取引プラットフォーム

オルタナティブ投資運用業務

オルタナティブ投資運用業務

2018年10月16日(火)開催 HC資産運用セミナーvol.130『オルタナティブとは何か』セミナーレポート

オルタナティブとは代替的な方法による資金調達手段
銀行から融資を受けることによって、または、株式の公募によって資金調達を行うことができれば問題はない。しかし、上記の方法での資金調達が不可能なときや、より効率的な資金調達手段が必要となったときの代替的な方法としてオルタナティブが存在する。
「オルタナティブ」が米国で言われ始めたのは25年程度前のことである。英米の資本市場では、40年ほど前にレーガンやサッチャーによる資本市場改革が始まった。20年以上かけて銀行が縮小し、その後、2007年の危機的状況に向かって劇的に変化していった。今日の米国では、銀行融資よりも、オルタナティブな資金調達手段である社債の市場の方が大きく、もはやオルタナティブという言葉は意味を持っていない。 オルタナティブ投資運用業務
日本では、資本市場改革は、計画こそされたが、実行はされなかった。1998年の日本長期信用銀行・日本債券信用銀行の経営破たん時に英米同様の改革が計画されていたが、当時は資本市場改革よりも銀行機能の復興が優先課題におかれ、後にこの資本市場改革はアベノミクスの中核として打ち出されることとなった。資本市場改革が進むと、伝統的な資金調達手段に対するオルタナティブな資金融資需要は大々的に増加し、社債から劣後債、優先株、実物資産売却などが主体となり、ある時点から資本市場改革は劇的に進行することになっている。

・ヘッジファンド
ヘッジファンドは、意図的にとるリスクをひとつだけ定義し、その他の付随するリスクをすべてヘッジする戦略である。通常の資産運用においては、意図的にとるリスクに付随する、その他のリスクが適切にコントロールされていることが要求されている。コントロールということは、一定程度は取るけれども、顧客と約束した範囲内で適切にとるということが要求されているということであるが、これは極めて難しい。ヘッジファンドはそれらのリスクを、コントロールではなく、完全にヘッジアウトするということを言っている、資産運用の中では最も水準が高い投資戦略である。完全にヘッジアウトできる運用者は、どの水準にでもコントロールできる。逆に、正確にコントロールできる運用者は、ゼロにもできる。コントロールできない運用者には、ゼロにはできない。ゼロにする技術は難しく、本当のヘッジファンドは少数しか存在しない。
ヘッジファンドは流動性を供給する機能を有する。例えば、伝統的なヘッジファンド戦略にマネッジドフューチャーズがあるが、これは商品先物を扱う戦略である。生産してから売るためには、まず先に生産コストが発生してしまうため、生産コスト割れの恐れがある。そこで、もし先に売ってしまってから生産を始めることができれば、自らの生産能力に応じて利益をコントロールすることができるはずである。先に売るためには、先に買ってもらう必要があり、この買い手こそがマネッジドフューチャーズである。今日の貿易為替が低廉なコストで取引できるのは、巨額な資金がマネッジドフューチャーズに投機されているからである。


■セミナーで実施したアンケートの集計結果

Q1. 「オルタナティブ」については、資金調達手段の多様化や資金調達の構造変化、昨今の市場環境にともない、ますます重要な投資対象になると思われますが、どのように管理するのが適切とお考えでしょうか。一番近いと思われるものを、一つだけ、お選びください。

1. オルタナティブという曖昧な分類は避け、伝統的資産の枠組みで管理すべき。
2. 伝統的資産では管理しきれないので、「オルタナティブ」を一つの資産として管理することは必要。
3. 「オルタナティブ」の組み入れ比率が一定程度以下であれば「オルタナティブ」として分離管理する方がよい。
4. 「オルタナティブ」という分類には意味が無いとは思うが、実務上の手間や都合を考慮すると、この分類は必要。
5. 今後益々種類は増え、重要性も増すので、「オルタナティブ」という分類は廃止すべき。
6. その他

Q2. 投資対象としてプライベート物を考える場合、市場(パブリック)物との比較において、どのようにお考えでしょうか。一番近いと思われるものを、一つだけ、お選びください。

1. 詳細を理解するのが難しく、かつ流動性の制約も大きいので、消極的にならざるをえない。
2. プライベート物は確かに魅力的だが、社内の規則や慣習の問題で、黒字化まで数年間も待ち続けることはできない。
3. 金融危機の際に、プライベート物は影響が少ないので、一定程度のプライベート物への投資は必要。
4. 過度な時価評価の弊害を避けられるので、積極的に投資する。
5. 相対の交渉を通じた価値の創出が可能なので、投資対象として魅力がある。
6. その他

