タダで投資

デジタル資産とは

デジタル資産とは
そもそも、なぜ家事は大変なのでしょうか?「掃除・洗濯・料理」といった家事をよく見てみると、「洋服をクリーニングに出す」「観葉植物の水やり」「日用品のストックを買っておく」といった名前のつけられない無数の細かな家事によって構成されていることが分かります。こういった家事を1つひとつこなしていくのは骨が折れる作業です。

デジタル資産を安全・確実に継承!個人向けデジタル終活支援サービス「Digital Keeper」6/30提供開始~元バンカーがデジタル終活サポート業界のパイオニアを目指す~

Digital Keeper(https://digitalkeeper.jp/)は、病気・事故・災害などまさかの事態に備えて、個人や企業経営者の大切なデジタル資産を、家族や従業員に安全かつ確実に引き継ぐためのデジタル終活支援サービスです。
かつて、デジタルキーパー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:冨田 デジタル資産とは 志信、以下:デジタルキーパー社)が2019年9月に創業・運営していたサービス(以下:旧サービス)をデジタル金庫が事業承継しました。

元バンカーの強みを活かし、個人や企業への円滑な承継を支援する新たなサービスへ
主に個人向けにオンラインでアプローチしていた旧サービスは、運営開始後ほどなくして、日本経済新聞(2019年12月10日付)に注目のスタートアップ企業として取り上げられた実績があります。

士業・金融機関・家電量販店等との協働で、5期以内に個人会員数2万人を目指す
会員数は、個人向けサービスで初年度に2,000名、5期以内に20,000名を目指します。
具体的施策として、各種PR活動はもちろん、協働可能な士業や金融機関(信託銀行、保険会社、カード会社等)、家電量販店、パソコン教室、終活関連事業者(葬儀社等)と積極的に連携し、BtoBtoCマーケティングを展開予定です。

デジタル終活はブルーオーシャン市場 ~オフラインサービスの充実で他社との差別化を図る~
急速なデジタル化社会への移行とパソコンやスマートフォンのセキュリティの高度化により、デジタル機器の所有者に不測の事態が生じても、家族でさえ内部情報に触れることができない「デジタル遺品問題」が多発しています。継承情報がなくては、遺族はデジタル資産の存在すら分からず消滅リスクもあります。
これらの問題について、2020年1月28日に国会でも取り上げられた(Digital Keeper公式ブログ記事 https://keepmealive.jp/parliament-answer-jan28/)ものの、まだ具体的な法制化やルール作りが追いついていないのが現状です。

【サービスの特徴と使い方】https://digitalkeeper.jp/service/
病気・事故・災害などユーザーに不測の事態が生じた場合には、家族などあらかじめ指定したデジタル資産継承者に対し、パソコンやスマートフォンのログイン情報とメッセージ(ユーザーの遺志)を安全に継承することができます。

登録後は、定期的にお届けするメルマガ「お元気ですかメール」の閲覧状況からユーザーの安否を確認します。万が一、生存確認ができなくなった場合には、一定の再確認プロセスを経てあらかじめ指定されているデジタル資産継承者にメール通知します。
Digital Keeperは、大切な機密情報をそのまま預かるのではなく、ユーザーとDigital Keeperの双方に分散して保管する「多要素分散保管(R)」※3という独自のセキュリティ対策を構築することで、ユーザーの利便性を妨げることなく、高い安全性を実現しています。

中国の「デジタル人民元」とはどんな通貨?発行の狙いと特徴や仕組みも分かりやすく解説

黒川ヤスヒト

・現金やスマホ決済、暗号資産との違い
デジタル人民元と現金との大きな違いは、紙幣という実物があるかどうか。法定通貨であるという点では、どちらも同じです。スマホ決済は、デジタル化されているという点ではデジタル人民元と同じです。しかしスマホ決済では、発行主体が民間企業で、法定通貨ではないことが違いとなります。中国ではAlipay(アリペイ)や WeChat Pay(ウィーチャットペイ)などが扱っています。

ビットコインなどの暗号資産も、デジタル化されているという点ではデジタル人民元と同じです。しかし暗号資産は、多数の参加者が発行する形となっていて法定通貨ではありません。また暗号資産は裏付けとなる資産がないため値動きが激しく、価値が不安定です。一方の デジタル人民元は、実物の人民元に価値が紐付けられています 。このように比較していくと中央銀行デジタル通貨(CBDC)がどのようなものか、理解が進むでしょう。

中国がデジタル人民元を発行する狙い

中国がデジタル人民元を発行する狙い

・ステーブルコイン「Libra(リブラ)」の存在
中国がデジタル人民元の発行を急ぐ背景の1つに、 Facebook(現在の社名は「メタ」)による暗号資産の発行計画 があります。SNS大手のFacebookは、2019年に暗号資産「Libra(リブラ)」の発行計画を発表しました。Libraはステーブルコインという形の暗号資産。ドルや円、ユーロ、ポンドといった法定通貨のバスケットを担保として発行されます。価値が法定通貨と連動し、安定しているのが特徴です。発行されれば世界中で決済手段として利用が広がると考えられていました。

・シャドーバンキングなどの監視強化
また、デジタル人民元の導入には 国内経済の監視・統制をより強化 する目的もあります。これまで中国の経済においては「理財商品」と呼ばれる高利回りの金融商品を扱う「シャドーバンキング」の存在が問題視されてきました。海外への資金流出にも利用されているようですが、金融当局が実態をつかむことができず経済の不安定化要因となっています。デジタル人民元の導入を急ぐ理由には、こうした資金の動きを把握するという狙いもあります。

・米中の覇権争い
米国との覇権争い を繰り広げている中国。世界経済においては、米ドルが基軸通貨となっていますが、デジタル人民元には、この状況に対抗する狙いがあると言われています。米国では、SWIFT(スイフト)やCHIPS(チップス)といったシステムにより、米ドルを使った決済を監視しています。中国の国営企業も、こうしたシステムの監視下にあるのです。国内だけでなく、世界各国との貿易などでデジタル人民元の利用を広めることで、状況を変えたいと考えているのです。

デジタル人民元の今後の動向

デジタル人民元の今後の動向

・世界各国の中央銀行が警戒
2021年10月に、米国でG7財務相・中央銀行総裁会議が開催されました。中央銀行デジタル通貨(CBDC)もテーマの1つとなっていて、プライバシーや金融包摂など13の共通原則をまとめています。「透明性」や「法の支配」を重視すべきという原則も強調され、デジタル人民元を強く意識した内容となっています。 デジタル人民元は2022年の北京五輪に合わせて発行する可能性 が指摘されていて、警戒を強める動きがつづきそうです。

・中国国内での普及手段
中国国内ではすでに、Alipay(アリペイ)や WeChat Pay(ウィーチャットペイ)といったスマホ決済が広く利用されています。こうした中、 デジタル人民元をどのように普及させていくのかが注目 されます。既存のスマホ決済では、割引などさまざまなキャンペーンで特典を受けられることから、デジタル人民元においても、普及へ向けた特典やサービスの提供があるかもしれません。具体的には実証実験で行われたような無料配布や、国際送金での優遇などが予想されています。

デジタル人民元は国際通貨になるのか

デジタル人民元は国際通貨になるのか

・他国での普及や国際間決済での利用
デジタル人民元を発行するもう1つの狙いは、人民元の国際的な地位を高めることです。デジタル人民元は他国での普及や国際的な決済で利用されることを目指しています。実際、デジタル人民元はいち早く導入されることで利便性も高いと見られています。しかし国際化に向けては、いくつかの壁があるようです。

多くの国では、自国の通貨を発行しています。 デジタル人民元のような他国の通貨が流入し、自国の通貨を超えたシェアで利用されるようなことに対しては、警戒感を持つ でしょう。自国の経済が、他国の政策によってコントロールされてしまうからです。中国の影響力が強い東南アジアやアフリカでも、スマホなどのインフラが整備しつつあるので、デジタル人民元を採用するよりも、独自のデジタル通貨の導入を目指すようになるでしょう。

また国際間の決済においては、すでにSWIFT(スイフト、国際銀行間通信協会)というシステムが存在します。クラウドサービスを利用し、デジタル化も実現しています。SWIFTの通貨別シェアは、米ドル(39%)・ユーロ(36%)・英ポンド(7%)・日本円(3%)・人民元(2%)。通貨の選択においては、その国の政治体制や規制の状況が考慮されます。 デジタル人民元の登場で、急速にその国際的な利用が進むかは未知数 です。

デジタル人民元が日本に与える影響

デジタル人民元が日本に与える影響

もう1つは中央銀行デジタル通貨(CBCD)に関する、技術開発の問題。現在、 各国の中央銀行では、デジタル通貨の研究競争 が行われています。デジタル人民元のいち早い導入は、国際的な競争を加速させるものになりそうです。例として、日本銀行の取り組みを見てみましょう。現在、デジタル通貨の実証実験を3段階に分けて実施している状況です。

金融のデジタル化が進み、世界各国が中央銀行デジタル通貨の導入を検討し始めています。そうした中いち早く「デジタル人民元」の開発と導入を進める中国。国際経済における地位が、今後どのようになっていくのかが注目されます。中国経済への投資を検討しているのであれば、楽天証券の口座がおすすめです。中国株の取り扱い銘柄が多く、特定口座・NISA口座も利用できます。日本円で購入でき、売却代金も日本円で受け取れるので、中国株式への投資を手軽に始めることができます。

このテーマに関する気になるポイント!

証券会社でリテール営業を経験し、AFP資格を取得。
現在ライターとして、パーソナルファイナンスに関する情報の発信を手がけています。 関心分野は、ライフプランに関する意識調査や最新の金融商品・サービスなど。

家族との時間は大切な「わたし資産」。デジタルを活用した家族との向き合い方を考える

img_20220705_1.jpg

そもそも、なぜ家事は大変なのでしょうか?「掃除・洗濯・料理」といった家事をよく見てみると、「洋服をクリーニングに出す」「観葉植物の水やり」「日用品のストックを買っておく」といった名前のつけられない無数の細かな家事によって構成されていることが分かります。こういった家事を1つひとつこなしていくのは骨が折れる作業です。

1. 便利家電を活用して家事をDX化

2.家事共有アプリで円満な家事分担を

3. さまざまなサブスクでQOLをアップ

増やした時間で何をする? 効率的なお金の管理で家族との豊かな時間を
img_20220705_2.jpg

1. さまざまな決済手段での支払いをリアルタイムで管理

2.シェア機能でプライベートと共有部分を両立

3. 目的預金で家族が一緒の夢や目標に向かうことができる

企業プロフィール

プロフィール パートナーロゴ画像

キキ&ララと学ぶ〜UI未来Base辞典vol.2「UI未来Base」とは〜

キキ&ララと学ぶ〜UI未来Base辞典vol.2「UI未来Base」とは〜

PCデポ×UI銀行対談「デジタルの便利さと人とのつながり。デジタルで得られる『わたし資産』の価値とは?」【後編】

PCデポ×UI銀行対談「デジタルの便利さと人とのつながり。デジタルで得られる『わたし資産』の価値とは?」【後編】

PCデポ×UI銀行対談「デジタルへの理解を深めて、もっとつながる私たちの世界」【前編】

PCデポ×UI銀行対談「デジタルへの理解を深めて、もっとつながる私たちの世界」【前編】

失敗するほど「わたし資産」が増える? 未来の働き方を妄想してみた

失敗するほど「わたし資産」が増える? 未来の働き方を妄想してみた

健康という資産を守り、活かす方法とは? 未来のヘルスケアを妄想してみた

健康という資産を守り、活かす方法とは? 未来のヘルスケアを妄想してみた

近くて深い、新しい体験の場が開かれる。「マイクロツーリズム」が変える「旅」

近くて深い、新しい体験の場が開かれる。「マイクロツーリズム」が変える「旅」

<UI未来Base に関するご留意事項>
・本メディアは、連携パートナーとの取り組み等の情報提供を⽬的とするものであり、掲載の商品・サービス等の誘引が⽬的ではありません。また、掲載内容は、作成時点における連携パートナーにおける意⾒・⾒解が含まれるもので、個社・個別の商品・サービス等を推奨・保証するものでは ありません。
・情報の正確性、完全性、信頼性、適切性等に加え、配信時点で当該商品・サービス等が存在すること、お客さまの購⼊・利⽤の可能性、掲載企業(⼈)の内容に関し、UI銀⾏は⼀切保証するものでありません。
・投資勧誘や特定銘柄の推奨を⽬的とするものではありません。掲載情報に基づき⾏ったお客さまの⾏為および結果等について、UI銀⾏は⼀切の責任を負いません。
・掲載画像はイメージであり、実物の商品やサービスなどと異なる場合があります。 デジタル資産とは
・連携先の商品・サービスに関するお問い合わせは、UI銀⾏ではお受けできません。直接商品・サ ービスの取扱業者にお問い合わせください。

デジタル資産取引プラットフォームINXがデジタル証券プラットフォームのオープンファイナンス・セキュリティーズの買収契約を締結

デジタル資産取引プラットフォームINXがデジタル証券プラットフォームのオープンファイナンス・セキュリティーズの買収契約を締結

編集部のコメント

関連するキーワード

デジタル資産取引プラットフォームINXがデジタル証券プラットフォームのオープンファイナンス・セキュリティーズの買収契約を締結

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

BMW、フォード、ホンダ、デンソーらのMOBIが自動車業界標準規格「Vehicle Identity(VID)II」発表

コインベースがブロックチェーンインフラ開発企業バイソン・トレイルズを買収

合わせて読みたい記事

YGG Japan、約3.8億円資金調達

ブロックチェーンゲームギルド「Yield Guild Games (YGG)」の日本法人「YGG Japan」が、インキュベーションラウンドで2.8百万米ドル(約3.8億円)の資金調達を完了したことが7月5日分かった。

【取材】国内の信託銀行、暗号資産カストディ業務可能に、内閣府令改正へ

シンガポール、暗号資産規制強化を検討か

【7/4話題】中央アフリカがサンゴコイン発行へ、3ACがNYで破産申請適応へ(音声ニュース)

中央アフリカ共和国、ビットコイン裏付けの暗号資産「サンゴコイン」発行へ、スリーアローズ、NYで連邦破産法第15条適応を申請、DMM Bitcoin、金連動のジパングコイン(ZPG)取扱開始へ、FTX JP、取引自動化できる「クオンツゾーン」提供、コイントレード、PLT・IOST・ADA・DOTのステーキング提供開始へ、NFTがレンタル可能に、イーサリアムのトークン規格「ERC-4907」承認、米メタ、デジタルウォレット「Novi」サービス終了へ、ブラジルeスポーツチーム「MIBR」、「Socios. com」でファントークン発行へ、最大1,000万円資金援助も、DJTとgumiが学生向けweb3起業支援制度を発表、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、「FiNANCiE」で第2回ファンディング

『デジタル・ファシズム(日本の資産と主権が消える)』

新潟市医師会

コロナ禍でリモート授業が当たり前になった教育におけるデジタル化の問題が「教育が狙われる」として最後に述べられている。人間は対面で触れ合って共感を育む脳機能がオンになる。対面授業がなくなって生徒や学生の多様性に対する理解が乏しくなり、教育はもはや一方通行の情報に過ぎなくなっている。パンデミックのために世界各地でオンライン教育が実施されているが、YouTubeで動画を見ているのと何が違うのかという不満があちこちで聞かれる。そんな中で、政府文科省が力を入れる「GIGAスクール構想」が急ピッチで進んでいる。GIGAはGlobal and Innovational Gateway for Allの略で、1人1台の端末とICT環境の整備で、子供一人一人に適したより深い学びが実現できるという。「GIGAスクール構想」はプラットフォームを提供し、生徒達の膨大な個人データを収集するGAFAのドル箱で、ベネッセなどの国内教育産業も絡み、個人情報保護ルールが緩められているという。また、冒頭で触れたWeb会議ツールのZoomは講義や講演会で用いるのには便利で利用価値があるが、各国政府や米国のNASAは他国への機密情報の流出を警戒して、関係者会議では用いない。ところが、嘘か誠か、日本政府は情報管理に気をつけて使用するよう各省庁に通知したという。等々、Ⅱ、Ⅲ章では刺激的で気が遠くなるような問題点が列挙されている。本稿では簡単な解説に留めたので、実際に本書に当たることをお勧めしたい。

著者 堤 美果
出版 NHK出版新書 2021年8月
定価 968円

新潟市医師会事務局 〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
TEL : 025-240-4131 FAX : 025-240-6760 e-mail : [email protected]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる