介護で役立つ本 介護のお悩み

在宅医療のメリットとデメリットは?

2021年7月3日

在宅医療のイメージ画像

在宅医療を利用することで、医療や看護が必要な状態でも、自宅などの住み慣れた場所で療養生活を贈ることが出来ます。

 

先日、在宅医療のメリットとデメリットについてとても参考になる本を読んだので、簡単にまとめます。

 

在宅医療とは?

在宅医療とは、医療や看護が必要な状態でも、通院をせずに自宅などの住み慣れた場所で療養生活を贈ることが出来る方法です。

 

 

在宅医療のメリットデメリット

メリット

病院と比べると、とにかく自由なのが在宅医療の最大のメリットです。ぞして、終末期でも病院とほぼ変わらない医療が可能です。

 

  • 住み慣れた環境で、いつも通りの自分らしい生活がおくれる
  • 会いたい人にいつでも会える
  • テレビや音楽を好きな時に楽しめる
  • 起床時間や就寝時間も自由
  • 好きな物を食べることが出来る
  • 精神的に安定する

 

デメリット

患者さんがご家族と同居している場合は、日常の食事やケアを家族が担う必要があります。

これをデメリットとるのはご家族次第ですが。

 

必要になる日常のケア

  • 服薬の確認
  • 食事の用意
  • 食事の介助
  • 口腔ケア
  • 下の世話
  • 入浴の介助

 

これらのデメリットを補うべくしてあるのが、訪問介護などの在宅ケアサービス。上手に利用することで家族の負担を大幅に減らす事が出来ます。

 

そこで、在宅ケアサービスについて簡単に説明します。

 

在宅ケアサービスとは

在宅ケアサービスとは、主に介護保険によって提供されるサービスです。

訪問介護、訪問看護、訪問入浴、デイサービス、ショートステイなど、さまざまなサービスがあります。

要介護・要支援の認定があれば、だれでも受けることが出来ます。

 

在宅ケアを利用開始するタイミング

在宅ケアは、何らかのちょっとした手助けが必要になったときがベストなタイミング。

 

こんな時がタイミング

  • 最近、薬の管理が一人でできなくなってきた
  • トイレに行くとき少し大変そう
  • 食事をうまく食べることが出来くなった

 

お一人で身の回りのことをやることが少しでも難しくなってきたら、一度早めに地域包括支援センターに相談しましょう。

地域包括支援センターとは

 

 

まとめ

在宅医療のイメージ画像

在宅医療のメリットとデメリットをまとめました。

 

メリットは、とにかく自由なこと。

デメリットは、ご家族が同居の場合、(ご家族が)日常のケアを担う必要がある。

 

在宅医療を受けたい!そう思ったら、まずはかかりつけ医に相談してみましょう。その医療機関で在宅医療を行っていれば、そのまま対応してもらえるかもしれません。

もしくは地域包括支援センターに相談してみましょう。

 

介護の相談イメージ画像
地域包括支援センターとは、簡単にいうと高齢者の無料よろず相談所

続きを見る

 

 

参考文献

今回参考にした書籍は→『「在宅死」という選択』です。

800名以上の看取りに立ち会ってきた在宅医療専門医、中村 明澄氏が明かす後悔しない「自分らしい死の迎え方」 。

 

自分の終末期をどう過ごそうか考えている人、また、病院ではなく自宅で看取りたいと思っているご家族の方におすすめの本です。

 

在宅医の選び方、介護士との連携、緩和ケア、死後の始末など「在宅死」にまつわる悩みや疑問にQ&A式で回答。終活を考え始めた方だけでなく、要介護者を抱える方などに役立つ内容が盛り込まれています。

 

 

 

-介護で役立つ本, 介護のお悩み
-,

Copyright© フリーランスで働く介護士のブログ , 2021 All Rights Reserved.