Q3. ベンチャーキャピタルは、全く新しいスタートアップの企業や創業間もない企業に投資しますが、そこでは、合理的な事業キャッシュフローの推計は困難であるはずです。さて、ベンチャーキャピタルは、責任ある投資家にとって、適格な投資対象であり得るのでしょうか。一番近いと思われるものを、一つだけ、お選びください。


1. 事業キャッシュフローの推計は難しくても、事業モデルの妥当性や合理性は評価し得るのだから、適格な投資である。
2. 案件ごとに、投資の適格性を議論することはできない。複数投資することで、統計的な制御が成り立つ限りでのみ、適格な投資である。
3. 様々な経営支援活動(ハンズオン)によって、積極的にリスク管理できるという条件の下でのみ、適格な投資である。
4. 創業直後の投資は、適格性を欠く。事業キャッシュフローが読める段階に達した企業に、投資は限定すべきである。
5. その他

【オルタナティブ投資プラットフォーム LUCA】エンジェルラウンドにて累計資金調達額約2.2億円に

「オルタナティブ投資をもっと身近に、効率的に」を目指し、世界水準のオルタナティブ投資ファンドへのアクセスと投資を可能にするデジタルプラットフォームの構築を進めるLUCAジャパン株式会社(https://luca.inc)は、この度エンジェルラウンドを実施しました。個人投資家ならびにベンチャーキャピタルから新株予約権における資金調達を行い、創業以来の資金調達累計額は2億1850万円*となりました。
尚、エクステンションラウンドを7月上旬に追加クローズする見通しであり、それをもってエンジェルラウンドを完了する予定です。

  • 株式会社セゾン・ベンチャーズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:足利 駿二)
  • FINOLAB1号投資事業有限責任組合(株式会社FINOLAB、本社:東京都千代田区、代表取締役:伊藤 千恵)
  • LaunchPad Fund 投資事業有限責任組合(LaunchPad Fund株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:川村 達也)
  • 個人投資家7名

【投資家様のコメント】
株式会社セゾン・ベンチャーズ:
取締役 浦田文秀様
「投資ポートフォリオの分散目的にオルタナティブ投資は有用ですが、それなりの資産規模が求められるため、ヘッジファンドや機関投資家だけがリーチできる市場でした。 LUCAはこの領域を解決し、日本のトップ富裕層へも開放されていくと考えますし、 当社ビジネスとの事業シナジーも大きく期待しております。」

株式会社FINOLAB:
代表取締役 伊藤千恵様
「これまでは一部の富裕層だけが可能とされてきた「オルタナティブ投資」。長期的資産形成においてグローバルで注目されています。これをテクノロジーのチカラで、もっと幅広い日本の投資家にもアクセスできるようにする、という理念はFinTechの本質であり、強く共感しました。複雑な投資プロセスを効率化するためには様々な課題があると思いますが、FINOLABのコミュニティを活用し、近くでサポートできることが楽しみです。」

LaunchPad Fund株式会社:
Headline Asia パートナー 岡本彰彦様
「LUCAは今までマニュアルで行われていた複雑なオルタナティブ投資をデジタルプラットフォーム上でワンストップで実現していきます。より高い透明性と迅速かつ多様な投資機会を幅広い投資家の方々にご提供することで健全な資産形成の促進を可能にするものと確信しています。『オルタナティブ投資をもっと身近に』というミッションの下に集結した専門性の高いチームのチャレンジに期待しています。」

【LUCAジャパン株式会社】
2021年7月設立。「オルタナティブ投資をもっと身近に」を掲げ、従来機関投資家にアクセスが限定されていた優良な運用会社の手掛けるプライベート・エクイティ、ベンチャーキャピタル、不動産・インフラ、プライベート・クレジットファンド等のオルタナティブ・ファンドをより幅広い投資家に提供するため、ファンド比較、投資実行、レポーティング管理などを行うデジタルプラットフォーム事業を運営。Xen Technologies, Inc(本社:シンガポール)との戦略的パートナー合意のもと、日本向けプラットフォーム開発およびファンドソーシングを展開中。

オルタナティブ投資プラットフォーム「SAMURAI FUND」より、特別レポート「分散投資・積立投資でライフイベントに備える方法」を公開

個人投資家の皆様にさまざまな投資機会を提供するオルタナティブ投資プラットフォーム「SAMURAI FUND」を運営するSAMURAI 証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山口 慶一)より、特別レポート「分散投資・積立投資でライフイベントに備える方法」を公開いたしました。
(詳細:https://www.samurai-fund.jp/material/focus/focus08.pdf)

■特別レポート「分散投資・積立投資でライフイベントに備える方法」について オルタナティブ投資運用業務
人生における結婚や住宅購入、老後資金などのライフイベントには大きなお金がかかります。
ライフイベントに必要な資金は安全に貯蓄で準備したいところですが、日本の金融機関は低金利なので貯蓄で用意するのは難しいかもしれません。
今回の特別レポートでは、ライフイベントの資金を準備する方法を紹介します。ライフイベントの資金準備のために、何か良い投資方法はないか探している方に役立つ内容です。


■オルタナティブ投資プラットフォーム「SAMURAI FUND」について
「SAMURAI FUND」は、個人の投資家の皆様が、安全に、そして安心して、企業への投資と、ご自身に最適な資産形成をしていただけるオルタナティブ投資プラットフォームです。クラウドファンディングの仕組みによって、誰でも少額から簡単に投資を始めることができ、高度な専門知識を持っていなくても、収益を狙うことができる、資産形成のためのサービスです。


■SAMURAI証券について
社名:SAMURAI証券株式会社
所在地:東京都港区赤坂二丁目17番46号 グローヴ4階
代表者:代表取締役社長 山口 慶一
登録番号:第一種・第二種金融商品取引業 オルタナティブ投資運用業務 関東財務局長(金商)第36号
加入協会・基金:日本証券業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本投資者保護基金
資本金:240,090,016円(2022年2月)
設立年月:2002年2月
URL:https://samurai-sc.jp/

====================================================
※お取引にあたって、諸費用等をご負担いただく場合がございます。 オルタナティブ投資運用業務
※商品等には価格や為替等の変動により損失が生じるおそれがございます。
詳しくは契約締結前交付書面をお読みください。
※投資の最終判断はお客様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。

※新型コロナウイルスへの対応に伴い、電話でのお問い合わせを停止させていただいております。
各種お問い合わせにつきましては上記「お問い合わせフォーム」をご利用いただきますようお願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『SAMURAI オルタナティブ投資運用業務 FUND』は、SAMURAI証券株式会社が提供しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

不動産ファンド向け「オルタナティブデータ」として「不動産投資運用のための人流データ分析サービス」を国内で初めて開始

photo by freepik 「不動産および不動産投資の株価グラフ」のイメージを編集
1.共同開発の背景
スマートフォンの位置情報データの分析により得られる「人流データ」は、コロナ禍における都市や施設の人出の変化をいち早く把握する方法として利用されるようになりましたが、この「実世界の人の動きの見える化」が可能な「人流データ」の活用は幅広い分野で広がっています。
不動産ファンドの事業においても投資対象となるホテル、商業施設、オフィスビルなどの対象物件周辺環境の人流を把握することは対象物件の利用度合いや将来の利用を予測する方法として有効であり、物件の不動産価値を測る基礎的なデータとなります。
この「人流データ」を投資判断のために利用することは「オルタナティブデータ」としてREIT(不動産投資信託)をはじめ、株式投資、ファンド運営などの金融・投資の事業分野で活発化しており、オルタナティブデータの利用が先行する米国では2,000億円以上の市場へ急成長しています。

2.共同開発の内容
クロスロケーションズ社の開発した「位置情報ビッグデータ解析エンジン」” Location Engine™️”と分析・視覚化プラットフォームであるLAPは、100メートル単位での大雑把な範囲ではなく、個別物件単位(ビルや施設単位)での「人流データ」を推計・把握できることから、不動産投資運用において有用となる投資先物件単位での人流を把握することが可能となっています。
今回の共同開発は、当社の持っている不動産ファンド業界における知見や不動産業界向けサービスのノウハウとクロスロケーションズ社のシステム、技術を組み合わせることによって、不動産ファンドのニーズに合致したデータの分析サービスを提供するものです。本サービスは本年4月より当社経由で日本の不動産ファンドをメインターゲットとしたセールス活動を開始し、物件取得検討時のデューデリジェンス、保有物件でのモニタリング等での利用を想定し、2022年度で年間50物件の利用を目標としています。

注)REIT(リート)とは、「Real Estate Investment Trust」の頭文字をとった略称で、「不動産投資信託」のことを指します。REITは、投資家から集めた資金をもとに、オフィスビルや商業施設、マンションなど不動産を購入・運用し、そこから得られる賃貸料収入や不動産の譲渡益を投資家へ分配します。

◆オルタナティブデータについて
オルタナティブデータとは、銀行、金融サービス、保険(BFSI)業界や投資家が投資判断のために必要なインサイトを得る為に使用されている非伝統的なデータであり、また、経済統計や財務情報などの伝統的データ以外の情報源から生成されるデータの総称を言います。
◆人流データについて
人流データとは、特定の場所、時間に滞在している人の動きや流れ(流動人口)を把握できるデータを指します。
特定場所に滞在している推計人数、性別、年齢、そして、どの場所(推定居住地)から来訪しているかを把握することで商圏分析、出店計画、観光、金融、不動産投資、交通、防災等、様々な分野の課題解決に活用されています。また、人流データの元になるデータは、スマートフォンアプリから取得したGPS、Wi-Fi、基地局などの位置情報を秘匿化・統計加工した位置情報です。

【当社について】
当社では、不動産関連事業におけるデジタルトランスフォーメーションを支援する不動産DX事業を行っており、IoT機器やAI技術を活用した無人シェアオフィス・コワーキングスペース運営システムの開発、テナントと管理会社の各種やり取りをオンライン化するオフィス物件WEBサイトの制作、不動産投資運用・管理業務の効率化を支援するRPA導入コンサルティングサービスを行っています。今回、不動産投資運用への位置情報ビッグデータの活用支援として、クロスロケーションズ社と共同して本サービスを開始致します。
[画像6: https://prtimes.jp/i/93846/5/resize/d93846-5-c9bad9a0b6704a6330cb-5.png ]

社名:株式会社アクティブリテック
URL:https://active-rt.com
代表者:前田 拓海
本社所在地:東京都新宿区西新宿6-20-7 3912号
事業内容:WEBシステム・アプリケーションの開発、3D CGパースの制作、不動産向けAR・VRコンテンツの制作、プロジェクションマッピング、経営・ITコンサルティングなど

社名:クロスロケーションズ株式会社
URL:https://www.x-locations.com/
代表者:代表取締役 小尾 一介
所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-2-9 小林ビル6F
事業内容:位置情報ビッグデータ解析エンジン「LocationEngine™」の開発と、ビジネス活用クラウド型プラットフォーム「Location AI Platform(R)」の開発・提供

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社アクティブリテック 不動産DX事業部 担当:小林 オルタナティブ投資運用業務 オルタナティブ投資運用業務
TEL:050-3740-3354
e-mail:[email protected]

【オルタナティブ投資プラットフォーム LUCA】エンジェルラウンドにて累計資金調達額約2.2億円に

「オルタナティブ投資をもっと身近に、効率的に」を目指し、世界水準のオルタナティブ投資ファンドへのアクセスと投資を可能にするデジタルプラットフォームの構築を進めるLUCAジャパン株式会社(https://luca.inc)は、この度エンジェルラウンドを実施しました。個人投資家ならびにベンチャーキャピタルから新株予約権における資金調達を行い、創業以来の資金調達累計額は2億1850万円*となりました。
尚、エクステンションラウンドを7月上旬に追加クローズする見通しであり、それをもってエンジェルラウンドを完了する予定です。

  • 株式会社セゾン・ベンチャーズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:足利 駿二)
  • FINOLAB1号投資事業有限責任組合(株式会社FINOLAB、本社:東京都千代田区、代表取締役:伊藤 千恵)
  • LaunchPad Fund 投資事業有限責任組合(LaunchPad Fund株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:川村 達也)
  • 個人投資家7名

【投資家様のコメント】
株式会社セゾン・ベンチャーズ:
取締役 浦田文秀様
「投資ポートフォリオの分散目的にオルタナティブ投資は有用ですが、それなりの資産規模が求められるため、ヘッジファンドや機関投資家だけがリーチできる市場でした。 LUCAはこの領域を解決し、日本のトップ富裕層へも開放されていくと考えますし、 オルタナティブ投資運用業務 当社ビジネスとの事業シナジーも大きく期待しております。」

株式会社FINOLAB:
代表取締役 伊藤千恵様
「これまでは一部の富裕層だけが可能とされてきた「オルタナティブ投資」。長期的資産形成においてグローバルで注目されています。これをテクノロジーのチカラで、もっと幅広い日本の投資家にもアクセスできるようにする、という理念はFinTechの本質であり、強く共感しました。複雑な投資プロセスを効率化するためには様々な課題があると思いますが、FINOLABのコミュニティを活用し、近くでサポートできることが楽しみです。」

LaunchPad Fund株式会社:
Headline Asia パートナー 岡本彰彦様
「LUCAは今までマニュアルで行われていた複雑なオルタナティブ投資をデジタルプラットフォーム上でワンストップで実現していきます。より高い透明性と迅速かつ多様な投資機会を幅広い投資家の方々にご提供することで健全な資産形成の促進を可能にするものと確信しています。『オルタナティブ投資をもっと身近に』というミッションの下に集結した専門性の高いチームのチャレンジに期待しています。」

【LUCAジャパン株式会社】
2021年7月設立。「オルタナティブ投資をもっと身近に」を掲げ、従来機関投資家にアクセスが限定されていた優良な運用会社の手掛けるプライベート・エクイティ、ベンチャーキャピタル、不動産・インフラ、プライベート・クレジットファンド等のオルタナティブ・ファンドをより幅広い投資家に提供するため、ファンド比較、投資実行、レポーティング管理などを行うデジタルプラットフォーム事業を運営。Xen Technologies, Inc(本社:シンガポール)との戦略的パートナー合意のもと、日本向けプラットフォーム開発およびファンドソーシングを展開中。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる