業に従事。主にデータインフラ技術の提供に取り組む。顧客のニーズに合わせて設計された半導体ソリューションを使用し、データを移動・保存・処理・保護する。子会社であるInphi Corporationは、 通信及びクラウド市場向けのアナログとミックスドシグナル半導体ソリューションの提供に取り組む。
アドビソフトウエアメーカー。コンピューター・ソフトウエア製品および技術の開発、販売、サポートに従事する。印刷および電子媒体で情報の伝達・使用が可能な製品を手掛ける 。アプリケーションソフトウエア製品、印字用品のほか、情報作成・配信・管理用のコンテンツを提供。
パロアルトネットワークスネットワーク用セキュリティー・ソリューションのプロバイダー。アプリケーションの識別と制御、コンテンツのスキャンによる脅威の防止、データ漏えいの 防止、アプリケーション、ユーザー、コンテンツの総合的な可視化を実現するファイアウォールを提供。 世界中で事業を展開。
アメリカン・タワー不動産投資信託。主に米国内でワイヤレス通信および放送用タワーの保有、運営、開発に従事する。一般通信サービス、携帯電話を含む幅広い無線通信業向けに共用アンテナ塔をリースする 。

年初来で比較すると-22%のパフォーマンスとなっているBコースですが、ネットウィンの投資先は中長期的な成長を期待しているようです。

『私も1000近く上がると予想してたけど・・・ 投資信託のメリット 期待はずれ。。。 今夜こそ、1000上げてよね。』

『暫くは下がるのは間違いなさそうですけど たまに になるだけで救われますね まぁ、長期でみたら上がるので気にしてませんけど 定額積み立てすれば良いだけの事』

最近は将来有望な日米株を厳選する「 ワールドストックチョイス 」という銘柄選定AIも人気を集めています。


ネットウィンのデメリットは「手数料が割高」「価格変動リスクが高い」ことです。

ネットウィンの信託報酬2%は割高な水準と言えます。eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の信託報酬は0.09%なので、他の投資信託に比べて20倍近い手数料となります。

初心者でも分かるファンドラップと投資信託の違い、メリットデメリット

初心者でも分かるファンドラップと投資信託の違い、メリットデメリット

自分で買う場合

【自分で買う場合】

ファンドラップの場合


【ファンドラップを使う場合】

「自分で投資信託を選んで買う」ことと「ファンドラップを通して投資信託を買う」ことのメリットデメリット

自分で投資信託を選んで買うメリットとデメリット

投資信託のメリット
メリット
・6000本の中から好きな投資信託が選べる
デメリット
・基本的な資産運用の知識がないと、自分の運用目的にあった投資信託を選べない

日本で買える投資信託は全部で約6000本あります。
自分で選ぶという事は、その中から好きな投資信託を自由に選べます。
複数の投資信託を買う場合も、自由な割合で買うことが出来ます。

ただし、基本的な資産運用の知識がないと
「何を買って良いかわからない」
「成績の悪い投資信託を買ってしまう」
「自分の運用目的に合っていない投資信託を買ってしまう」
という事もあるので、多くの中から自由に選んで買えるということがデメリットになる方もいます。

ファンドラップを通して投資信託を買うメリットとデメリット

メリット
・投資信託選びを金融機関に丸投げできる
デメリット
・選ばれる投資信託が限定的(金融機関でパッケージ化されている)
・基本的にリスク許容度のみの判定で購入する投資信託が選ばれてしまう
・投資信託選びを丸投げするための手数料が別途かかるメリット

ファンドラップのメリットは、 投資信託選びを金融機関に丸投げできる 、自分で考えなくて済むという点です。

しかし、「自分で選ばずに金融機関が選ぶ=より効率的にお金が増やせる」 というわけではありません 。

つまり、
「自分では自分に合った投資信託がわからないから金融機関にお任せで選んでもらう方が良いものを選んでくれそう」
と思ってファンドラップに手を出すと想像に反した結果になる事が多いです。

そのため、数%の利益が出るとすぐに「売ったほうが良い」と顧客にアドバイスし、別の商品を買ってもらうという「回転売買」という頻繁に売買を繰り返す方法で『手数料』という利益を得ていました。

ファンドラップをおすすめしない2つの理由

理由1 6000本の中から顧客に合った投資信託が選ばれているわけではない

ファンドラップは、6000本の投資信託の中から皆さんにあった投資信託を選ぶわけではありません。

金融機関が数本~数十本ほどの投資信託をファンドラップ用にパッケージ化しています。

さらに、上記の例でいえば、ここで選定されているA~Dの投資信託は「同じグループ会社の投資信託のみ」の事も多いのです。

本来であれば、あなたに合った投資信託を“6000本”もの中から選んで提案することが必要です。しかし、“予め用意した数本~数十本の投資信託”の中から提案するのがファンドラップなのです。

理由2 リスク許容度のみで運用コースが判定される

ファンドラップの投資信託の選び方は、ほぼ「リスク許容度(※1)」のみで購入する投資信託を判断し、さらにパッケージ化された投資信託に画一的に当てはめられてしまいます。

※1 リスク許容度とは
リスク許容度とは、リターンがマイナスになった場合、どれくらいまでならマイナスになっても受け入れることが出来るか、という度合いの事をいいます。
つまり「どれくらいまで投資元本がマイナスとなっても生活に影響がないか、気持ち的に耐えられるか」ということになります。

その回答によって、例えば、
・全く影響のない人や精神的にマイナスに耐えられる人は「積極型」
・影響が大きく、耐えられない人は「安定型」
といった形で振り分けられます。

また、前述したように、事前に金融機関側で
「積極型になった人には投資信託はこれとこれ」
「安定型はこれとこれ」
といった形で投資信託がパッケージ化されたものを提案します。

お金を増やしたいなら投資信託は自分で選んで買おう

投資信託を自分で選んで買うこととファンドラップを通して買うことを比べた場合、私は「 投資信託のメリット 自分で選んで買う 」方をおすすめします。

そもそも投資信託を始めようと思う方は「お金を増やしたい」という点は共通していると思います。
しかし、
「何のために増やしたいのか」
「いつまでに増やしたいのか」
「どれくらい増やしたいのか」
という点は、全員違うはずです。

この点が違うということは、それに最適な手段(=投資信託)も人それぞれ変わってきます。

しかし、ファンドラップの投資信託の選び方では、これらの点は加味されないことが多く、 自分の運用目的に合った投資信託を選ぶことが出来ません

投資信託選びに不安がある方はIFAに相談しよう

自分で投資信託を選んで買うのがおすすめと話してきましたが、初心者の方の中には、
「選ぶ基準がわからない、そのための知識が無い」
「自分だけで判断するのは不安」
という方も多いと思います。

そのような方は、ファンドラップを検討する前に 「IFA」という資産運用アドバイザー に選び方を相談することをおすすめします。

IFAとは、金融機関から独立して活動する資産運用アドバイザー

IFAとは、金融機関から独立して活動する資産運用アドバイザーです。

特定の銀行・証券・保険会社の営業方針に縛られない ため、相談者のライフプランに合った金融商品や運用のアドバイスをすることが可能です。

このIFAに、
「どんな投資信託を買うべきか」
「自分の運用目的に合った投資信託はどれか」
といった事を相談することができます。

投資信託のメリット
あくまでも、IFAには相談をするというだけなので、必ず紹介された投資信託を買わなければならないわけではありません。

IFAに相談するメリットは、資産全体を増やすためには、そもそも投資信託が最適かという視点からアドバイスがもらえる点

◆メリットその1
投資に回す元本が増えるかどうかという視点ではなく、長期的に相談者の資産全体が増えるかどうかという視点からヒアリング、資産運用のアドバイスをしてくれる

◆メリットその2
①のような視点で考えるからこそ、そもそも投資信託で運用することが最適かどうかという点からアドバイスをしてくれる

IFAは「長期的に資産全体を増やすためにどうすべきか」を軸としてアドバイスをする

IFAの基本的な考え方は『 長期的に資産全体を増やすためにはどうすべきか 』です。

例えば、 投資信託のメリット
・家族構成
・毎月の収支
・お子様の進路
・住宅ローンの有無 投資信託のメリット
・勤務先の福利厚生や退職金制度
などです。

「転職して一時的に給与が下がった」
「子どもが私立の中学に行きたがっている」
「社宅で暮らしていこうと思ったけど妻が住宅購入を考え始めている」
「健康診断で病気が見つかり入院することになった」

「その時にどうすればいいのか」
「そうならないように事前にどのような対策をしておくべきなのか」
といったことまでも考えた上で商品選びや運用のアドバイスをしていくのがIFAです。

IFAは投資信託以外の商品も含めて最適な方法をアドバイスする

お金を増やすための商品は投資信託だけではありません。IFAは 投資信託以外の可能性も考えてアドバイス を行います。

詳しいヒアリングを通してお金を増やす目的を考えた時に、 投資信託以外の商品の方が最適な方 もいらっしゃいます。そんな方には投資信託以外の”最適な方法”を検討し、提案を行います。

「FPとして活動している」「相談料無料」のIFAに相談するのがオススメ

良いIFAと出会うために、「 ファイナンシャルプランナーとしても活動しているか 」を最低条件として探してみてください。

IFAの中には ファンドラップを積極的に勧めている方もおり、このようなIFAは信用できない と私は思います。

普通、IFAが資産運用のアドバイスをするためにヒアリングにかける時間は短い方でも1回の相談で1時間多くの方は1回1時間の相談を2,3回重ねます。
そこまでヒアリングしないと、本当にあった資産運用の方法は見えてこないからです。

つまり、 1人に対して時間をかけずに高い手数料報酬を得ることもできるし、経験の浅いIFAでも形式が決まっている分、プロっぽく相談を行うことが可能 ということになります。

FPの資格を保有してるかどうかではなく、 FPとして活動しているかどうか がポイントです。
現在、ほとんどの金融機関でFPの資格取得を必須としています。
前職が銀行や証券会社、保険会社勤務の場合、ほとんどの人がFPの資格を持っています。
ですから資格を持っているかではなく、実際に資格を用いて実務を行っているかということが重要です。

IFAに相談したい場合、まずはセミナーに参加してみよう

「IFAに相談してみたいな」と思った方は是非一度 IFAが主催するマネーセミナー に参加してみてください。

当たり前のことかもしれませんが、長期的なお付き合いになるので
「信頼できそうか」
「説明がわかりやすいか」
という点は大切です。

初心者向けから上級者向けまで幅広いにニーズに合わせた内容のセミナーを全国で行っております。
(以下HPに記載ありますが、セミナー内での特定の金融商品の宣伝や販売、強引な個別相談の勧誘等は一切行っておりません。安心してお気軽にご参加ください。

netWIN GSテクノロジー株式ファンドの評価と口コミ

虫眼鏡枠画像 グローイング AI

『Eコマース大手のアマゾン・ドット 投資信託のメリット ・コムは、 当月の本ファンドのパフォーマンスにマイナス寄与となりました。同社の株価は、月末に四半期決算を控えるなか、金利上昇を受けてコロナ禍での相場上昇をけん引してきた大型テクノロジー関連株が大きく調整するなかで、同様に軟調な値動きとなりました。弊社では、アマゾンのプライム会員向けサービスを拡充するほか、インフレ環境でも競争力を維持し、長期的な成長が期待されることから、引き続き同社を強気にみています』

↓クリックで開閉できます↓ ネットウィン 組み入れ上位10銘柄の詳細

銘柄名 事業内容
マイクロソフトソフトウエアメーカー。ソフトウエア製品の開発、製造、ライセンス供与、販売、サポートに従事。オペレーティングシステム、サーバー・アプリケーション、法人・個人向けアプリケーションのソフトウエア 、ソフトウエア開発ツール、およびインターネット/イントラネットソフトウエアを手掛ける。テレビゲーム機、デジタル 音楽・娯楽用機器も開発する
アルファベット持株会社。子会社を通じ、ウェブベースの検索、広告、地図、ソフトウエア・アプリケーション、モバイルオペレーティングシステム、消費者コンテンツ、業務用ソリューション、eコマース、ハードウエア 製品などを提供する
Amazonオンライン小売会社。多岐にわたる製品を販売する。書籍、音楽、コンピューター、電子機器、その他多数の製品を販売。顧客別にカスタマイズされたショッピングサービス、ウェブ 上でのクレジットカード決済、 および 顧客への直接配送を手掛ける 。世界各地でクラウドプラットフォーム・サービスも提供。
アップルパソコン、関連製品、モバイル通信機器、各種関連ソフトウエア、サービス、周辺機器、ネットワーキング・ソリューションの設計、製造、販売に従事。製品は、自社オンラインストア、直営小売店、 自社販売員、サードパーティ卸売り 、再販業者を通して販売される。
アクセンチュアコンサルティングサービス会社。経営・技術に関するコンサルティングサービスおよびソリューションを提供。世界中の各業種を対象とした特殊技術とソリューションに従事。コンサルティングや技術のほか、アウトソーシング、提携事業も展開。
ワークディエンタープライズ・クラウド・アプリケーションを手掛ける。人的資本、費用、財務管理、給与、イニシアチブ、高等教育に関するソリューションを提供。世界中の金融、ヘルスケア、製造、教育、 テクノロジー業界にサービスを提供する。
マーベル・テクノロジーデータインフラストラクチャ半導体に関する事業に従事。主にデータインフラ技術の提供に取り組む。顧客のニーズに合わせて設計された半導体ソリューションを使用し、データを移動・保存・処理・保護する。子会社であるInphi Corporationは、 通信及びクラウド市場向けのアナログとミックスドシグナル半導体ソリューションの提供に取り組む。
アドビソフトウエアメーカー。コンピューター・ソフトウエア製品および技術の開発、販売、サポートに従事する。印刷および電子媒体で情報の伝達・使用が可能な製品を手掛ける 。アプリケーションソフトウエア製品、印字用品のほか、情報作成・配信・管理用のコンテンツを提供。
パロアルトネットワークスネットワーク用セキュリティー・ソリューションのプロバイダー。アプリケーションの識別と制御、コンテンツのスキャンによる脅威の防止、データ漏えいの 防止、アプリケーション、ユーザー、コンテンツの総合的な可視化を実現するファイアウォールを提供。 世界中で事業を展開。
アメリカン・タワー不動産投資信託。主に米国内でワイヤレス通信および放送用タワーの保有、運営、開発に従事する。一般通信サービス、携帯電話を含む幅広い無線通信業向けに共用アンテナ塔をリースする 。

年初来で比較すると-22%のパフォーマンスとなっているBコースですが、ネットウィンの投資先は中長期的な成長を期待しているようです。

『私も1000近く上がると予想してたけど・・・ 期待はずれ。。。 今夜こそ、1000上げてよね。』

『暫くは下がるのは間違いなさそうですけど たまに になるだけで救われますね まぁ、長期でみたら上がるので気にしてませんけど 定額積み立てすれば良いだけの事』

最近は将来有望な日米株を厳選する「 ワールドストックチョイス 」という銘柄選定AIも人気を集めています。


ネットウィンのデメリットは「手数料が割高」「価格変動リスクが高い」ことです。

ネットウィンの信託報酬2%は割高な水準と言えます。eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の信託報酬は0.09%なので、他の投資信託に比べて20倍近い手数料となります。

初心者でも分かるファンドラップと投資信託の違い、メリットデメリット

初心者でも分かるファンドラップと投資信託の違い、メリットデメリット

自分で買う場合

【自分で買う場合】

ファンドラップの場合


【ファンドラップを使う場合】

「自分で投資信託を選んで買う」ことと「ファンドラップを通して投資信託を買う」ことのメリットデメリット

自分で投資信託を選んで買うメリットとデメリット

メリット
・6000本の中から好きな投資信託が選べる
デメリット
・基本的な資産運用の知識がないと、自分の運用目的にあった投資信託を選べない

日本で買える投資信託は全部で約6000本あります。
自分で選ぶという事は、その中から好きな投資信託を自由に選べます。
複数の投資信託を買う場合も、自由な割合で買うことが出来ます。

ただし、基本的な資産運用の知識がないと
「何を買って良いかわからない」
「成績の悪い投資信託を買ってしまう」
「自分の運用目的に合っていない投資信託を買ってしまう」
という事もあるので、多くの中から自由に選んで買えるということがデメリットになる方もいます。

ファンドラップを通して投資信託を買うメリットとデメリット

メリット
・投資信託選びを金融機関に丸投げできる
デメリット
・選ばれる投資信託が限定的(金融機関でパッケージ化されている)
・基本的にリスク許容度のみの判定で購入する投資信託が選ばれてしまう 投資信託のメリット
・投資信託選びを丸投げするための手数料が別途かかるメリット

ファンドラップのメリットは、 投資信託選びを金融機関に丸投げできる 、自分で考えなくて済むという点です。

しかし、「自分で選ばずに金融機関が選ぶ=より効率的にお金が増やせる」 というわけではありません 。

つまり、
「自分では自分に合った投資信託がわからないから金融機関にお任せで選んでもらう方が良いものを選んでくれそう」
と思ってファンドラップに手を出すと想像に反した結果になる事が多いです。

そのため、数%の利益が出るとすぐに「売ったほうが良い」と顧客にアドバイスし、別の商品を買ってもらうという「回転売買」という頻繁に売買を繰り返す方法で『手数料』という利益を得ていました。

ファンドラップをおすすめしない2つの理由

理由1 6000本の中から顧客に合った投資信託が選ばれているわけではない

ファンドラップは、6000本の投資信託の中から皆さんにあった投資信託を選ぶわけではありません。

金融機関が数本~数十本ほどの投資信託をファンドラップ用にパッケージ化しています。

さらに、上記の例でいえば、ここで選定されているA~Dの投資信託は「同じグループ会社の投資信託のみ」の事も多いのです。

本来であれば、あなたに合った投資信託を“6000本”もの中から選んで提案することが必要です。しかし、“予め用意した数本~数十本の投資信託”の中から提案するのがファンドラップなのです。

理由2 リスク許容度のみで運用コースが判定される

ファンドラップの投資信託の選び方は、ほぼ「リスク許容度(※1)」のみで購入する投資信託を判断し、さらにパッケージ化された投資信託に画一的に当てはめられてしまいます。

※1 リスク許容度とは
リスク許容度とは、リターンがマイナスになった場合、どれくらいまでならマイナスになっても受け入れることが出来るか、という度合いの事をいいます。
つまり「どれくらいまで投資元本がマイナスとなっても生活に影響がないか、気持ち的に耐えられるか」ということになります。

その回答によって、例えば、
・全く影響のない人や精神的にマイナスに耐えられる人は「積極型」
・影響が大きく、耐えられない人は「安定型」
といった形で振り分けられます。

また、前述したように、事前に金融機関側で
「積極型になった人には投資信託はこれとこれ」
「安定型はこれとこれ」
といった形で投資信託がパッケージ化されたものを提案します。

お金を増やしたいなら投資信託は自分で選んで買おう

投資信託を自分で選んで買うこととファンドラップを通して買うことを比べた場合、私は「 自分で選んで買う 」方をおすすめします。

そもそも投資信託を始めようと思う方は「お金を増やしたい」という点は共通していると思います。
しかし、
「何のために増やしたいのか」
「いつまでに増やしたいのか」
「どれくらい増やしたいのか」
という点は、全員違うはずです。

この点が違うということは、それに最適な手段(=投資信託)も人それぞれ変わってきます。

しかし、ファンドラップの投資信託の選び方では、これらの点は加味されないことが多く、 自分の運用目的に合った投資信託を選ぶことが出来ません

投資信託選びに不安がある方はIFAに相談しよう

自分で投資信託を選んで買うのがおすすめと話してきましたが、初心者の方の中には、 投資信託のメリット
「選ぶ基準がわからない、そのための知識が無い」
「自分だけで判断するのは不安」
という方も多いと思います。

そのような方は、ファンドラップを検討する前に 「IFA」という資産運用アドバイザー に選び方を相談することをおすすめします。

IFAとは、金融機関から独立して活動する資産運用アドバイザー

IFAとは、金融機関から独立して活動する資産運用アドバイザーです。

特定の銀行・証券・保険会社の営業方針に縛られない ため、相談者のライフプランに合った金融商品や運用のアドバイスをすることが可能です。

このIFAに、
「どんな投資信託を買うべきか」
「自分の運用目的に合った投資信託はどれか」
といった事を相談することができます。

あくまでも、IFAには相談をするというだけなので、必ず紹介された投資信託を買わなければならないわけではありません。

IFAに相談するメリットは、資産全体を増やすためには、そもそも投資信託が最適かという視点からアドバイスがもらえる点

◆メリットその1
投資に回す元本が増えるかどうかという視点ではなく、長期的に相談者の資産全体が増えるかどうかという視点からヒアリング、資産運用のアドバイスをしてくれる

◆メリットその2
①のような視点で考えるからこそ、そもそも投資信託で運用することが最適かどうかという点からアドバイスをしてくれる

IFAは「長期的に資産全体を増やすためにどうすべきか」を軸としてアドバイスをする

IFAの基本的な考え方は『 長期的に資産全体を増やすためにはどうすべきか 』です。

例えば、
・家族構成
・毎月の収支
・お子様の進路
・住宅ローンの有無
・勤務先の福利厚生や退職金制度
などです。

「転職して一時的に給与が下がった」
「子どもが私立の中学に行きたがっている」
「社宅で暮らしていこうと思ったけど妻が住宅購入を考え始めている」
「健康診断で病気が見つかり入院することになった」

「その時にどうすればいいのか」
「そうならないように事前にどのような対策をしておくべきなのか」
といったことまでも考えた上で商品選びや運用のアドバイスをしていくのがIFAです。

IFAは投資信託以外の商品も含めて最適な方法をアドバイスする

お金を増やすための商品は投資信託だけではありません。IFAは 投資信託以外の可能性も考えてアドバイス を行います。

詳しいヒアリングを通してお金を増やす目的を考えた時に、 投資信託以外の商品の方が最適な方 もいらっしゃいます。そんな方には投資信託以外の”最適な方法”を検討し、提案を行います。

「FPとして活動している」「相談料無料」のIFAに相談するのがオススメ

良いIFAと出会うために、「 ファイナンシャルプランナーとしても活動しているか 」を最低条件として探してみてください。

IFAの中には ファンドラップを積極的に勧めている方もおり、このようなIFAは信用できない と私は思います。

普通、IFAが資産運用のアドバイスをするためにヒアリングにかける時間は短い方でも1回の相談で1時間多くの方は1回1時間の相談を2,3回重ねます。
そこまでヒアリングしないと、本当にあった資産運用の方法は見えてこないからです。

つまり、 1人に対して時間をかけずに高い手数料報酬を得ることもできるし、経験の浅いIFAでも形式が決まっている分、プロっぽく相談を行うことが可能 ということになります。

FPの資格を保有してるかどうかではなく、 FPとして活動しているかどうか がポイントです。
現在、ほとんどの金融機関でFPの資格取得を必須としています。
前職が銀行や証券会社、保険会社勤務の場合、ほとんどの人がFPの資格を持っています。
ですから資格を持っているかではなく、実際に資格を用いて実務を行っているかということが重要です。

IFAに相談したい場合、まずはセミナーに参加してみよう

「IFAに相談してみたいな」と思った方は是非一度 IFAが主催するマネーセミナー に参加してみてください。

当たり前のことかもしれませんが、長期的なお付き合いになるので
「信頼できそうか」
「説明がわかりやすいか」
という点は大切です。

初心者向けから上級者向けまで幅広いにニーズに合わせた内容のセミナーを全国で行っております。
(以下HPに記載ありますが、セミナー内での特定の金融商品の宣伝や販売、強引な個別相談の勧誘等は一切行っておりません。安心してお気軽にご参加ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる