株取引

一目均衡表とは

一目均衡表とは
バイナリーオプション講座

「一目均衡表」で出てくる「ゴールデンクロス」・「デッドクロス」。どんな意味?

一目均衡表とは

〇日経平均株価指数(日足)、一目均衡表 出典:TradingView Inc. 「TradingView」 ※解説を目的に使用しています。 赤茶色が基準線、青色が転換線ですが、日経平均株価指数(ローソク足の部分)に沿うように動いているのが分かります。 基準線も転換線も、移動平均線のようなものですので、相場との関連としては移動平均線と同じように考えていきます。例えば「ゴールデンクロス」、「デッドクロス」の考え方です。 上のチャートでは、2020年2月ごろから日経平均株価指数は下落し始めました。この時、日経平均株価指数が基準線と転換線を上から下に交差し、抜けているのが分かります。それぞれの交差点がデッドクロスです。 逆に、コロナショックが終わり、その後、上昇局面に転換していくタイミングでは、日経平均株価指数が基準線と転換線を下から上へ交差して抜けているのが分かりますが、この交差点がゴールデンクロスです。 考え方としては、一定期間の平均価格などを表す移動平均線と同じように考えていくため、投資判断としては、デッドクロスが現れた後は売りシグナル点灯、ゴールデンクロスが現れた後は買いシグナル点灯、となります。

基準線と転換線の関係性

もう一つ、一目均衡表では、基準線と転換線の間にどのような関係があるのかを見ていく方法があります。これについては、移動平均線同士がどのように関わっているかを見るのと同じ方法です。 今度は基準線と転換線の2つだけに着目して、先ほどのチャートをもう一度見てみましょう。 先ほどと同様にコロナショックが始まった辺りを見ますと、日経平均株価指数が下げ始めたタイミングで、転換線が基準線を上から下に抜けているのが分かります(以下チャートの2020年2月部分の丸囲み)。 この時、基準線と転換線においてデッドクロスが発生しました。デッドクロスは、1つの線がもう1つの線を上から下に交差し、抜ける過程で現れますが、基準線と転換線においても適用することができます。 一目均衡表には、相場の転換シグナルとして「三役逆転」という考え方がありますが、転換線が基準線を上から下に抜けるデッドクロスが三役逆転完成の条件の1つとなっています。三役逆転については今後、改めて解説していく予定です。

バイナリーオプションで目にする一目均衡表を解説

バイナリーオプションで目にする一目均衡表を解説

バイナリーオプション講座

  • 一目均衡表について
  • 3種類の線と2つのスパン
  • 雲について

一目均衡表とは

一目均衡表とは、 「雲」 と 一目均衡表とは 一目均衡表とは 3種類の線 を組み合わせてできたテクニカル分析の1つです。

一目均衡表の3種類の線について

一目均衡表の3種類の線は、「 基準線 」「 転換線 」「 遅行線 」の3つになります。

一目均衡表の基準線

一目均衡表の基準線は、 過去の26日間で高値と安値がどのように変化していったのかを表す線 のことです。

一目均衡表の転換線

一目均衡表の遅行線

遅行線は、 現在の価格を26日前の線と合わせて、そのまま表示している線 のことを言います。

一目均衡表の雲について

雲とは、 先行スパン1と先行スパン2の間から生まれる領域 のことを指します。

雲は別名で「 抵抗帯 」と呼ばれており、ローソク足とぶつかると上や下に抜けることが難しくなってしまいます。

雲と現在価格の位置

  • パターン1:今の価格が雲よりも上であれば上昇トレンド
  • パターン2:今の価格が雲よりも下であれば下降トレンド

雲とってローソク足は抵抗線

これらの抵抗線によって、雲の近くで値動きが反転することがあり、雲を抜けることで「 ロールリバーサル 」が起きます。

ロールリバーサルとは、トレーダーの心理から引き起こされる現象で、「 上値抵抗線が下値抵抗線 」もしくは「 下値支持線が上値抵抗線 」に変化することです。

ローソク足にぶつかる日がわかりやすい

一目均衡表からわかる3種類の売買サイン

  • 転換線が基準線の下から上へと抜ける
  • 遅行線がローソク足を上に抜ける
  • ローソク足が雲の上に抜ける
  • 転換線が基準線の上から下へ抜ける
  • 遅行線がローソク足の下に抜ける
  • ローソク足が雲の下に抜ける

買いサインは「 好転 」、売りサインは「 逆転 」という呼び方があります。

また大事なサインが3つ揃った状態を「 三役好転 」「 三役逆転 」と呼びます。これらは、多くの投資家から信頼できる相場転換のサインとして支持されています。

バイナリーオプションで使われている移動平均線の解説講座

この記事でわかること 移動平均線とは 移動平均線を使い分けること 移動平均線の種類 バイナリーオプションは、FXと同じように為替レートを使って投資をするため、どうしてもFXの専門用語を覚える必要があります.

バイナリーオプションのメンタル管理は大事

この記事でわかること メンタル管理とは メンタル管理の重要性 メンタルを崩さないための管理の仕方 いきなりですが、バイナリーオプションをやっていく中でメンタル管理が、しっかりできているでしょうか? 予想.

バイナリーオプションで勝てない理由と勝ち方を解説

バイナリーオプションを始めて間もない時、勝つことが難しく感じてしまう方がいるかもしれません。 でもバイナリーオプションをせっかく始めたのですから、できれば勝ってみたい気持ちが湧いてきますよね。 そんな人向けにバイナリーオプションで勝てな.

ローソク足その4:組み合わせるだけできる相場予測【切り込み線・かぶせ線編】

この記事でわかること 切り込み線とは何なのか かぶせ線とは何なのか かぶせ線の上抜きについて バイナリーオプションでは、相場の流れやデータ分析を見ていくためにローソク足は欠かせません。 今回は複数のロー.

バイナリーオプションでも使われる手法の順張りについて徹底解説してみた

この記事でわかること 順張りとは 順張りするタイミングについて 押し目買いや戻り売りについて バイナリーオプションの投資の手法として、「順張り」と「逆張り」の2つがあります。 今回は投資の手法の1つであ.

どっちがおすすめ?ハイローオーストラリアとザオプションを比較してみた

この記事でわかること 両業者について 両業者の比較について どんな人におすすめなのか 海外バイナリーオプション業者で始めようと、考えてる人で色々と比較をすると思います。 海外業者の中で有名な【ハイローオ.

【一目均衡表の使い方を徹底解説】5本のラインの見方を完全マスター!

img src=

LINE

送る

そもそも一目均衡表とは

一目均衡表とはボリンジャーバンドや移動平均線と同様、 トレンド系のテクニカル指標 である。一目均衡表という名前を見ただけでほかのインディケーターは横文字かカタカナなのにこれだけ漢字なので何だか堅く難しそうなイメージを抱くかもしれない。

この一目均衡表は昭和11年(1936年)都新聞の商況部長として活躍した 細田悟一(ほそだごいち) が考えたものである。元々これは、株式相場分析のために考え出されたインディケーターであった。

実は、この「一目」という言葉には深い意味があって、 相場は「売り手」と「買い手」の『均衡(パワーバランス)』が崩れた方向へ動く。 従って均衡が崩れた方向(トレンドが発生した方向)が一旦できると、相場の行方が『”一目”瞭然』(いちもくりょうぜん)になる、という考え方で一目均衡表は作られている。この一目均衡表という名前は、「相場の方向が一目でわかる”一目均衡表は、”一目山人”が考え出した」という二重の意味になっている。

それが株式相場ばかりでなくFXでも非常に有効な指標として使えるということで、このように有名になった。他のテクニカル指標と違うのは、価格の動きよりも 時間の概念を重視し、相場は買い方と売り方の均衡が崩れた方向に動く という考えが基本にあることだ。

実際、海外のチャートでも「Ichimoku」の名前で知られている。あなたも、メタトレーダーのインジケーター一覧の中に「Ichimoku」とデフォルトで設定されている。一目均衡表は、ローソク足による時間論から、波動論までを網羅する非常に幅の広い分析手法で、原著は4冊にも渡る大作となっている。使い方や理論は多岐に渡るので、今回は最も基本的なことのみの説明をする。

一目均衡表の5つの線と雲の基本的な見方

一目均衡表の基準線

一目均衡表は、「転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン」の5つの線から成り立っている。

このうち、基準線はトレンドの方向を示す線で、つまり基準線が向いている方向はトレンドの方向であり、非常に重要なものとなっている。また、先行スパン1と先行スパン2に挟まれてできた部分は「雲」と呼ばれ抵抗 帯の役割を果たすものである。

一目均衡表の

この先行スパン1と2に挟まれてできた「雲」の部分は、 サポート・レジスタンス帯として機能 する。雲が厚くなっている部分は強いサポートやレジスタンスとなり、相場が反転しづらいため、押し目買いや戻り売りを狙うことが可能となる。しかし、雲が薄くなっている部分は突然抜け、トレンドの勢いが強くなりやすい傾向がある。つまり、雲のあるなしだけでなく、その厚さもトレンドに影響する。

言い換えれば、上昇トレンド時に、価格の下にある雲が厚い場合、雲に支えられ反発しやすく、買いのタイミングになり、逆に下落トレンド時には、書価格が上にある雲にぶつかって下落することが多く、売りのタイミングとなる。また、ローソク足が雲の中から雲の外へ抜けた場合は、相場の勢いが強く、トレンドが加速しやすい傾向にある。

一目均衡表の基準線と転換線の見方

転換線が基準線を下から上に抜いたときは「好転」と呼び、買いの判断となり、転換線が基準線を上から下に抜いたときは逆転」と呼び、売りの判断となる。基準線、転換線の好転・逆転は、まさに移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスと同一である。

遅行スパン

一目均衡表が表示されたチャートを見ると、現在の価格より少し手前までで止まっている線が遅行スパンである。遅行スパンは、 その日の終値を26日前にずらすことで、現在の価格と26日前の価格を比較する という考えのものだ。遅行スパンが現在の価格を下から上に抜いたときは、上昇サインと判断し、遅行スパンが現在の価格を上から下に抜いたときは、下落サインとなる。

バイナリーオプションで目にする一目均衡表を解説

バイナリーオプションで目にする一目均衡表を解説

バイナリーオプション講座

  • 一目均衡表について
  • 3種類の線と2つのスパン
  • 雲について

一目均衡表とは

一目均衡表とは、 「雲」 と 3種類の線 を組み合わせてできたテクニカル分析の1つです。

一目均衡表の3種類の線について

一目均衡表の3種類の線は、「 基準線 」「 転換線 」「 遅行線 」の3つになります。

一目均衡表の基準線

一目均衡表の基準線は、 過去の26日間で高値と安値がどのように変化していったのかを表す線 のことです。

一目均衡表の転換線

一目均衡表の遅行線

遅行線は、 現在の価格を26日前の線と合わせて、そのまま表示している線 のことを言います。

一目均衡表の雲について

雲とは、 先行スパン1と先行スパン2の間から生まれる領域 のことを指します。

雲は別名で「 抵抗帯 」と呼ばれており、ローソク足とぶつかると上や下に抜けることが難しくなってしまいます。

雲と現在価格の位置

  • パターン1:今の価格が雲よりも上であれば上昇トレンド
  • パターン2:今の価格が雲よりも下であれば下降トレンド

雲とってローソク足は抵抗線

これらの抵抗線によって、雲の近くで値動きが反転することがあり、雲を抜けることで「 ロールリバーサル 」が起きます。

ロールリバーサルとは、トレーダーの心理から引き起こされる現象で、「 上値抵抗線が下値抵抗線 」もしくは「 下値支持線が上値抵抗線 」に変化することです。

ローソク足にぶつかる日がわかりやすい

一目均衡表からわかる3種類の売買サイン

  • 転換線が基準線の下から上へと抜ける
  • 遅行線がローソク足を上に抜ける
  • ローソク足が雲の上に抜ける
  • 転換線が基準線の上から下へ抜ける
  • 遅行線がローソク足の下に抜ける
  • ローソク足が雲の下に抜ける

買いサインは「 好転 」、売りサインは「 逆転 」という呼び方があります。

また大事なサインが3つ揃った状態を「 三役好転 」「 三役逆転 」と呼びます。これらは、多くの投資家から信頼できる相場転換のサインとして支持されています。

バイナリーオプションで使われている移動平均線の解説講座

この記事でわかること 移動平均線とは 移動平均線を使い分けること 移動平均線の種類 バイナリーオプションは、FXと同じように為替レートを使って投資をするため、どうしてもFXの専門用語を覚える必要があります.

バイナリーオプションのメンタル管理は大事

この記事でわかること メンタル管理とは メンタル管理の重要性 メンタルを崩さないための管理の仕方 いきなりですが、バイナリーオプションをやっていく中でメンタル管理が、しっかりできているでしょうか? 予想.

バイナリーオプションで勝てない理由と勝ち方を解説

バイナリーオプションを始めて間もない時、勝つことが難しく感じてしまう方がいるかもしれません。 でもバイナリーオプションをせっかく始めたのですから、できれば勝ってみたい気持ちが湧いてきますよね。 そんな人向けにバイナリーオプションで勝てな.

ローソク足その4:組み合わせるだけできる相場予測【切り込み線・かぶせ線編】

この記事でわかること 切り込み線とは何なのか かぶせ線とは何なのか かぶせ線の上抜きについて バイナリーオプションでは、相場の流れやデータ分析を見ていくためにローソク足は欠かせません。 今回は複数のロー.

バイナリーオプションでも使われる手法の順張りについて徹底解説してみた

この記事でわかること 順張りとは 順張りするタイミングについて 押し目買いや戻り売りについて バイナリーオプションの投資の手法として、「順張り」と「逆張り」の2つがあります。 今回は投資の手法の1つであ.

どっちがおすすめ?ハイローオーストラリアとザオプションを比較してみた

この記事でわかること 両業者について 両業者の比較について どんな人におすすめなのか 海外バイナリーオプション業者で始めようと、考えてる人で色々と比較をすると思います。 海外業者の中で有名な【ハイローオ.

一目均衡表は世界が認めた日本発の分析手法。
いつ、いくらで取引すればいいかがわかる!?

「一目均衡表(いちもくきんこうひょう)」 は、都新聞(現在の東京新聞)の記者で株式評論家だった細田悟一氏が考案した、日本を代表するテクニカル指標です。「新東転換線」という名前で発表されましたが、のちに細田氏が評論活動で「一目山人(いちもくさんじん)」というペンネームを使っていたことから、「一目均衡表」として世に知られるようになりました。今では「Ichimoku Kinko Hyo」として、海外の投資家にも愛用されています。

一目均衡表の例

一般的なテクニカル指標と違う大きな特徴は、一目均衡表は相場における「時間」をもっとも大切にしているという点です。価格は需給やニュースなどのたくさんの材料で動きますが、価格が変われば材料の影響力も変わってきますし、材料がどのぐらいの値幅を形成するかを予測することは困難です。

でも、時間は1分なら1分、1日なら1日で絶対に変わりません。一目均衡表はそこに重点を置いて、いつ、いくらになれば売ったり買ったりすればいいかを、明確に教えてくれるものとして考案されたと伝わっています。

一目均衡表を構成する5つの要素

一目均衡表は、ローソク足のチャート上に「転換線」「基準線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」の5つの線を描写して、それぞれの関係や価格との位置から相場を分析するのが、もっともオーソドックスな手法です。

【一目均衡表の構成する5つの要素】

一目均衡表のチャート

一目均衡表を構成する要素の中で、重要度が高いと言われているのが基準線です。当日を含めた過去26日間の値幅の中間値で、その名のとおり、相場そのものの基準値と位置づけられます。

もっとも単純な使い方に、価格との位置関係を見る方法があります。価格が基準線の上で推移していれば今の相場は強く、価格が基準線の下で推移していれば今の相場は弱いと捉えます。

一目均衡表・基準線の見方

転換線と基準線の位置関係

転換線が基準線を上回って推移していれば強い相場、転換線が基準線を下回って推移していれば弱い相場と捉えます。転換線が基準線を下から上に突き抜けることを「好転」、上から下に突き抜けることを「逆転」と呼んで、好転や逆転が発生したポイントを売買シグナルに用いる方法が知られています。転換線が基準線を下から上に抜けたら買う、上から下に抜けたら売るというやり方です。

一目均衡表・転換線と基準線の見方

雲の厚みや価格との位置関係

先行スパン1と先行スパン2の価格差を視覚的にわかりやすく表した雲の部分も、相場の状況を判断する材料になります。先行スパン同士の位置関係は、過去の価格の動きに応じて上下が入れ替わります。基本的には、相場が上昇トレンドのときは「先行スパン1>先行スパン2」、相場が下降トレンドのときは「先行スパン1<先行スパン2」となりますが、この位置関係はあまり重視されません。大事なのは、価格との位置関係や雲の厚みです。

一目均衡表・先行スパンの見方

※先行スパン1と先行スパン2のみを表示
※チャートの右側部分を省略しているため、当日を含む26日先までの雲の推移は表示せず
(出所:サクソバンク証券)

基本は、価格が雲の上で推移していれば強い相場、雲の下で推移していれば弱い相場と捉えます。

また、雲の厚みは抵抗の強さを表していて、雲が厚ければ厚いほど、価格が雲の中を通り抜けにくく、サポートやレジスタンスとして機能することが多いと考えられています。先行スパン1と先行スパン2が交わって、雲の厚みがなくなっているポイントは「ねじれ」と呼びます。

そして、価格が雲を下から上へ抜けた「好転」、上から下へ抜けた「逆転」は、雲が厚いほど相場に強いパワーがあった証となり、有効な売買シグナルとして活用できます。雲は価格に対してだけではなく、遅行スパンに対してもサポートやレジスタンスの役割を果たすと言われています。

遅行スパン

遅行スパンの算出に使われる26という期間は、一目均衡表の時間論で用いられる「基本数値」という概念の中に含まれる数の1つです。基準線の算出期間も26ですし、転換線の9も基本数値の1つです。先行スパン2の算出に適用される52は、26の倍数です。一目均衡表の多くが、基本数値をベースに考えられています。そして、一目山人は遅行スパンを、非常に重要な線と位置づけています。

一目均衡表・遅行スパンの見方

基本的には、遅行スパンがローソク足の上で推移していれば相場が強く、ローソク足の下で推移していれば相場が弱いと捉えます。遅行スパンがローソク足を下から上に突き抜けたら「好転」で買い、上から下に突き抜けたら「逆転」で売りと、売買シグナルとしても活用されます。

三役好転・三役逆転

一目均衡表には、「転換線と基準線の位置関係」、「雲と価格の位置関係」、「遅行スパンと価格の位置関係」のそれぞれに、好転と逆転の売買シグナルが存在します。個別の好転と逆転も、売買シグナルとして機能しますが、すべてが好転していて相場が非常に強い状態の「三役好転」、すべてが逆転していて相場が非常に弱い状態の「三役逆転」を、特に有効性の高いサインとしてトレードに用います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる